2017年10月07日

美祢市、萩市、山陽小野田で

DSC_1054.JPG

DSC_1058.JPG


萩市の山中修さん宅で

坂本史子は、昨日は、雨の中を美祢市、(山口市で選挙事務の打ち合わせを経て)、萩市へとまわり、
夜は、山陽小野田市へ。

山陽小野田市の「山口から日本を変える市民の会・山陽小野田」の(「かえる会」)世話人会に寄せていただきました。
その様子を、山陽小野田市議選を終えたばかりの山田のぶゆきさんがブログで紹介してくれています。
http://blog.livedoor.jp/yamaraku8/archives/1067866554.html



--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 06:15| 山口 ☔| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

旗を掲げれば人びとは集まる。囲む会での女性の話。

DSC_1044.JPG

昨日は、坂本史子の記者会見が宇部市役所の2階、記者室であった。
市民として応援する立場から同席させてもらった。

今朝10月6日毎日新聞山口版
20171006_毎日Y.pdf


DSC_1045.JPG


夜は、6時半から逍雲堂美術館で囲む会が開かれた。20名の人が集まった。

最近、政治とは味方と仲間を増やすことだと強く思う。
ひとりでは何もできることに限度がありすぎる。
バラバラでは追いつめられてしまう。
でも、原則も志も違う人が無理やり一緒になっても、うまくいかないことは多数の例がある。

市民と野党共闘の力で安倍政権と対峙し戦争への道を止めること、
上関原発を止めるための共闘
これらは、山口県で培われてきた貴重なつながりだ。

昨日の坂本史子を囲む会で
岡本正彰さんが、「障がい者は戦争になれば役立たずとして殺される。原発事故では放置される。こんな政治は早く変えたい」と訴えた。そのあとにある高齢の女性が要旨以下のように語った。
商店街でお目にはかかるが、こういう経験をした人だとはつゆ思ってもいなかった。
ああ、坂本史子って、こういうことを語ってもらう・引き出す雰囲気があるんだなあと側で聞いていて思った。

立憲民主党に決まって私たちの候補がひとつになってくれてほっとしています。
子どもの頃、空襲警報で避難することになり友達と逃げまどった。その時ある防空壕に入れてくれと行った。そしたら、そこのおじさんに「この防空壕はいっぱいだから入れられない、他へ行け」と追い返された。
しかたがないので、友達と二人で田んぼの畔で身を細くして過ごした。

後で聞くと近くの交番が空襲で焼け巡査が死んだという。私たちを追い返した人も悪い人ではないし、自分の家族のこともあっての判断と思う。
そのように人が互いに追いつめられるのが戦争。
弱い方へ弱い方へと犠牲がむく。もう2度と同じ目にあってはいけない。
坂本さんが出てくれて戦争反対の人がまとまってくれて、本当にありがたい。頑張ってください。


人の集まるところに旗をたてよう。
声を出せば、必ず応えてくれる人がいる。
希望という言葉、希望の党の出現と「選別排除」で汚されてしまったが、
私たちには、希望が確実にあると思った。
若い世代へ引き継ぐことが私たちの役割だ。



Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 06:09| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

坂本史子はどうする、どうなる。市民はどうしたい?

DSC_0999.JPG

DSC_1002.JPG


今夜、集まりがあります。
供託金(高い!)は、市民有志の篤志によってめどが立ちました。
運動資金は、まったくこれからです。
小口のカンパにかかっています。

昨日は、新聞社の皆さんから追いかけられました。
今日には、はっきりします。

昨日は、ポスターの入稿最終日。
「庶民派」というコピーが使われていたのですが、はずしました。
「彼女はどうみても庶民そのもので、庶民派を名乗る人はそうでないから言うのであって、いわんほうがいいよ」という周りの女性の意見が通りました。

坂本史子はどうする、どうなる。市民はどうしたい?
今夜の集まりで、「市民が政治と政治家を主体的につくっていく」(元・岩国市長、市民政党草の根代表・井原克介さん)を実行しましょう。

3区 坂本 史子(さかもと ふみこ)を囲む夕
  安倍暴走ストップ!東京都目黒区議6期の経験をいたしたい!
  福祉の充実・豊かな地域つくりを! 上関原発に反対!
   とき:10月5日(木)午後6時半〜8時
   ところ:宇部市新天町2−8−1 逍雲堂美術館
    坂本史子を応援する会・宇部 岡本正彰・安藤公門(080-6331-0960)
 

--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 06:23| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

宇部興産前で

DSC_1036.JPGDSC_1038.JPG

坂本史子の朝の挨拶。
1回目なので反応が無いかなあ、と思っていたら
早くも車から手を振ってくれる人がいました。
--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 09:47| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇部市役所前で挨拶。囲む会を5日に開きます。

DSC_1029.JPG


DSC_1028.JPG


少しずつ、少しずつ名前を覚え顔を知ってもらいます。
雨の中、カッパをきて、挨拶する坂本史子。(10月2日午前8時)

政治は、人だと思います。
人を知るのは、会って話してみるのが一番いい方法でしょう。
ご参加ください。

3区候補 坂本 史子(さかもと ふみこ)を囲む夕
  安倍暴走ストップ!東京都目黒区議6期の経験をいかしたい!
  福祉の充実・豊かな地域つくりを! 上関原発に反対!
   とき:10月5日(木)午後6時半〜8時
   ところ:宇部市新天町2−8−1 逍雲堂美術館
    坂本史子を応援する会・宇部  岡本正彰・安藤公門(080-6331-0960)
 

--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 00:28| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

ときわ公園

DSC_0953.JPG


DSC_0957.JPG


みんな
ちょっと
休憩中ですが、
なにか?

--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 13:53| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

総会

DSC_0943.JPGDSC_0946.JPG


無事に終わりました。
会計の承認
保養を続けること、
長期保養はための
空き家などのこと、
いろいろな意見がたされました。
--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 13:25| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

山羊と羊、21日23日24日、ときわ公園

DSC_0925.JPGDSC_0926.JPGDSC_0923.JPG

今日から再開です。
--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 09:51| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

漁民のうた


祝!県美展 佳作 入選

DSC_0876.JPG

DSC_0875.JPG


こだままことさんから
祝島 こだままことさんの投稿がいのち・未来うべのブログに掲載されました。

漁民のうた
http://blog.goo.ne.jp/nonukes2013/e/843c3123a72a95904bf9c68c47105124






〜〜一部引用〜〜〜〜〜〜〜〜
倉庫から引っ張り出し、全体の構図を見ようと網を広げてみたとき「漁民のうた」というテーマが降ってきた。
漁民は唄を歌う。漁に出る船の上で舟歌を歌う。貝を堀りワカメを集める磯で磯節をうたう。網を繰り上げる呼吸を合わすために唄を歌う。魯を漕ぐときホーランエーの声が海に響き渡る。漁民は唄を歌う。

漁民は日々海を見ている。変化していく自然環境を一番良く知っている。年々変わっていく海の生き物たちの事を一番良く知っている。海の声を一番多く聞いている。今、その漁民の声を聞くときなのだ。
中学を卒業してそのまま漁師になったマーちゃんが父親と使っていたというその網が美術館に置かれるということ自体に深いメッセージがある。
漁民の手で編まれ、時を経た漁具はそれ自体が芸術性を帯びている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 23:40| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

小泉純一郎さん講演会の記事

DSC_0890.JPG

毎日新聞山口版 9月10日
--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 06:22| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

たまちゃん。秋はほめないこと、

DSC_0859.JPG



夏が終わった。
暑さがいくぶん和らいだので
宇部市の商店街、新天町を歩いた。
閉店してかなり時間がたっていた、たまちゃん食堂が
場所をレッドキャベツの横に移してオープンしていた。
魚の定食を食べた。

季節の話になり、みんなこの夏をよく乗り切ったねえ、と誰かがいった。
すると別の人が、
「秋の涼しさをほめてはいけんよ。調子に乗られてすぐ寒くなるからね」

横から
「今度は、寒い寒いと嘆くことになるからね」とまた別の人がいった。

笑い声がアーケードまで響くかと思った。


--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 15:45| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

稲、すくすく元気に。



DSC_0799.JPG


DSC_0804.JPG


DSC_0800.JPG


小野湖の水を守る会
子どもたちと植えた田んぼ。
穂が出ています。

--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 22:14| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

浜本裕子さん。会いたいと思っていたら電話があって会えた。

不思議なことがあるものだ。
浜本先生に会って相談したいなあ、とぼんやり思っていたら
電話がかかってきて会いたいという。
先生の用事は、録画したDVDの使い方であった。
わたしたちの用件は、障がい者の保養をどうすすめるか、その相談だった。

浜本先生には教えられることが多い。

専門のこともだけれど、直裁な物言いのなかにある本質をついた表現はほんとうにありがたい。

3・11以後の暮らしと環境問題 9回目
ここで言われた「福島原発事故と大本営発表」はどんどん現実のものになってきている。

https://www.youtube.com/watch?v=Grne_ohUvSo&t=507s

55分頃まで見てもらいたいです。




posted by 村のトイレ屋 at 22:50| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

長門の元乃隅稲成神社の近くまで行ってきた

DSC_0787.JPG


「久しぶりにドライブはどう?」
「いいね、どこにする。いま評判の赤い鳥居のところはどう?」
「それいいね、他に用事もあるし好都合」
ミーハー夫婦の結論は、早い。

でも、現場に近づくと駐車場がいっぱいで
なが〜い、渋滞。進まない。
路肩の溝に落ちないよう注意してノロノロ進む。

車の番号をみてみると他府県ナンバーが多い。
北九州、福岡は当然としても、京都や名古屋もあった。
大宮が一番遠いところだったと思う。

「大宮は埼玉だよね」
「そうよ」
「わざわざ、来たんかなあ」
「帰省のついでもあるんじゃない」
「あ〜そうか」

話している間も、ほとんど進まない。
途中で買って、鳥居を見ながら食べる予定だった弁当、
全部、食べてしまった。それでも車は進まない。
業を煮やして歩く家族連れもいる。

1時間20分くらいたった。
「山口県で観光地がラッシュで動けないところが出るなんて
すごいね」
「すごいね」
「もうあれだから、私らはいつでも来れるから遠くからきた他所の人に譲って帰ろうか」
「そうだね、そうしよう」
ミーハー夫婦は諦めるのも早い。

別の用事を済ませて帰途寄ってみたが、
渋滞は短くなっていたものの、まだ続いている。
鳥居の写真だけとも思ったが、まだまだかかりそう。

今度、だ〜れもいないときに行ってみよう。

--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 22:34| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

オリーブの実

DSC_0680.JPG

小野の第2オリーブ農園
--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 10:01| 山口 ☀| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

原発を止めたまち・萩


--
Android版Mail.Ruアプリから送信 -------- 転送したメッセージ --------
From: ando-maipenrai@nifty.com To: ando-maipenrai ando-maipenrai@nifty.com 日付: 日曜日, 16 7月 2017, 00:06午前 +09:00
件名: 原発を止めたまち・萩


田万川、三見を抱える萩市。
どちらも原発を拒否し建設を止めた地域だ。
今日は原発の視点で取材するため萩市を訪問。
今日初めて会った、ある人の言葉。
「原発を止めた地域の誇りですか。父が聞いたらどんなに喜ぶか。父は原発を止めたいと言って生活の全てを活動に投げうちました。福島の事故のあとでは、みんなが感謝しました。わたしも、原発を止めた力をよみがえらせ上関原発を止めたいですね」
人は、安倍政権のもとで山口県民は、うちひしがれて暮らしていると想像するだろうか。だから、最近の支持率低下で活気づいていると推測するだろうか。あながち、一蹴するわけではないが、やや皮相と思う。県内の各所に底流のように存在する人間の尊厳を大事にする人々は、静かに己れを持して、戦争への流れをとめるために、原発事故の愚かさを繰り返さぬために、なすべことを日々積み重ねている。
周防大島、下関、宇部〜萩のミニ取材旅行で一番感じたのは、その基盤の確かさだ。祝島の人々は例外ではないということだ。
>Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 00:11| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

田ノ浦で抗議

DSC_0542.JPGDSC_0519.JPGDSC_0537.JPGDSC_0521.JPGDSC_0543.JPGDSC_0514.JPGDSC_0517.JPGDSC_0513.JPGDSC_0515.JPG

--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 18:36| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボーリング調査中止を。田ノ浦で。

DSC_0520.JPGDSC_0519.JPG

原発本体につながる調査をやめよ。
--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 11:38| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

生命・脱核シルクロード、長崎駅前出発

DSC_0434.JPGDSC_0437.JPGDSC_0440.JPG

スタート前の挨拶と歌の練習
--
Android版Mail.Ruアプリから送信
posted by 村のトイレ屋 at 10:17| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

あったか村、桑谷の桑の実



DSC_0404.JPG


DSC_0402.JPG
posted by 村のトイレ屋 at 15:41| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする