2016年06月28日

祝島島民の会、県知事・県庁申し入れ

IMG_20160628_135514.jpg20160628135800.jpg
現在、県庁交渉中。
県庁広場で。
posted by 村のトイレ屋 at 14:34| 山口 ☔| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江島氏は原発推進を明言。

20160628103724.jpg


争点が明確な、わかりやすい選挙になった。

こうけつ厚さん  憲法改悪に反対。平和の外交努力で戦争をしない国にする。
江島氏      憲法改悪をすすめ、とくに9条を変え国防軍にして戦争する国にする。

そして、2つの大きな山口県の地域課題について

こうけつ厚さん  岩国の基地強化反対。
         上関原発は必要ない。
江島氏      岩国の基地は、強化する。
         原発は新規建設が必要で、上関原発は計画通りすすめる。


政治家が本当のことを言わない、つまりごまかし嘘をつくというのは、残念なことだが日本の常識である。山口県に住んでみるとそのことはよく分かる。上関原発の公有水面埋め立て問題、もう7回も回答を求めて、埋め立て禁止の決定を出せないでいる。そのときの村岡県知事の説明は、「許可していいか、禁止していいか、中電の回答にはその判断の材料がない。だから再度、再々度、何度も何度も説明を中電に求める」というものである。

この内容は、表面は、根拠に足るものがないといいいながら、実は、国のエネルギー政策に新規の原発政策が明記されるまでは今のままの状態を保持しておく。ここで公有水面の埋め立てを不許可にすれば、2011年3・11以降の厳しい基準や環境アセスのやり直しなど膨大な時間がかかる。それで、今の計画をこのままずるずると残して、「時間稼ぎ」をしようとしているのだ。

だが、村岡知事も、県の行政マン(とっくにモラルハザードを起こして知事と中電の顔色をうかがう行政に堕落している。)もこの本音を言わないのだ。

そこへ、堂々と政策を述べたのが、江島氏だ。
今朝の毎日新聞の記事で、
「原発は新規建設が必要である。」
「上関原発は、計画通りすすめる」
と明言しているのだ。
いわば、自民党や自民党の各級議員が、避けて通り、業者の間に陰でだけこそこそと言って来たことを正面から言ったわけだ。自民党を支持する農協や漁協ですら「福島の原発事故以降は、エネルギー政策は考え直さないといけない」「他の県の原発はともかく瀬戸内海に原発をつくることは反対」「県民の多くは、もう上関原発はいくらなんでも建たないだろうと思っている。今更、寝た子を起こすようなことはできない」といって、原発論争を避けているのだ。逃げてごまかしているのだ。

熊本地震の最中に川内原発を止めなかった政府。
伊予灘にも地震が及び伊方原発の存在が不安を与えている。
防災への関心と準備は、原発の存在へと目を向けるようになっているのだ。
福島は、けっして人事ではないというのが、県民共通の認識になっているのだ。

そいう中で、堂々と「原発推進!」「上関は何が何でも建てる!」というのだから、「正直な」政治家として褒めても、いいか・・・とも思うが、やはりそうは行かない。
あまりにも県民の安心安全、暮らしの土台に無責任だからだ。
こんな政治家に国や県や社会のことを任せ、運命をともにしたいとは誰も思わないだろう。
こんな危険で無責任な政治家に、あなたの貴重な1票を託しますか。白紙委任状を与えますか!

「瀬戸内産業の再生戦略を」といいながら、その肝心の瀬戸内海を原発事故による放射能汚染で壊滅させようとしているのが、上関原発計画なのだ。化学プラントの火災事故なら(あってはならないが)燃えてしまった後に工場を建て直せば済むが(それだって大変!)、原発事故の場合は、瀬戸内とその沿岸、中国地方と西日本が壊滅し再起不能になるのだ。
しかも、それは事故が起こらなくても日常的な放射能汚染と環境の激変によって、瀬戸内の自然を壊してしまうのだ。

今度の選挙で、基地や原発の県民世論を正直に反映した選挙にし、
ぜひとも、こうけつ厚さんに勝ってもらいたい。

床屋談義や酔っぱらいの飲み屋談義で基地機能強化や原発再稼働、新規建設、上関推進を言ってクダをまく人が、山口県にもときおりいる。論議の好きな人の多い県なのだ。江島氏は、議員のバッジをはずし、そんな場所でしか相手にされないことを早く知ってほしい。県民の良識の1票で教え、こうけつ厚さんを先頭に山口から日本を変えていこう。


  
posted by 村のトイレ屋 at 10:39| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

こうけつさん「上関原発は必要ない」、毎日新聞

160627_0918~01.jpg160627_0915~01.jpg


今朝の毎日新聞に掲載されているこうけつさんの横顔とインタビュー。
岩国基地、上関原発できっばりと見解を示しています。

県民の暮らしの土台は、安心安全です。
雇用や教育、生活の全ての基礎は、まず安全に暮らせることです。
山口県で人為的に安全が損なわれるのは、岩国基地の艦載機移駐と上関原発の問題です。
こうけつ厚さんは、
岩国基地の基地機能の強化に反対しています。
上関原発は必要ないときっぱりと言っています。

基地機能の強化、上関原発の推進をすすめる自民党の政治を終わりにしましょう。

私たちは、政治を考え、行動する市民の会です。
今度の参議院選挙では、山口県内の心ある市民と一緒に、
「山口から日本を変える!!」こうけつ厚さんを応援しています。

宇部では、ミナセン(みんなで選挙)やまぐち 宇部として、
「希望・うべ市民の会」をつくって活動しています。

      希望・うべ市民の会
       事務所:新天町商店街(新天町2丁目8−1) (木)〜(日)オープン
        連絡 080-6331-0960 (事務局 安藤公門)
        メール:ando-maipenrai★nifty.com  ★を@に変換してください。
       一緒に、こうけつ厚さんを応援しましょう。ご連絡ください。

posted by 村のトイレ屋 at 09:26| 山口 🌁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

横田一著「シールズ選挙」

160626_0917~01.jpg160626_0916~01.jpg


第三章で山口県もとりあげている。

シールズ的な市民参加は、時代が動く導火線だと感じる。
もっともっと土着的で風土的で生活臭が強烈な、さらに庶民的な、上澄みだけでなく、ドロドロしたものが動く民衆型選挙に発展する予感がする。

シールズ型の若者たちの、インテリたちの動きから、
国会前で声をあげたいが、そこで発散することをあえて抑えて、自分の生活のまわりから変えて行こうという動きは、底流として強烈にあると思う。
民衆型の巨大な政治変動の前触れだ。
その証言になっている本。

次の新しい動きは、地域から始まる。
こうけつ厚さんが訴えている、「山口から日本を変える!!」とは、単純にシールズ型の市民参加や野党共闘を山口で繰り返すことではなくて、地域に根ざした独特のものをつくりだすことだと理解している。

私たちは、山口からそれを一歩でも前に進めたい。

参考 緑風出版
http://www.ryokufu.com/isbn978-4-8461-1611-8n.html
posted by 村のトイレ屋 at 09:25| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

江島氏は国防軍と回答


20160625234418.jpg


毎日新聞の候補者アンケート
憲法についての回答が上の画像です。
こうけつ厚さんは、憲法9条の改悪に反対しています。
ところが、江島氏は
「国防軍をつくる」という項目を選んでいます。

江島国防軍.jpg


子や孫を戦争へ行かせますか?
憲法9条をなくすことは、為政者が好きなように戦争に走ってしまうことです。
憲法は、為政者を縛るものです。
独裁制になったり、戦争に走ったりしないようにするために憲法はあります。
その憲法を変え、「国防軍=外国で戦争をする軍隊」にしてしまうことは、戦争への道です。

ここで戦前の教訓として大事なことは、
政治家や大臣、エリートたちは戦場へ行かないということです。
駆りだされるのは若者です。

それも、遠い先のことではなくて、今の若者たちに
戦場で殺し殺されることを押し付けようとしているのです。

今、奨学金とは、学費ローンです。借金地獄に苦しむ若者を
「軍隊なら飢えずにすむよ」と勧誘して、実質徴兵制で軍隊に入れようとしているのです。
年金世代も保証人にされ、子どもの奨学金=学費ローンの肩代わり・支払いに追われている例はすくなくありません。

安倍晋三首相は、戦争をしたくてたまらないのです。
子供っぽい好みからだけではありません。
戦争で経済界が儲かるからです。安倍政権は、財界・大企業のための政権です。

安倍晋三戦車.png

江島氏を国政に送ることは、戦争への道を自分で開くことです。
安倍政権に白紙委任状を渡すことです。
改憲の3分の2を認めることです。

市民の政治参加で政治を変えましょう。
「戦争よりも平和を」「若者に正規の雇用を」
「年金流用をやめよ、軍事費を福祉に回せ」の声を示しましょう。
山口から日本を変えましょう。

平和を守ること、そのために憲法9条を大切にし、
為政者に「戦争するな」と立ち上がった、こうけつ(纐纈)厚さんを国政に送りましょう。



posted by 村のトイレ屋 at 23:48| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

こうけつさん、宇部東岐波

160624_1131~02.jpg160624_1134~02.jpg
岡本さん


犬の友だちも応援に。
posted by 村のトイレ屋 at 13:22| 山口 ☔| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

18-20代と60代の共闘だね

20160624082408.jpg

20160624082512.jpg

20160624082626.jpg


毎日新聞山口世論調査。
憲法改正への評価と政党支持率。
どちらも、20代と60代が同じ傾向を示している。
流れとしては、野党と憲法改悪反対が、
明らかに前より増えている。
自民党支持率が、11ポイントも落ちている。
でも、見出しは、江島氏安定した戦いとなっている。
変なのね。
誰か緻密な分析をしませんか。
江島氏ってそんなに個人人気あったかなあ。

それはともかく、若者の動きが始まったことは、明白。
希望の始まりだよね。
posted by 村のトイレ屋 at 08:39| 山口 ☔| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

ヒロ松元 宇部公演

参加した。
大笑いした。

安倍首相と麻生副総理をまず話題に。
鹿児島実業高校の定番ネタ。今回は土木科の番長が出てきて、「抑止力力としての武器と集団的自衛権」を木っ端微塵に笑い飛ばす。

「弱虫でいいのだ」という本の話、ナマケモノの知恵。

沖縄の歴史と現実、オール沖縄、翁長知事のこと、法政大学のこと。

袴田事件の映画。

ヒロ松元さんは、テレビに出してもらえないそうだ。
でも、よ〜く考えたら、
これでテレビに出られないというのが解せない。

どれも、まっとうな事実を言っているだけだ。
これくらいの事実を政権批判として過剰に受け取り、テレビに出さないなんてどうかしている。
下ネタなんて最近のテレビではおとなしい方だろう。
それにしても、笑いの芸の力はすごい。
政権批判の故というより、芸能界の芸なしタレントと芸能事務所が、ヒロさんの芸の実力に慄いて閉めだしているのというのが真相ではないか。

「これで参院選に一層の弾みがついたね」と帰りの人混みの中で言っている声を聞いた。
本当に、こうけつ厚さん応援に全力をあげ、勝つぞ!と気持ちを新たにした。

ヒロさんの芸の力は、ただ笑わせて、政権批判で溜飲を下げるだけでなく次の行動へのバネになる。
そうか、やはりテレビには出せないはずだ。現実の実践の生きた力となるんだもの。




posted by 村のトイレ屋 at 22:28| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こうけつ厚さんの宣伝カー


160622_0934~01.jpg


遠くからも、よく目立ちます。

手を振って声をかけてください。
posted by 村のトイレ屋 at 21:50| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

今日から宣伝カー

160619_1640~02.jpg

160619_1638~01.jpg


160619_1637~01.jpg



ある方のご好意で宣伝カーのアンプ・スピーカー一式をいただきました。
マイクロホンを購入し、若干の装置の点検を行って使い始めました。

とても声の通るセットです。
本当にありがたいことです。
感謝の気持ちを行動にすべく、
主婦二人、岡本さんと私、4人のチームをつくって市内街宣に出ました。
ふたつ住宅団地、三つのスーパーマーケットでアピールをしました。
6月21日の管直人さんを囲む夕べのPRを中心に訴えました。

厚南の立正佼成会の前では、車の近づいて来られて「頑張って下さい」と握手を求められました。

「菅直人さんが応援に帰ってくるって本当?纐纈さんは、共産党以外の人も応援しているんだね、別に共産党がどうのこうの言うわけではないが、多くの人が応援してる人だということ、もっと言ってもらいたいね」

「へえ〜、宇部にも市民の政治グループができたんか〜、粘り強くつづけてくださいね」

そんな声をいただきました。





posted by 村のトイレ屋 at 21:45| 山口 ☔| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

井筒屋前でオカマサさんと宣伝

160618_1307~01.jpg


160618_1308~02.jpg


「戦争になれば障がい者は役たたずとして殺されます」

「戦争へつながる憲法改悪をとめるために、こうけつ厚さんを応援しましょう」

街宣は、午後からは仲間三人で小羽山団地で行いました。

posted by 村のトイレ屋 at 13:44| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

【メモ】舛添東京都知事、辞職。

昨日、会った人に聞いた感想の一言(メモ)

「自民党は推薦した責任をどうとる。もっと粘ってほしかった。粘って自民党の正体を国民に知ってもらうとよい。」

「別荘を持っている政治家の総チェックが必要やね」

「福祉施設の視察がゼロで美術館巡りが公務とは信じがたい」

「家の前でゴミ袋を出して『介護と家事全般、私がやっています』というのはパフォーマンスだったの。
私は、これでこの人を信用したのよ」

「高学歴のインテリは、信用ならん!」

「けち臭くみみっちいのは、いや」

「東京都民も結構アホやね、レベル低すぎ。山口からいうのもなんだれど」

「オリンピックは、無理にやらんでよいと思うよ」

「橋下だけでは出てんこんでほしい」

「知名度争いの選挙が、いかん」

「三宅洋平さんが、参議院東京選挙区からでるらしい。これは、いいニュース。タイミングが遅くなければいいが」

posted by 村のトイレ屋 at 07:01| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

石田勇治著『ヒトラーとナチ・ドイツ』

20160613115440.jpg


古館一郎さんの「ワイマール共和国の教訓」の動画の補助テキストとして読み始めた。
とってもよい本だ。

私たちの市民運動は、どちらかと言えばマイペース、ボチボチ、ゆるゆる、身の丈の歩みを信条にしている。
原発などの課題でも、憲法をめぐる動きなどもそうだ。
今度の参議院選挙でも、その域を壊せないし、壊すとあとが続かないことをそれぞれが身にしみて感じていることでもある。

だが、この本を読むとそれだけで良いのか、
相手もある、時代の動きもある、それに対応しないと行けないのではないかと感じさせられる。
「せいいっぱいやりました。でも、結果はご覧のとおりです」と言えない現実が結果として迫ってくる。

ヒトラー的なものの研究は、安倍政権との類似性に驚かされる。
とくに「ウソが有用で通用してしまう」宣伝のあり方だ。
「話し言葉」重視の弁士の養成というナチ的手法は、現在マスコミが担っている。
この壁を打ち破る市民側のアピール力のアップは不可欠だ。

焦りで自滅は禁物だけど、私たちの側もピッチをあげること、急ぐことを考えさせられる本だった。
しばらく動画ととともに引用・紹介して活用しようと思う。

posted by 村のトイレ屋 at 11:55| 山口 ☔| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

田植え、小野湖の水を守る会

20160611104312.jpgIMG_20160611_104037.jpgIMG_20160611_103946.jpg
今日も楽しく。
posted by 村のトイレ屋 at 10:47| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

趣味(ある会話)

こんな会話をした人と親しくなった。

「お酒は、なにを飲みますか?」
「酒は、飲まん」

「食べ物はなにが好きですか?」
「別にない。出されるものはなんでも食べる。」

「趣味は何ですか?」
「趣味は、仕事。他にない。雨が3日も降って外に出られなくなると気分が悪い。外で作業をしている時が一番楽しいんよ。他にはいらん」

この人は、ある牧場の牧場主で最近、高齢で体力が続かないと最後の牛を手放された。
うかがった時は、何かしなければねえ〜と言って、小屋の建て直しをやっていた。
上の会話は、草刈りを終えた時の立ち話だった。




posted by 村のトイレ屋 at 06:41| 山口 ☔| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

200回目のうべきん

IMG_20160603_180500.jpg
宇部市役所前に集合。
淡々とウォークに出発しました。
posted by 村のトイレ屋 at 22:28| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

こうけつ厚(纐纈厚)さん、宇部で街頭演説

IMG_20160530_172415.jpg
今日、宇部を廻りました。

私たち市民グループのスタンディングの場にも登場。
街頭から訴えました。
宇部市西梶返のT字交差点で。
隣は、岡本正彰さん。

オレンジのカラーは、こうけつ厚さん。
見かけたら声援をお願いします。

応援スタッフ募集しています。
あなたの可能な時間と貴重な力を出してください。
posted by 村のトイレ屋 at 21:17| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

上関原発を建てさせない県民連絡会、申し入れ

IMG_20160526_110200.jpg
申し入れと質問
那須さんの申し入れから始まった。
山口県庁。
posted by 村のトイレ屋 at 11:21| 山口 🌁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

蛍祭り。上小野。

IMG_20160523_100640.jpg


ほ、ほ、蛍が
呼んでいる。

小野湖は、宇部市民の水瓶。
水源地を大事にしないものにはバチがあたる。

ほ、ほ、蛍が
呼んでいる。

5月28日、上小野 蛍祭り。
posted by 村のトイレ屋 at 10:19| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

うべ金曜ウォーク

IMG_20160520_181334.jpgIMG_20160520_181420.jpgIMG_20160520_181427.jpgIMG_20160520_181525.jpg
デェーズジャパンの広瀬さんの論文紹介。
中央構造線を焦点に。
posted by 村のトイレ屋 at 18:22| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする