2016年09月12日

トイレの改修。いのち・未来うべ総会。ツイッター。

昨日の毎日新聞日曜版に海原純子さんが、311直後の経験として、「1日が小さな一生」というエッセイを書いている。
電気も原発もないところでは原発事故の恐怖はないなあということからアマゾンの人々の生活を連想する。
アマゾンの先住民族には日々生と死とに向き合っている。
ちょっと気をゆるめたら命をうしなってしまう緊張のなかにある。
「だから、彼らは1日が、小さな一生なの」という知人の言葉が紹介されている。

詳しくは直接読んでいただきたいが、「1日が小さな一生」という言葉は、私の中でも残りそうだ。

午前中は、小野湖の水を守る会で設置しているトイレの改修。
製作者のあったか村・白松博之さんにきてもらって事務局の森山さんと私とで手直し。強風で屋根がとんでいたものを応急措置だけしてあった。10月2日には、稲刈りがある。これでひとまず安心だ。
小野宇内の農園、蕎麦の畑の中に小さなトイレ小屋。風情がありますよ。
なお、フジバカマも元気、もうすぐアサギマダラがやってくるだろう。

午後は、いのち・未来うべの第5回総会だった。
宇部市環境学習館3階ホール。ちょうどいっぱいになる30名近くの会員が集まり、話しあった。
8月3日に県知事が公有水面埋立の許可を出し、いつ工事が始まるかもしれない新局面なので焦りとはやる気持ちもあるが、今は緊急抗議の段階ではなくてじっくりとできることを相談し上関原発を止める道筋をみつける段階だ。だから、昨年の総括に多くの時間を使った。
その総括提案を行った、事務局長の浜野さんは激務を休んでしばらくゆっくりしていただくことになり、私が、事務局長になった。緻密とは縁遠く間抜けなことが多い私には、大変なことですよ、これは。幸いなことに多くの仲間が運営委員になって支えてくれることになった。
久保輝雄新代表、尼崎安秀副代表と力を合わせてやっていきたい。

特にいい知恵があるわけではない。
とりあえず、ツイッターを改装手直しして、いのち・未来うべの日報(活動日誌・情報と行動)とすることにした。
https://twitter.com/murano_toireya
宇部市近郷の人々に読んでいただき、小さな一生の小さな発信になって役に立てれば幸いだ。

posted by 村のトイレ屋 at 12:29| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

集中と継続

ある人から語学学習のポイントを教えてもらった。

徹底的に集中してやるか、
ダラダラでもいいから長い年月、継続すること。

記憶力が落ちているのでどっちもどうかと思うが、後者しかいまはできないかなあと思う。
「継続は力」という言葉を噛みめ信じよう。

さて、選挙のこと、
昨日は、纐纈さんの講演会の宣伝と上関公有水面埋め立て許可撤回のことで、宣伝カーを走らせたが、
初めてのところで、とっても良い演説ポイントを見つけた。
岡本さんがアピールした。
私は、気が付かなかったが、同乗の仲間が、「初めてのところなのに手を振ってくれる人がいたよ」と言った。岡本さんのアピールの場合、3回目くらいにベランダから出てきたり大きく腕を回してくれる人がいるのだけれど、一回目で反応があったのはうれしかった。聴く人から見えるし、声がよく通るのだろう。

講演会の会場で纐纈さんにこの話をすると、
「演説の場所は、日常的にさぐっておいてもらうと選挙戦の渦中で、同じ10分でも全然違ってくるからねえ」と言っていた。
なお、講演会の終わりの質疑応答で岡本さんが質問した。
途中から会場がシーンとなり発言に集中していることがよくわかった。

今日は、午前中は小野湖の水を守る会のことで宇内の現場。

午後は、いのち・未来うべの第5回定期総会。

どっちもじっくり継続型の取り組みだ。





posted by 村のトイレ屋 at 07:44| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

Kさんへ。「人と人のつながりが、すべてのはじまり」

Kさん
新聞は、北朝鮮の核実験のことを大騒ぎしていますね。
新聞が、ひとつのことを騒ぐときは、冷静になることが必要でしょう。
間違っても煽られて同調し、合唱隊の中に入ってはとんでもないことです。

岩国の元市長・井原勝介さんは、ブログで次のように言っています。
〜〜〜〜〜〜〜
「北朝鮮が核実験を強行したことは断じて容認できない。厳重に抗議し、最も強い言葉で非難する」
 同じ言葉が繰り返される間に、彼の国の核開発は着実に進んでいる。
 制裁と圧力で核を放棄させるという方法では効果がないことは明らか。
 このままでは、早晩新たな核保有国が出現し、深刻な脅威となる。
 北朝鮮外交は明らかな失敗であり、この際方針転換すべきである。
 体制を保障し、国際社会の仲間入りをさせること。安心感を持つようになれば、そこから、拉致や核問題に関する話し合いの糸口が見つかるはず。
 強気の安倍さんでは難しいかもしれないが。
〜〜〜〜〜〜〜〜

冷静な外交努力を訴えています。
ここで、思い出したのは、原康司さんのことばです。
「地図に境界はあるが海にボーダーはなかった。」というものです。
カヌーで韓国に行った直後のインタビューに答えたものです。
私のブログに載せていました。ぜひご覧ください。
http://atta-an.seesaa.net/article/402359894.html

もう一つ思い出しました。
これは、つい最近のことで、9月3日下関市で開かれた「関東大震災と朝鮮人虐殺〜日韓市民連帯のために〜」の講演会のあとの交流会でのことです。キム・ジュンスを迎えた講演会は、とてもすばらしいものでした。そして、さらに私には、その夜、労働教育センターで行われた交流会も忘れがたいものになりました。
「今までは、国と国との関係で物事がすすめられている。対立が緊張に関係になり戦争が起こされる。でも、ほんとうに大切なのは、ひとりひとりの個人と個人の結びつきであり、それを大切にすることがこれからは必要だと思います」
これは、当日参加した岡本正彰さんの発言です。

通訳の人がこの言葉を私に再確認したりして伝え終わると、キム・ジュンスさんが、急に大きく破顔して相好を崩し、岡本さんに近づき抱きつくようにして、言いました。
「私は、日本にきて言いたかったのは、関東大震災のときの朝鮮人虐殺の国家責任をあいまいにしないこととですが、そのためには、なによりも国という枠にだまされないこと、人と人のつながりを一番に考えること、これを言いたかったのです。岡本さん、ありがとう」


岡本正彰さんキムさんと.jpg




さて、今日は、宇部市で纐纈厚さんの講演会があります。
宇部市福祉会館 4階 午後2時からです。
どんな見地から安倍政権を批判するか、楽しみです。

その前に午前中、岡本さんと仲間で宣伝カーに乗ってアピールをしてきます。

では、またお会いましょう。


posted by 村のトイレ屋 at 09:35| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

大きな目的が小さな行動をいかす

いつも、切羽詰まっている私がいうのもどうかと思いますが、
大きな目的は、人に力を与え、小さな日々の行動を活かすことになるように思います。
これは、道徳論としていっているのではなくて、選挙にどうしたら勝てるか?という話の中でのことです。

選挙を量の面から《極端に》単純化すると
人数✕時間=票数 です。
人数は、スタッフの数であり関わる関係者の数であり、積極的な協力者の数です。
99%の民衆の側が選挙に勝てないのは、関わる人の少なさもありますが、使う時間も少ないと思います。

選挙直前に候補者を選んだり、急に活動をはじめても4年がかりで準備している自公には絶対数で劣ります。
戦略的な目的を明確にし、目標を時間と人の数で絞り、つまりは早目に動き出して、
時を味方につけて、教え教えられるながら、次第に勢力を増すことが市民選挙に求められていると考えます。

政策とアピール、人、諸々の協力関係、複雑なことがある中で、基礎的な土台をしっかりつくること、ここが市民型の選挙に必要であろうと考えます。

普段から無理のない(徹夜とかをしない)小さな活動を積み上げて、目標に迫る。そんなスタイルを確立できないものか、宇部では希望・うべ市民の会の仲間が、選挙後も、事務所を確保し、とりあえず週一宣伝カーを動かすことを決めてやってきました。それでももう遅いよという人もいるくらいですから、大変です。




posted by 村のトイレ屋 at 09:19| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

積んどいた本

160819_1228~01.jpg
宿題

楽しみにとっていた本

もう一度読み返したいもの。

レポートなしの読んだだけはもったいないのだが、、、、、
posted by 村のトイレ屋 at 12:47| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

<祝島神舞>船は最後の一人まで運んでくれる

IMG_20160816_163648.jpgIMG_20160816_163743.jpg
昨日は、トイレの点検。好評、好調。
午後は、うどん屋とカレーの店の皿洗いをする。

神舞への参加は日帰りでも十分とわかった。
泊まるところが確保できなくて躊躇される人が宇部では多くいたが、日帰りでも十分楽しいし、普段と違った祝島をしることもできる。

船は、行きも帰りも、増便があり乗る人がいれば最後の一人まで運んでくれるとのこと。
昨日の最後の便は、300人を超す人が波止場に並んでいた。
にぎわう祝島も楽しい。
posted by 村のトイレ屋 at 06:23| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

祝島盆踊り、反原発商工会

160816_1846~04.jpg160816_1846~02.jpg
櫓の4隅の柱に吊るされた提灯。

反原発商工会。

全国の商工会は祝島に続こう。
posted by 村のトイレ屋 at 19:58| 山口 ☔| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

神舞の祝島、明日から

IMG_20160815_180253.jpgIMG_20160815_151044.jpgIMG_20160815_162218.jpgIMG_20160815_173251.jpgIMG_20160815_181720.jpgIMG_20160815_175632.jpg



柳井港で船はいっぱい。

岸壁のにぎわい。

伝馬船の飾りつけ。

三浦湾の公衆トイレ。
posted by 村のトイレ屋 at 18:33| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

上関原発公有水面埋め立て許可、撤回を

IMG_20160810_110125.jpg

20160810111032.jpg

20160810111112.jpg

20160810111141.jpg


抗議と申し入れ
11時から。
撤回しないと冒頭の回答。
田川共同代表の発言。
島民の会の山根さんが強く抗議と撤回を要求。

2016/08/12 追記
その後のやり取りで
「重要電源指定が有効であると資源エネルギー庁の課長が文書で回答してきたこと」がほぼ唯一の判断材料であることが判明。

私は、これほどの決定を(しかも時間をかけてしたのだから)もっと大きな判断根拠があるのかと思っていたが、拍子抜けした。
しかも、建設予定の建物は最初から原子力発電所だとわかっているのに
「公有水面埋め立ての法の範囲内で検討したので原発の是か否かは今回判断していません」という答弁には絶句してしまった。
山口県知事にも県職員にも、2011年3月11日の福島原発の事故はなかったのか!

県知事にも担当部局にも、公有水面埋め立てが、原発建設推進と全く無縁無関係、一切建設促進につながらないことを証明する義務がある。ほんとうに開かれた場所で知事自らこのことを説明証明してほしい。

鹿児島の伊藤前知事は、傲慢にも川内原発の再稼働をすすめ、熊本地震にも調査や一時停止を要請もせず、安全安心を求める県民の声を踏みにじった。その結果は、伊藤知事の落選・三田園新知事の誕生だった。
だれも原発に頼って地域経済をまわしたいとは思っていないのだ。
保守層においても、それしか提供せず過疎の地域に原発の犠牲を押し付ける政治の無策・棄民政策に怒っているのだ。

許可にあたって山口県知事は、本体工事(原発の本体工事)がめどが立つまでは埋立工事をしないようにという県知事の要請を条件としてつけた。
これは、県の職員ですら「県知事の中電への要望書は権限も効力もないものと認識している」語っているシロモノである。
それでもって、県知事の安全安心を求める県民の声に答えるポースにすることすら土台無理な話だ。
しっかりと原発に向き合い、是か非かの判断を下すこと、
安全安心を求める県民の側に立つのか、地域に犠牲を押し付ける国・中電の国策遂行の側に立つのか、
そして、公有水面の埋め立ての許可が、原発推進につながらないことを証明すること。

これができないのなら、伊藤前鹿児島県知事と同じ道が待っているとしか言いようがないであろう。
「泳いで育った瀬戸内を汚せません、原発をやめます」といえば、歴代にない名知事として永続的な県政の担い手に嘱望されたであろうに」と村岡知事の出身地、宇部の西岐波・床波周辺の住民は嘆いている。
さらに、県知事と同じ宇部高校のある卒業生は「再稼働すら認められないのに、新規原発に道を開くなどありえない。宇部高の全国的な恥さらしになってしまった。」と吐き捨てるように語っていることを付記しておく。







posted by 村のトイレ屋 at 11:20| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

小野、草刈り

160806_0940~01.jpg
草の美味しそうなのは、山羊たちに少しもってかえろう。
posted by 村のトイレ屋 at 10:23| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草刈り

160806_0807~03.jpg
小野湖の水を守る会
オリーブ草刈り
posted by 村のトイレ屋 at 08:12| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

Fw:県庁へ抗議。知事室前で



祝島島民の会のみなさんと。
県民に会うことのできない県知事とは、なんだ。
なにを恐れているのか。
自分のやったことに自信がないからだ。
posted by 村のトイレ屋 at 14:09| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島民の会の声明

20160805110202.jpg
posted by 村のトイレ屋 at 11:03| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

7月28日 上関町田ノ浦へ宇部の仲間と。

裁判官が初めて祝島、田ノ浦へ。


IMG_20160728_114115.jpg

ログハウス 団結小屋

IMG_20160728_123906.jpg

坂道


IMG_20160728_124824.jpg


IMG_20160728_125104.jpg


IMG_20160728_130540.jpg

IMG_20160728_131021.jpg


宇部の仲間と


暑かった。
地元の人が、山道の草刈りを事前にやってくれていて助かった。

posted by 村のトイレ屋 at 07:21| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

安楽死殺害政策とクレメンス・フォン・ガーレン司教

相模原の障がい者19人の殺害を聞いて、まだショックは収まらない。
犠牲になられた方々のご冥福を心から祈りたい。
ご家族の心痛は想像もつかない。絶対に許せぬ行為だ。

昨日、衆議医院議長あての「手紙」を読んで、あまりにもナチスの思想そのものであることに驚愕した。
なぜ、強くそう思ったのか、ちょうど一月ほど前に石田勇治著『ヒトラーとナチ・ドイツ』を読み終わったばかりだったからだと、納得した。それで、該当部分を読み返してみた。

第7章 ホロコーストと絶滅戦争 の一節である。

その中に、クレメンス・フォン・ガーレン司教が、異議申立の説教をして、それでヒットラーは安楽死殺害政策を中止したという記述がある。実際は、成人に対する殺害だけで子どもや新生障がい者は殺され続けたことが書かれている。p308。

このクレメンス・フォン・ガーレン司教とは、どんなひとなのか?

NHKの昨年の番組で詳しく紹介されていた。

それはホロコーストの'リハーサル'だった 〜障害者虐殺70年目の真実
http://dai.ly/x3cy1xd


それはホロコーストのリハーサルだった:T4作戦 障... 投稿者 JKzappa

説教の言葉が紹介されている。

キャプチャ.JPG



ブログで、「月ノヒカリ」さんが文字おこしをしている。
http://newmoon555.jugem.jp/?day=20151116
借用してコピーさせていただく。

「貧しい人 病人 非生産的な人 いてあたりまえだ
 私たちは他者から生産的であると認められたときだけ生きる権利があるというのか
 非生産的な市民を殺してもいいという原則ができ 実行されるならば
 我々が老いて弱ったとき 我々も殺されるだろう
 非生産的な市民を殺してもよいとするならば
 いま 弱者として標的にされている精神病者だけでなく
 非生産的な人 病人 傷病兵
 仕事で体が不自由になった人すべて
 老いて弱ったときの 私たちすべてを 殺すことが許されるだろう」



この番組は、今、心を落ち着けて、私たちがどこにいるのかを考えるにはとてもよい。そして、ガーレン師の言葉も、そのナチス下での拡散も、勇気を与えてくれる。

以上、とりあえずメモをしておきたい。


posted by 村のトイレ屋 at 06:27| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

伊方原発の再稼働を止めよう現地行動、7月24日



IMG_20160724_141055.jpg


IMG_20160724_163248.jpg


IMG_20160724_145108.jpg


IMG_20160724_145650.jpg


IMG_20160724_134406.jpg


20160724185820.jpg



ゲート前集会に700人。
伊方町の地域への宣伝と働きかけを重視したという報告があった。
各地からの発言。
岡本正彰さんは、避難計画と障がい者についてアピールした。


posted by 村のトイレ屋 at 19:00| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

通過点

IMG_20160710_203551.jpg
大いなる変革のひとつの大切な通過点。

こうけつ厚さん、
すばらしい一歩を刻んだ、と元気よく語った。

20160710 山口市 労福協会館で
posted by 村のトイレ屋 at 23:28| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

こうけつ厚 個人演説会

今日7月6日(水)午後6時半から。
山口市民会館 大ホール


IMG_20160706_185751.jpg

    中野晃一さん 

20160706190753.jpg

    演説するこうけつ厚さん 

20160706192152.jpg


    山口県の各級議員団・・・こんなにたくさんいるのだ!


中野さん
・・・絶望の中から希望をさけぶ。

こうけつ厚さん
・・・かっての日本、ベトナム戦争のときの韓国
戦争できる国の実態、
戦争のための動員、抑圧、強圧。
安倍政治は、ヒットラーと同じ 。アベトラー
民主主義を取り戻す。自由、自治、自立。
安倍政治の膝元だから,山口が保守王国だから
     一層のやりがいを感じて 立つことにした。



posted by 村のトイレ屋 at 19:23| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

年金問題、自民は全く触れず


こうけつさん演説 日程
7月5日午後5時30分〜
宇部新川駅




毎日新聞から

20160704080431.jpg

20160704080512.jpg

20160704080544.jpg




自民党は、全国でも山口でも、年金問題を今度の選挙で触れていません。

高齢者に「3万円のばらまき」を行って高齢者問題を重視しているかに見せかけていたのに
また国民の関心の高い経済と暮らしの中心テーマの年金問題なのに、
全然、触れていません。

今朝の毎日新聞が報道する山口の3候補の演説をみてください。

こうけつ(纐纈)厚さんだけが、触れています。
年金の株式運用・年金の株式ギャンブル操作をやめさせること
最低支給額の増額を訴えています。

自民党は、なぜ年金問題に触れられないのか?
1,すでに5兆円を紙切れにしているからです。
 世界経済の変動によってさらに15兆円も紙くずになると言われています。
「みなさんの積み立てた年金を消してしまった」とこうけつ(纐纈)さんは批判しています。
2,アベノミクスの失敗の一番わかり易い例が年金だからです。
3,根本的には、自民党が庶民の党ではないことによります。国民生活を本当はどうでもいいと思っているのです。一部富裕層のための党です。
だから、「下々のみなさん」でおなじみの麻生発言がでてきます。

年金問題は、高齢者の問題だけであありません。
若者の暮らしを直撃します。
こうけつ(纐纈)さんが、山口大学の副学長としての経験を語っています。
奨学金は、今や学費ローンです。ローン地獄に若者は落とされています。
卒業した時に高額の借金を背負って、社会へ放り出されます。
両親、祖父母の年金がどうなっているかは、若者の将来設計を左右します。

憲法は、基本的人権と幸福追及の権利を等しく認めています。
俳優の故・菅原文太さんは、
政府の役割は、
国民が飢えずに暮らせるようにすること
戦争をしないようにすること

と沖縄知事選で現在の翁長知事を応援する演説でいいました。
これは、憲法の神髄です。中心思想です。

こうけつ(纐纈)厚さんは、憲法と平和、基本的人権と年金を重視することで、
高齢者を大切にすること、それは、若い人との敵対するものでないこと、逆に未来に希望をつなぐためのものであることを訴えています。

7月5日明日午後5時半 ぜひ宇部新川駅でのこうけつ(纐纈)さんの演説を直接、聞いてください。
また宇部新川駅周辺では、思い思いのアピールが若い世代を中心に行われるそうです。
ぜひ、どうぞ!一人でも多くの人が声を出し、政治の流れを山口から変えましょう。






posted by 村のトイレ屋 at 08:08| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

宇部新川駅周辺で

160701_1820~02.jpg


いのち・未来うべ
金曜ウォーク。
小中進さんの八周年記念辻立ちに参加した報告。
8000BQ'/kg 抗議署名の進行の報告など。

posted by 村のトイレ屋 at 21:24| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする