2012年10月25日

2012年10月24日のつぶやき

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
『炭焼き:木を伐りはじめる』|http://t.co/jzOzX3nR at 10/24 20:50

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
「復興予算奪還プロジェクト」を立ち上げます。東日本大震災の被災者の目線で真の復興に資する予算のあり方、使い方を提案します。 http://t.co/TNbECqKM @yamazakimakotoさんから at 10/24 08:11

posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 | Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

炭焼き:木を伐りはじめる

炭焼きプロジェクト、4回目。
先週のチェンソーの講習に続いて、いよいよ木を伐りはじめた。
午前10時から12時まで。
講師:白松博之さん

伐り倒した木 4本
池の土手の上。
玉切も行う。
2人がまったくの初心者。
私は、前に習ったことがあるが、かなり忘れたいたのでいい復習になった。

ポイント。
1,倒す木のまわりを作業しやすいように潅木などを切っておくこと。足場をしっかりとること。
2,木を倒す方向と枝ぶり、風向きを判断すること。
3,追金の切り込み、斜めの位置をしっかり確認すること。
などだが、実際に現場でやらないと思い出せない。

でも、木を倒したときの地響きには、体も心も震える。


木は、重機で運ぶので、重機の使いかたの説明もあった。
ただし、これは番外。

次週も水曜日31日午前10時からこの作業をつづけます。
炭焼きプロジェクトに参加して、炭焼きをマスターしたい人はどうぞお出でください。
参加費:無料。

問合せ:安藤
ando-maipenrai★nifty.com  ★を@に変えてください。



posted by 村のトイレ屋 at 20:50| 山口 | Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日のつぶやき

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
「糞尿は資源だ。人間の地球に貢献できる生産物だ」という意見の人とあったか村で話し合っている。しかも浄化槽の専門家だ。これから、ふたりで研究会を開いていこうということになった。これからが楽しみだ。 at 10/23 23:38

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
要保存http://t.co/50pt3zKB 「下水道施設が放射性物質の集積地点となっている──。」 at 10/23 08:39

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
東京都民も被ばく者だった、広島長崎福島と同じだったのだ。 http://t.co/ctnG1nTC at 10/23 08:25

posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 ☀| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

2012年10月22日のつぶやき

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
『福岡市民に訴えてきました。「瓦礫」焼却中止を!』|http://t.co/Gh67eNS9 at 10/22 20:57


posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

2012年10月21日のつぶやき

posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 | Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

2012年10月20日のつぶやき

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
『福岡市と山口県、東西から抗議へ。北九州市「ガレキ」阻止へ。明日宇部からマイクロバス出ます。』|http://t.co/8o70LQoP at 10/20 19:02

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
隣接する都市住民にヒトコトも説明なく「安全影響なし」と傲然と言い続ける北橋市長。市民は行動で賛成していないことを示すのが民主主義。宇部からは、ヒストリア宇部発11時山陽小野田市役所11時20分。残席あります。 at 10/20 18:37

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
やれることは全部こころおきなくやっておきましょう。福岡での西日本行動。ガレキを焼却する北九州市を挟撃し、中止させよう。宇部からは、ヒストリア宇部発11時山陽小野田市役所11時20分。残席あります。 at 10/20 18:32

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
明日の福岡市での北九州市「ガレキ」焼却やめろ!西日本行動 http://t.co/CGUqK259 宇部からのマイクロバス。ヒストリア宇部前11時。山陽小野田市役所前11時20分。残席あります。是非どうぞ。交通費3分の1になります。 at 10/20 18:29

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
「子どもの時間」という映画を見た。(宇部市緑橋教会)自然の中で育つ子どもたち。3・11以前だったら、「すばらしい!」の一言に深く沈み込めたのに、今はそんなに単純ではない。川や木のぼり屋外遊びの場所が、福島東日本であるのか、水や食べ物の心配もある。この映画を見た大人は何をする? at 10/20 17:53

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
今日は、小野湖の水を守る会の活動で草刈り。蕎麦の畑のまわりを刈る。陸では水源地に産廃処分場の計画。空からは、北九州市「瓦礫」焼却で放射性物質と有害化学物質。どこまで自殺行為を繰り返せば気がす
むのか。普通に水道の水を飲めるありがたさをなんと思っているのか。
 at 10/20 17:44

posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 ☀| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

2012年10月19日のつぶやき

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
『宇部では市民の運動は育たないのでは?という人に。金曜ウォーク in 宇部。』|http://t.co/7U57b58f at 10/19 23:34

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
私たちはもちろん予防原則で動いている。瓦礫焼却が健康被害をもたらす証拠論文を今すぐには書けない。だが、兆候は無数にでている。あとで精緻な論文のデータ提供者になるよりも、その危険な芽を摘むことを選ぶ。 at 10/19 21:47

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
「いのち・未来うべのみなさんは、北九州市の瓦礫焼却が健康被害をもたらすと言っている。でも、5年、10年たってみんなピンピンしていたら、君なんかはさしずめ大恥だね」と私に言った人がいる。ああ、そうなればどんなにうれしいことか。5%いや1%でも、そんな可能性があってくれたらいいのに。 at 10/19 21:41

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
「もう反対運動の時代ではないよ、新しい提案を市民の側からつくらなければだめだよ」という人がいる。その言やよし。だが、その新しい提案も隣りの市で燃やされる放射性物質・有害化学物質で空気・水・土が汚染されることを許していては、生活の基盤から成り立たないことを忘れてはいけない。 at 10/19 21:36

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
今日の金曜ウォークin宇部。だんだん30人近くになってきたぞ。そろそろ次の段階かなあ。「弁護士や議員に頼るのではなく、ひとりひとりの市民の力が大切」馬奈木昭雄弁護士の講演会の報告があった。北九州市「瓦礫」焼却中止の力が基盤をつくる。 at 10/19 21:29

posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 ☀| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

宇部では市民の運動は育たないのでは?という人に。金曜ウォーク in 宇部。

今日は、毎週恒例の金曜ウォークin 宇部だった。
午後6時前から宇部市役所前に、三々五々集まり、中央町方向へ歩き、戻る。途中でぬける人や遅れて来る人もいて、だいたい30人近くが参加している。途中、ローソン前、金子医院前あたりで交代でスピーチをする。

今日のスピーチでは、福岡市であった馬奈木昭雄弁護士の講演会の報告が興味深かった。
馬奈木弁護士は、弁護士登録直後から水俣裁判に関わり、その後、九州の主な公害裁判の先頭にずっと立っている人だ。
私は、萩市と下関市で産廃の阻止の講演会でお話を聞いて感銘を受けた。

今日の報告は、福岡市のある学校のPTAが主催した講演会の報告だった。PTAの開催というところがすばらしい。

スピーチは、馬奈木先生の言葉の紹介で締めくくられた。
「市民が声をだすことが大事」
「弁護士などの特別な人間に任せてしまうのではなく、市民が声を出し続けることが運動の基本」
そう語っていたという。

ネットで調べてみると、講演会の詳しい報告がここにあった。
http://chibigonta.wordpress.com/

質疑応答で次のやり取りがある。

Q 小学1年生の母親です。ガレキ焼却で毎日が不安で暗い日々。北九州の問題について福岡市民は無関心。

A 原発に反対する声をあげること。原告になることや、毎週金曜日に各地で声をあげている人達がいる。散歩ついでに気軽に参加しても良い。声をあげるのは何も原発に限定することだけでなく、例えば携帯電話。中継基地は非常に危ない。
ちょっとそれについて考え、声をあげてみる。処分場ができた。本当に安全だろうか。身近な問題で黙っていないこと。声を上げること。裁判の原告になることもそうだが、お母さん仲間で勉強会をする。弁護士は喜んで来るよ。身近なところから始めてみてはいかがか。


易しい、優しい助言だ。

できるところから声をあげてみること。
ちょうど、今、北九州市瓦礫問題、原発再稼働、福島の子どもたちを守ろう、と私たちが少数で始めたことだ。

最初は、10人ちょっと、少ないときに一回だけ10人を切ったが回を追うごとに少しずつ増えて、今日は30人にもう少しのところまできた。
口コミで増えているからピッチは遅いけれど、初めての人がかならず参加していて増え始めている。

宇部では、市民運動が育たないのだよ、という人もいるけれど、育つか育たないかを論じるにはまだ早すぎるが、今、市民の声と運動が必要なことだけは確かだ。

隣りの市で、放射性物質・有害化学物質が焼却炉で燃やされているのに、「安全・影響なし」と思えという方がおかしい。
もう市民運動は、反対の運動をやめて積極的な提案を行うべきとしたり顔をいう人がいる。もちろん、自然エネルギー・再生エネルギーの提案も必要だし、積極的に実績を積み上げて行くことは当然必要なことだが、水・空気・土を隣りの市による汚染にまかせて、生活の基盤を失ってしまうようでは、前提が成立しないのではないだろうか。

また、行動しない人には色々な理屈や避難の言葉が用意されているもので、私は次のように言われてびっくりしたことがある。

「いのち・未来うべのみなさんは、北九州市の瓦礫焼却が健康被害をもたらすと言っている。でも、5年、10年たってみんなピンピンしていたら、君なんかはさしずめ大恥だね」と私に言った人がいる。
ああ、そうなればどんなにうれしいことか。
5%いや1%でも、そんな可能性があってくれたらいいのに。
はい、もともとひょうきんもの、笑われ恥をかくくらいがどうだというのですか。

私たちは、もちろん予防原則で動いている。
予防原則とは、被害を受けてから調査告発するよりも、被害の危険性性を感じたら徹底的にその原因となるものを除去することを求めることである。
瓦礫焼却が健康被害をもたらす証拠論文を今すぐには書けない。だが、兆候は無数にでている。あとで精緻な論文のデータ提供者になるよりも、その危険な芽を摘むことを選ぶ。

なんといっても、放射能という拡散していけないものを拡散し、燃やしていけないものを燃やしているのだ。これだけで安全という方がおかしい。

子どもを連れた若いお母さんたちの声を「主観だけで感情的だ」と腰に手をあてて、評論家風情で論評する人もいる。でも、水俣をはじめ多くの公害・環境破壊は、母親たちの直感的な危機感をあとで正しいことを嫌というほど証明してきたのだ。


これから、北九州市はもとより宇部や下関はどうなるのだろうか。
初歩的な科学・医学を無視する都市ものもとで、また対岸で暮らすことができるのだろうか。一度原則が曲げられると次から次へと放射性廃棄物や焼却灰が運び込まれてくるに違いない。
また、いのちと子どもの未来に関わる大事なことをやすやすと許すようなことで、他の市民的な課題に取り組むことができるのだろうか。

今できないことは、将来できるという保証はない。

ほんのちょっとした一歩でもいいから、今日のようなウォークを少しでも広げ増やして、市民的な基盤をつくりたいと願う。
市民セクターの可能性を広げたいと強く願う。

そんなことを考え、話しあいながら、子供連れでのんびりと1時間足らずを歩いた。馬奈木弁護士のいうように、本当に「散歩のつもリ」であった。週に一度の散歩で世の中が変わるならこんないいことはないだろう。

あなたも参加してみませんか。


posted by 村のトイレ屋 at 23:34| 山口 ☀| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日のつぶやき

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
宮城県の汚染状況を示すもの。牛肉、150bq/kg.
http://t.co/NmIL587K
 at 10/18 22:37

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
http://t.co/DIK7QQtM  試験焼却前から今に至るまでのドキュメンタリー20分 北九州市瓦礫問題。テレビが無視した市民の声 at 10/18 22:35

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
『宮城牛肉 東京食肉処理場で150ベクレル/kgと判明 無駄死に』 http://t.co/NmIL587K @zamamiyagareiさんから at 10/18 22:23

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
エクセルとJWCADを使って見積りをつくっていたら、長いこと休業であった「村のトイレ屋」の仕事の勘が戻ってきた。でも、自然浄化法だけで世の中が変わるとは思えなくなった。3・11以前は素朴にもそう信じていた。 at 10/18 14:09

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
政治の表立った課題に早くあげること。100万人規模の虐殺行為が見逃されている現実。政治家のチェックはここが基準。http://t.co/Rog3fyYG
小沢氏、定例会見にて福島県民の数百万人移住に触れる!小出氏も国民の生活が第一党を応援! (正しい情報を探すブログ) 
 at 10/18 11:14

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
避難者お話会 vol.1 浅野さんご夫妻は福島から避難。現在、阿武町在住。10月30日(火)http://t.co/6lzx2WJy at 10/18 10:42

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
浄水場へ行ってみました 山口市。放射能汚染への警戒。調査と学習がひろがる。すばらしい。http://t.co/gXopTcWJ at 10/18 10:39

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
上関原発中止求め要請書を県に提出 被爆二世の会など : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://t.co/U4mVwlOv at 10/18 10:06

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
これが復興支援なのか?浜松の震災ガレキ! http://t.co/oZfBNYTk at 10/18 08:55

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
日本は危ないのだ。危ないのは動いていなくても原発がすでにあるということ、さらにこんな政治家が動いて、原発推進で3・11を繰り返そうとしていること。「泥棒が鍵を握っている」状態の危険。http://t.co/FVe4LaIr at 10/18 08:44

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
http://t.co/FVe4LaIr こんなことをまだ言っていて政治家をやっている不思議。安倍晋三を下関(4区)で落とす方法はないのか、と質問されたけれどすぐには答えられないのが残念。私にわかるのは、3.11が西日本で起こればもう日本は住めなくなるということ。 at 10/18 08:40

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
「脱原発依存」というのは、選挙のときの方便。上関原発を進めたくて仕方がないのが本心だ。3・11はなかったことにしたい自民党。山口県民にとって3・11とは何だったのかが問われる。http://t.co/FVe4LaIr at 10/18 08:35

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
本音は建設推進。原発推進のための自民政権と堂々と言っているようなもの。 http://t.co/FVe4LaIr at 10/18 08:30

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
あったか村・炭焼きプロジェクト、3回目昨日はチェーンソーの使い方講習。講師は白松博之さん。分解とトラブル・安全対策。次の水曜日から木を伐りはじめます。 at 10/18 08:24

posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 ☀| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

2012年10月17日のつぶやき

posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

2012年10月16日のつぶやき


murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
小坂さんのエッセイ。同感。http://t.co/DX0JK9Glこの権利は天皇が与えてくれたものでもなければ、そこらに落ちていてたまたま拾ったものでもないのです。それは戦前の軍国主義や国家独裁社会に対して世界中の人びとの闘いで勝ち取った自由なのです。 at 10/16 14:40

posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

山尾三省さんの遺言。みっつ。個人運動。

昔、1997年〜98年ころだと思うけれど屋久島に通いつめたことがある。
最初は、長井三郎さんの『素泊まり民宿晴耕雨読』に泊まっていたけれど、そのうち、手塚さん夫妻と知り合って白川山に泊めてもらうようになった。
白川山では月に一度、集落の住民の集まりがあって、色々なことを相談したり決めたりして、後は焼酎を飲みながら、懇談していた。
私も数回、集まりに寄せてもらったことがある。
たまたま、山尾三省さんの隣りに座って、お話を聞いたり、水処理の仕事のことを尋ねられて答えていたことを覚えている。

今日のいのち・未来うべの会議で、個人の運動と市民運動のことが話題に出て、ふと山尾三省さんの遺言を思い出した。個人運動という言葉が出てくるのである。

で、そのとき、遺言の3つをスラスラと言えると思って喋り出したのだが、ど忘れてしてしまってふたつしか出て来なかった。弱りましたね、かっこつかないですよね。
すぐに思い出したが、もうみんな帰ったあとだった。

私のブログにも、水処理倶楽部通信にも載せていたのだけれど、リンクが切れているので、改めて全文を掲載して、ど忘れもしないようにしたい。

言葉が、今も生きているなあ、と感じる。
また、3.11以後の放射能汚染との対峙の時代には、またあらためて読みかえしたくなる。
3・11以後の時代について、生き方について、自分は今のようでいいのか。
「そうだ、その線で間違っていないよ」と言ってもらいたい人は、幾人かいるが、山尾三省さんもその一人だ。神田川の水が見た目にきれいになっても、それにも時間はまだかかるが、東京の水が放射能で汚染されては、いかんともしがたい。水だけでなく空気も大地もだ。
遺言の2番めを実現しなかったばかりに、福島の事故を引き起こしてしまった。
汚染された環境にしてしまった。本当に口惜しいことだ。

だが、その中で生き抜くとはどんなことなのか、考え実行しなければならない。
三省さんならどう考えどういう詩を書くだろうか。
それもまた考えてみたい。

=============================

以下全文。


子供達への遺言・妻への遺言

               山尾 三省

 僕は父母から遺言状らしいものをもらったことがないので、ここにこういう形で、子供達と妻に向けてそれ書けるということが、大変うれしいのです。
 というのは、ぼくの現状は末期ガンで、何かの奇跡が起こらない限りは、2、3ヶ月の内に確実にこの世を去って行くことになっているからです。
 そのような立場から、子供達および妻、つまり自分の最も愛する者達へ最後のメッセージを送るということになると、それは同時に自分の人生を締めくくることでもありますから、大変身が引き締まります。

まず第一の遺言は、僕の生まれ故郷の、東京・神田川の水を、もう一度飲める水に再生したい、ということです。神田川といえば、JRお茶の水駅下を流れるあのどぶ川ですが、あの川の水がもう一度飲める川の水に再生された時には、劫初に未来が戻り、文明が再生の希望をつかんだ時であると思います。

 これはむろんぼくの個人的な願いですが、やがて東京に出て行くやもしれぬ子供達には、父の遺言としてしっかり覚えていてほしいと思います。

 第二の遺言は、とても平凡なことですが、やはりこの世界から原発および同様のエネルギー出力装置をすっかり取り外してほしいということです。
自分達の手で作った手に負える発電装置で、すべての電力がまかなえることが、これからの現実的な幸福の第一条件であると、ぼくは考えるからです。


 遺言の第三は、この頃のぼくが、一種の呪文のようにして、心の中で唱えているものです。その呪文は次のようなものです。
 南無浄瑠璃光・われらの人の内なる薬師如来。
 われらの日本国憲法の第9条をして、世界の全ての国々の憲法第9条に組み込まさせ給え。武力と戦争の永久放棄をして、すべての国々のすべての人々の暮らしの基礎となさしめ給え。
 
以上三つの遺言は、特別に妻にあてられたものなくても、子供達にあてられたものでなくてもよいと思われるかもしれませんが、そんなことはけっしてありません。

ぼくが世界を愛すれば愛するほど、それは直接的には妻を愛し、子供達を愛することなのですから、その願い(遺言)は、どこまでも深く、強く彼女達・彼ら達に伝えられずにはおれないのです。
 つまり自分の本当の願いを伝えるということは、自分は本当にあなたたちを愛しているよ、と伝えることでもあるのですね。

 死が近づくに従って、どんどんはっきりしてきてることですが、ぼくは本当にあなた達を愛し、世界を愛しています。
けれども、だからといって、この三つの遺言にあなたがたが責任を感じることも、負担を感じる必要もありません。

あなた達はあなた達のやり方で世界を愛すればよいのです。市民運動も悪くないけど、もっともっと豊かな”個人運動”があることを、ぼくたちは知ってるよね。
その個人運動のひとつの形としてぼくは死んでいくわけですから。



---------------------------------------------
やまお さんせい
詩人。1938年東京神田生まれ。早稲田大学文学部西洋哲学科中退。
77年鹿児島県屋久島に移住。執筆と農耕の日々を過ごす。
エッセイ集も数多い。        
============================================================

 上記「遺言」、『MORGEN』2001年7月7日号より転載




posted by 村のトイレ屋 at 23:41| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日のつぶやき

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
アスベスト資料:東京労働安全衛生センター、東日本大震災後の被災地におけるアスベストの状況、石巻アスベスト・プロジェクト報告 http://t.co/2fzBVwuF at 10/15 01:07

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
アスベスト資料:厚生労働省 http://t.co/G8cWF63l 宮城県石巻市の被災建築物の解体工事におけるアスベスト除去作業について at 10/15 01:04

posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 | Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

2012年10月14日のつぶやき

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
メモ。豚のメタンガス利用の報告。ベトナム・フェ市。NGO http://t.co/JWxFnzpS とてもすばらしい。 at 10/14 11:06

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
メモ。【要請】メコン河下流本流ダム計画への日本政府の対応に関する要請  2011年12月1日 http://t.co/NQOrYemT at 10/14 09:56

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
メモ。原発輸出に反対するタイからのメッセージ
2011 年 11 月 30 日
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
http://t.co/dFz22jnN
 at 10/14 09:53

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
『次の日曜日、10月21日福岡市で。「今すぐやめ ろ、がれき焼却。生命を守れ、西日本」行動』|http://t.co/CGUqK259 at 10/14 07:31

posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 | Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

2012年10月13日のつぶやき

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
『えっ、誰もマスクをしていないよ。東京は、池袋の雑踏の中で考えた。』|http://t.co/MxAg6iWQ at 10/13 22:17

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
http://t.co/pp3B4qmr
下水汚泥の放射能汚染の問題は、隠されたまま表面化しないようにしている。
 at 10/13 21:27

posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 | Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

2012年10月12日のつぶやき

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
だから市民の監視と取り組みが必要なんだ。県職員の無自覚にまかせていては、宝の持ち腐れ、いざというときになんの役にたたない。SPEEDyの愚の繰り返し。このブログ必読です。http://t.co/BeVHbAGN at 10/12 10:28

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
山口県と山口県職員を信用していた不覚。
見張りが見張りの役割を全然自覚していない。なんのための環境政策課!?なんのための機器。すごいことを発見したブログ。
http://t.co/BeVHbAGN 
 at 10/12 10:26

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
山口県を信用していた不覚。恐ろしいことを知ってしまった。なにか起こっても対「山口県職員の人は地理的に海が見えませんので、障害物なしで海をこえて煙が飛んでくるイメージがわかない・・。震災がれきのことはみなさんご存知でないご様子でした。」
http://t.co/BeVHbAGN
 at 10/12 10:22

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
「酵素やEM菌が放射線障害に有効か」 ――まともな常識の整理―― http://t.co/IeBqRKE3 at 10/12 09:09

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
多くの場所で放射性セシウムを検出。
わざわざ汚染の少ないところに持ってきて燃やしたり、埋め立てたりするのは事故以前の法律に基づけば犯罪行為である。http://t.co/6CDhWRZL
 at 10/12 08:56

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
国が犯罪を犯し、地方自治体もまた犯罪を犯す無法者社会になっているのだ。小倉は「無法松の一生」の舞台であるが、自治体や国のやっていることに比べたら、主人公の方がなんと純情なことか。
http://t.co/6CDhWRZL
 at 10/12 08:55

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
下関市彦島、宇部、山陽小野田も測ってほしい。http://t.co/6CDhWRZL at 10/12 08:53

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
『げぇ!これが月額家賃!?4400万円。』|http://t.co/bmgHnqVf at 10/12 08:43

posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

2012年10月11日のつぶやき

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
『「アエラ」10月15日号に飯田哲也さん』|http://t.co/Tu8fytYA at 10/11 21:23

posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 ☀| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

2012年10月10日のつぶやき

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
『あったか村:炭焼きプロジェクト2回目、前に焼いた炭を出す』|http://t.co/lXoWJLzj at 10/10 23:31
posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

あったか村:炭焼きプロジェクト2回目、前に焼いた炭を出す


2回目10時集合で、着替えて開始。
男4人。
12時過ぎに終了。

前に焼いて放置していた炭を全部出した。
薪のように生のもの、
立派な炭になっているもの、
分類して保管する。

薪炭と呼ぶ以外にないものは、少々煙がでてもストーブで使えば大丈夫だ。
よくできた炭は、火力が強く、燃える色がとても良い。

今週も、山田フルーツファームに立ち寄る。
依頼していた木の苗を受け取る。
来週植える予定だ。

萩に寄り、萩の宿常茂恵で、まちの駅萩のことを相談。

宇部に帰り、福島の子どもたちとつながる宇部の会の定例会に参加。

山下俊一・福島医大副学長は、子どもの甲状腺検査でセカンドオピニオンを認めないと言っている。これは、大きな犯罪ではないのか。






posted by 村のトイレ屋 at 23:30| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

2012年10月08日のつぶやき

murano_toireya / 村のトイレ屋  K.ANDO
『土に戻せないものをつくるな!モンゴル研究者の怒り。』|http://t.co/F5OfXzgS at 10/08 21:33
posted by 村のトイレ屋 at 00:01| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする