2017年10月24日

疲労回復には、

閑話休題

選挙の活動で疲れた。
気分の弛緩と回復には、小説がいいので手元にあった中島京子さんのものを読み始めた。

体は、やはり食べ物だろうと思って、
ふと大昔の少年時代にひたたすらご飯を食べて疲れをいやしていたことを思い出し、
昼飯に3合炊いて、ゆっくり食べていたら、食べつくしてしまっていた。
でも、疲れはあまりとれず、眠いのとやや胃が痛むのとで困ったことになってしまった。

宿題山積だけど、あすとあさっては、ときわ公園の山羊当番だし、
じたばたしても仕方がないので、もう寝ることにする。





posted by 村のトイレ屋 at 22:03| 山口 ☀| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

データ。前回の衆議院選挙の3区と4区。

前回は、2014年12月14日

安倍離れが加速する中で迎えた選挙。
たたかうには、まず前回の票を見つめることから。

山口県選挙管理委員会のサイトから
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/senkyo/data/h26shuin/BS_KAIHYO.htm

衆議院選3区−4区.PNG



数字の好きな人、得意な人は、足したり引いたりして、
今回の選挙の状況をさらに重ねて分析をしたらどうでしょうか。
とりあえず、山口県3区と4区。

3区は、いわゆる一騎打ちの攻防。
票は分散せずに、安倍批判票・疑問票と支持派にはっきり分かれるでしょう。
野党と市民票が、浮動票をひきつけ投票率があがれば、勝機は十分あります。
「沈む船からは早く逃げるのがよい」とある自民党支持の企業関係者が語っていました。
それを露骨に言えないので、Kさんももう長いからいい加減道を譲ったらいいのに、というそうです。

4区は、前回、安倍:反安倍=10:3.1 でした。
今回は、候補乱立と言われ心配する人もいるでしょうが
相手は現職の総理大臣。地元で批判票が支持票を上回れば
政権が維持できるはずもありません。
反安倍票>安倍票。
あの疑惑まみれのアッキーが街を平気で歩いている異常な街、下関。
黒川さんの投じた一石が広がることを期待します。

自分の願望を書いてしまいました。
冷静な分析は、みなさんでどうぞ。
posted by 村のトイレ屋 at 08:56| 山口 🌁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

人は、どこまで変わることができるのか?

たとえば、60歳を越えて、
今までの人生を振り返り、生き方を変えてみようとする。

その場合、どこまで変わることができるのだろうか。
今までの生き方に反省があったとしても、
もういまさら変えられないよ、と慣れ親しんだ思想やライフスタイルに
どっぷり浸かって生きていくものだろうか。

なんたって、それなりにできあがっているんだよね。
今更、変えろって言われたって、辛いよ。

では、原発に対する評価はどうだろうか?

2011年3月11日。
福島の事故は、日本と世界を破滅に、追いやるほどのものだ。

この事故に同時代に生きてきて、
やはり、今まで通りの生き方でよかったのだと断言できるのだろうか?

いやぁ、もう勘弁してよ、もう墓場は近いのだし静かに余生を送らせてよ、
とつぶやいて、じ〜と頭をすくめているのだろうか?
子どもや孫のこともあるが、
明日、いや今このとき、
原発震災によって逃げまわることも十分あるのだ。
ある友人は、福島からの教訓として、
ともかく夜寝る時は、車が満タンになっているかどうかだけは確認するようになったよ、と言った。

とすると、やはり生き方を変えていることは間違いないのだ。
311で見えてきた日本社会の地肌は、今までの生き方をみなおすことを告げている。
知識としか知らなかった815以前の社会と311を生んだ今の社会は、連続線でつながっていた。

人は、どこまで変わるのだろう。
英語を習い始め中学校のときに
彼は昔の彼ならず、
という言葉をうれしがって、使っていたときが、あったが、
今も、あちこちで言いふらしたいような気がする。
その私の気楽さは、根が中学校時代とあまり変わっていないということか。




posted by 村のトイレ屋 at 08:55| 山口 ☀| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

木枯らし紋次郎は、44年前だって!

中村敦夫さんの木枯らし紋次郎

一世を風靡したのは、44年前なんだって!

若い人は、知らないはずだ。

私がよく知っているということは、

・・・えっ、俺らってもうそんな年なんか。

いのち・未来うべ
中村敦夫さんてどんな人ですか?
http://blog.goo.ne.jp/nonukes2013/e/662ef3349ac03bb3dcd702cf16d9c4fd

紹介されている毎日小学生新聞を全部読んでしまった。
中村敦夫さんは、僧侶にもなったんだそうな。

posted by 村のトイレ屋 at 11:32| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

包丁と砥石(下司さんを追悼して)

下司寛さんが7月19日に亡くなった。
22日に周南であった葬儀に参列した。

2013年の夏ぐらいからよく会うようになった。
今年4回目になる上関原発を建てさせない県民集会の準備を毎年一緒に行った。
原水禁の岡本博之さんとともに、事務局次長という役割だったので打合せも結構あり、雑談などもするようになった。

下司さんは、選挙運動のときには事務所に包丁を持って行くという話を聞いた。
もちろん、刃傷沙汰のためではなくて、料理のためだ。
葬儀のときにも、どなたかがこの話をしていて、台所に入って、その日買ってきた魚をたちまち3枚におろしてみんなにふるまったそうだ。土佐の高知の生まれの人には多いそうだ。

選挙は、コンビニ弁当でなく手作りの料理が一番が持論。
これは私も、佐賀県知事選や周防大島の田中さんの県議選の手伝いで、本当に実感した。
男女の関係なく適宜チームをつくり、面倒でも、食事は自前のものを用意し、食堂で候補者を迎えるのがいいと思った。そう思った私は、下司さんのように包丁を振るうほどの腕はないので、砥石で包丁を研ぐくことに専念した。作業の合間合間に包丁を研ぐのである。
周防大島では、重宝されて、事務所に出入りする主婦が包丁をもってきて研がせてくれたこともあった。

下司さんに、この話をしながら、互いの料理のレパートリーを比べあったが、全然話にならないくらい格段の差があった。数の少ない私は、味噌汁も奥が深いよ、と突っ張ったが、ふふっと笑っていた。
「それはそうと、ぜひ、あったか村に連れってほしい。山の中の電気のない小屋で泊まるのもいいよね」と言われていたことを今、思い出した。七輪の炭と竈の薪の料理を何か考えようと計画していたのだ。
それは、永遠に叶わぬことになってしまった。

なぜだか波長がよくあった。
同じ世代ということもあるだろう。
論議をふっかけてもじわ〜と受け止めてくれるところが私にはありがたかった。
私は、夏には強くて暑くても体は大丈夫だけれど、今年の夏は、夏の入り口でいきなり大きな支えを失い打撃を受け、悲しみと喪失感で全然元気が出ない。年をとると体の痛みや疲れが遅れて出るが、心の傷もそうなのだろうか。だんだん、悲しく憂鬱になる。戦争や核による被曝、人々の犠牲の上になりたつ原発。世の中を変えたい。それを願う道半ばで倒れた多くの人々も去来する。それが悲しさを誘うのだろうか。そうならば、若い草地さんの追悼文に励まされながら、意志を引き継ぐことに気持ちを向けていかねば。

これから包丁を研ぐ度に下司さんのことを考えるだろう。
あの世で会うときには、料理のレパートリーを少しは増やして、ちょっとは自慢したいものだ。
もちろん、愚の骨頂、上関原発計画などは白紙に戻り、原発に頼らない社会をつくり出す見通しがくっきりたっていることも報告したいものだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 草地大作さんから追悼の言葉が寄せられましたので掲載します。
 草地さんは、2013年から2015年にかけて、上関原発を建てさせない山口県民連絡会の事務局長として、下司さんとともに県民集会の成功に取り組んできました。


  上関原発を建てさせない。
  下司さんの意志をともに引き継ぎましょう。

                           草地 大作
皆さん、大変ご無沙汰いたしております。
愛知県名古屋市の草地大作です。
 下司寛さんの突然の訃報に接し、言葉を失っています。
 山口を離れても 上関原発のこと、皆さんの粘り強い運動、上関原発を建てさせない山口県民大集会が継続していること、とても 喜ばしく受け止めてきました。
 このたびの、下司さんの訃報を受け取り、これまでのご無沙汰をお詫びしつつどうしても一言お悔やみの言葉を述べたく思います。
 下司さんとは、上関原発を建てさせない山口県民連絡会が結成 される以前に、原発ゼロの会やまぐちが立ち上がった頃から行動を共にしてきました。全県的で統一的取り組みをという願いを実現するため、一度仕切り直しをした方が良い、と提案したわたしの声を、下司さんは否定することなく聞いてくださり、「では一緒に、自治労県本部に出かけましょう。そこで共に行動するための話し合いを しましょう」と提案してくださいました。

 あの話し合いがなされたのが 2013年9月だったでしょうか。あそこから、上関原発を建てさせない 山口県民大集会は動き出しました。下司さんの懐の広さ、包容力、 そういったものが、全県的な上関原発を建てさせない活動への 扉を開く大きな力だったことを思い返しています。

 被曝72年の記念日を前に、過労がたたったのでしょうか。本当に たくさんの方々が、悲しんでいらっしゃることと思います。わたしも その一人です。どうか、下司さんの魂が今、平安でありますように。
 上関原発を建てさせない山口県民大集会にとっても、重要な働き人の 喪失は大きな痛みとなろうかと思います。でも、どうかこんな時こそ、皆が持てる力を寄せ合い、下司さんの遺志を受け継いでいただきたいと 勝手ながら思っています。離れた場所にいる人間が何を言っているか、と 思われるであろうことを承知の上で、今、エールをお送りします。

 上関原発は絶対に建てさせてはならないとの思いを、名古屋の地で 共有しつつ、わたしもできる協力をこれからもさせていただきます。
 心から、下司さんのご冥福をお祈りしつつ、共にその遺志を受け継ぎ、 上関原発を建てさせないための活動を継続していきましょう。

 皆さんの悲しみの上にも慰めがありますように。 (2017年7月20日) 

〜〜〜〜〜〜〜
下司さん2.jpg


下司さん.jpg

posted by 村のトイレ屋 at 23:50| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

「目は臆病、手は鬼。さあ、やっぺし」

毎日新聞の経済観測、御手洗瑞子さんのコラム。
https://mainichi.jp/articles/20170519/ddm/008/070/064000c
〜〜〜引用〜〜〜
東日本大震災後、この地域では、将来のめどが立たない不安や、親しい人を失った悲しみを抱えて暮らす人がたくさんいた。そんなとき、料理でも編み物でも庭仕事でも、手を動かす作業に没頭することで心を落ち着かせている人は少なくなかった。手を動かすことがときに人の心を救うことを経験的に知っていたのかもしれない。それを思うと「目は臆病、手は鬼」という格言は、大変な状況にある人に「さあ、手を動かそう。そうしているうちに元気になるよ」と励ます意味もあるのではないかと感じる。
〜〜〜引用終わり〜〜〜〜

御手洗さんは、気仙沼ユニットの創立、経営者である。
2011年の4月頃から数回通った気仙沼、陸前高田を思い出した。
みなさん、どうされているだろうか。
「「目は臆病、手は鬼。さあ、やっぺし」ということばと一緒に思い出した。

この話を哲学好きの友人に話すと

「目に入ってくる、そして見えるものは、雑多な現象。表層だね、
そして、手というのは、実践。
その間に、実は元気になるもと、本質の認識があるんだよ。
その本質的な認識に至る道は、実践を通して得られるもの。
深い言葉だね、わけもわからず難関に挑む人間の健気さと勇敢さを表しているねぇ」

とのたまわった。
ああ、こういう議論好きには言わないほうがよかったかなあ、と思ったが後の祭りだ。

私の場合は、仕事で、トラックいっぱいの土壌を移動する作業のときにこの言葉を実感したことがある。重機を使えなくてスコップと手押しの一輪車だけが道具だった。
本当に、直前にはビビったなあ。
でも、手足使ってやっているうちに終わってしまった。
そのときの達成感は、今でも残っている・・・今、その体力があるかどうかは別問題だが。

相次ぐ原発の再稼働、上関の公有水面埋め立てと本体工事のためのボーリング調査、福島や東日本ではますます保養の必要が高まっている、なんにも解決していないのに被ばくの実態を抑え隠し続ける政府、東電、自治体。原発と放射線防御の課題だけでも山積している。加えて、昨日の共謀罪、衆議院法務委員会の強行採決、戦争準備のための治安・監獄社会、憲法9条を骨抜きに自衛隊を国防軍にするための憲法改悪、その張本人が山口県選出。教育勅語の礼賛者。森友、加計学園問題。若い人が、活動に参加できない。若者の雇用問題。・・・
ちょっと指を折って見るだけでもすぐに10や20はなってしまう。

ひやぁ〜、目が臆病になって、体も心もすくみそう。

でもまあ、こういうときにこそ、
手を鬼にして、ひとつひとつをやっていこう。

脇から、声あり、
「あんねえ、まず掃除よ。それから台所のものをちゃんと洗って、
あれこれ考えるのは、その後ね」

「はい、はい」







posted by 村のトイレ屋 at 11:22| 山口 | Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

安倍支持をめぐって

ある地域交流センターでの、集まりで、

「あのねぇ〜、今どき、安倍総理を支持しない人がいるんですって?変な人ねぇ」
   
「あのねぇ〜、今どき、安倍総理をまだ支持している人がいるんだって?変な人ねぇ」

同じ建物の中の、別の集まりで出た声だったとのことです。

ちなみに、山口県での話です。



posted by 村のトイレ屋 at 21:12| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

【山口の温泉】柚木慈生温泉

山口県のいい温泉はどこ?
という問合せがありました。
柚木慈生温泉 と答えておきました。

山口県には原発(原子力発電所=核発電所)はありません。
瀬戸内の上関町に計画がありますが、まだ建っていません。
祝島の人を先頭にみんなで35年間止めています。
山口県当局と知事は、この有数の観光地に核発電所を建てようとしています。
厳密には中国電力の計画を海の埋め立て許可を出すことで容認しています。
福島の事故があったのに、原発と観光政策が両立するという感覚が理解できません。
でも、再度いいますが県民の力で止めているのでまだ原発は建っていません。

しかし、近隣では、
島根県松江市に島根原発
愛媛県伊方町に伊方原発
佐賀県玄海町に玄海原発
鹿児島県川内市に川内原発
があります。
原発事故に県境はありませんので、稼働状況、事故情報などを確認の上、お越しください。

柚木慈生温泉
山口市徳地柚木2178
営業時間 10:00〜20:00
定休日 毎月5日、18日
お問い合わせ TEL:0835-58-0430

参考
山口市観光案内
http://www.yamaguchi-city.jp/details/ca_yunoki.html

評判記 
秘境、神秘の湯・・・
http://www.hikyou.jp/detail.php?shid=30330

私には昔ながらの世俗の湯で、まあそれで十分です。
国道315号沿い。連休は混みます。
posted by 村のトイレ屋 at 17:43| 山口 🌁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

食べ物占い

わたしには、占いの能力がある。
このことは隠しているわけでも宣伝しているわけでもない。
人に知られていないのは、私のためだけにしか使っていないからだ。

食べ物を食べていて、おいしいなあ〜と一息入れたときに聞こえる声に従うといいのだ。
先日、豊北町角島のパン屋さん(島のパンたまや)でパンを食べているときに啓示のような声が私に降りてきた。

「今日、コースを変えて寄ってみれば彼に会えるはずだ」

彼とは、もう4年くらい会ってない。
献身的にさまざなことをやってくれた若い人で、消息が途絶えているような形になっていて心配していた。
一度、2度と行ってみたことがあるのだけれど、不在で会えなかった。

占いに従って、コースを変え、山羊を見る公園もさっさと切り上げ、農免道路の近道を走り、彼の家に寄ってみると、

ちょうど、庭先で作業をしているところだった。

美味しいパンの占いは見事にあたった。

会うだけでよかったので、互いの近況を手短に話しあって別れた。

身も心も軽くなった。


この能力を人にも分けてやりたいが、そうすると美味しいものを要求することになるのでやめておく。

角島でのようにばったり見つけるのが気が楽だ。




posted by 村のトイレ屋 at 21:17| 山口 ☀| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

角島の地元のパン屋さん


角島1.jpg


角島2.jpg


角島3.jpg



仲間とふたりで、3.25県民集会のチラシを配布に豊北町に行き角島に渡りました。
市役所の支所の側にパン屋さんがありました。
美味しいそうなパンとコーヒーの香りに引き寄せられ、ここで昼食にすることにしました。

島の出身ではなくて、交番の勤務で角島が好きになり、退職後準備して、今か今かと待たれながら昨年11月にオープンしたそうです。これは、お客として喫茶室に座っていた地元のおばさんが話してくれました。
うなずきながらマスターが、「観光客用というより地元の人向けの店」と語っていました。
原発のことが話題になって、島のおばさんが豊北原発を止めた話をしてくれました。
約40年前のことだそうです。

工房ではマスターの奥さんがパンを焼いていました。
自分でつくったという本棚に本がいっぱい並んでいました。
窓の外にツリーハウスが見えました。
海がとっても澄んで見えました。

豆から淹れてくれるコーヒーが250円、パンもとても安く、しかも美味しかったです。
オープンは、水木金。「10時から〜なくなるまで」と看板に書いてありました。
ハイジのパンを土産に買って帰りました。


posted by 村のトイレ屋 at 21:32| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

川柳 芋粥さんの「想定内」

昨日は、岩国に岡本正彰さんと行って、アピールをしてきました。
今日は、「日本と原発 4年後」上映会 山陽小野市図書館で
午後の部の駐車場案内を手伝います。
その後は、家のことをいろいろと片付けます。

さて、2月12日、今朝の仲畑流万能川柳(毎日新聞)

原発に次事故あれば想定内   神戸 芋粥


そうなんですよね。
これはもうみんなわかっていることなんですね。
私が、つい先日書いたのも、このことを言いたかったからです。

間に合うのか、再びの日本の原発事故
http://atta-an.seesaa.net/article/446859994.html

な〜んだ、みんなそう認識しているし、それが常識にもなっているんだ、とちょっと肩の力が抜けました。

でも、再稼動の流れは止まっていないのです。
次、事故が起こらない保障はどこにもないのです。
稼動していないからといって、地震や火山に安全という保障はどこにもないのです。
原発=核発電所=核貯蔵庫に、戦闘機が墜落しないという保障もないのです。
これらは、全部 想定内

一部専門家の判断でなくて、川柳に載るくらいの国民みんなの共通認識としての「想定内」です。

それなのに、原発回帰の流れを止められないとすれば、私たちはいったいなんなんだろうか?

考え込んでしまいます。


posted by 村のトイレ屋 at 09:58| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

トイレの注意書き

これ、どうやって水遊びするのだろう〜????〜〜〜〜〜

トイレで水遊び?.jpg


年末年始、考え込んでしまって、なんにも手がつかなかったのですよ。

仮にも、「村のトイレ屋」を名乗り、

トイレ関係の講演なんかもやってる身としては、

考え込んでしまうわけです。

う〜ん、本当にどうやって水遊びをするのだろう。
禁止をするからには、遊ぶ人がいるからでしょうが、はてさて、どうやって遊ぶのか?

不思議。見当もつきません。
言っておきますが、水遊びを決してすすめているわけではありません。

う〜ん、わかりません!!!

写真は、公園の公衆トイレが数多く設置されていることで有名な某市某施設。

〜〜〜〜

暮らしの中から脱原発  
  講演を引き受けます。
安藤 公門
○ 暮らしの中のトイレ、里山生活と肥溜めと畑の循環
○ 暮らしの中の脱原発 「トイレなきマンションをトイレから見ると・・・」
○ タイの農山村のトイレつくりからみた未来型社会〜糞は資源だ〜
プロフィルは、このブログを読んで下さいね。

岡本 正彰
○ 障がい者と原発事故の避難計画 〜最善の避難計画は再稼働中止・原発ゼロ〜
○ 障がい者の保養 宇部の経験を障がい者として振り返る
○ 戦争と障がい者 〜ナチス思想の台頭は許せない〜
プロフィルは、フェースブックで「岡本正彰」を検索してくださいね。

二人がコンビでうかがいます。
テーマと時間は、ご相談によって設定します。
5人程度のミニ集会からお受けします。
交通費と遠方の場合は宿泊費のご負担をお願いします。
講演謝金は、ご相談に応じます。

連絡 私宛にメールをください。
ando-maipenrai★nifty.com   ★を@(半角)に変換してください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


posted by 村のトイレ屋 at 22:28| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

諸行無常

今日は、下関市でニッコリパレード。
リトル釜山の行事と合わせて始まった日韓友好の行事。
宇部からも仲間が参加します。

また、瀬戸内海をカヌーで小豆島から祝島まで横断している原康司さんたちのチームが、今日か明日か、祝島に着くころ。

私は、今日からふたたび山羊・羊の日。宇部ときわ公園の除草です。

http://www.city.ube.yamaguchi.jp/houdou/kouen_ryokuchi/h28/yagijyosou02.html
今日は、私の当番。

山羊の顔を見て山羊の事ばかり考えて暮らしたら気楽だろうなあ
とつぶやいたら、
人間としてやることをヤッてから、そう言って!
と山羊に睨まれた。
はて・・・

昨日、『今こそ原発の廃止を〜日本カトリック教会の問いかけ』が届いたので読み始めました。

他の宗教の取り組みの中に仏教の大谷光真さんの言葉が紹介されています。P221。

「日本は世界でも有数の火山・地震・津波大国です」「原発のあるところだけ変動を免れるとは考えられません。・・・・・・諸行無常が当てはまらない場所などあるのでしょうか。」

福島で今なお、過酷事故に苦しみ、さらに昨日の地震によって不安なときを送っている友人・知人のことを思いながら、この言葉は心に響きました。

諸行無常と唱えながら今日1日を送ります。











posted by 村のトイレ屋 at 07:13| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

ツルシイ(ホーリィバジル)

ツルシイ(ホーリィバジル)は、デトックスにいいのだそうだ。

周防大島で田んぼでグロをみんなでつくったときに持って行って飲んでもらいました。

「毒消しにいいんですよ」

「じゃあ、◎◎さんは、全身消えてしまうね」

「えっ!?」

という会話がありました。

誰が、◎◎さんに言ったのかのかは、秘密ですが、
彼女は破顔大笑。みんなも大笑い。

でも、
「東京の首相官邸にこそ、いるんじゃあないかね」
「いいや、あそこには毒消しのような体にいいものでなくて、毒そのものじゃあなくちゃあ、
だれもおさまらないだろうねえ」
という会話になって
またまた大笑い。

国会では、連日TPP論議。
ラジオをかけっぱにしながら農作業、合間のお茶では
日本全国の田畑で、こんな会話がされているのでしょうね。


posted by 村のトイレ屋 at 08:42| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

周防大島〜祝島のツアー

宇部の仲間、岡本正彰さんと2泊の瀬戸内ツアーです。

もう一人、祝島で合流する予定です。

講演会の資料、パワーポイントはなんとかできました。

参考文献のリストと短い引用を作りました。



posted by 村のトイレ屋 at 22:57| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

一粒の麦

Bさんへ、ご無沙汰しています。

周防大島で行う9月17日の「糞は資源だ」の講演会の準備をしています。

聖書の有名な「ヨハネによる福音書12章24節」
よくよくあなた方に言っておく。一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる。

という言葉をキリスト教徒でもないのに、考えています。

行き詰まっているのは、直感的に「糞は資源だ」と関係ありそうな気がするのですが、いきなりそんなことを言い出しても、だれも納得しないだろうし、牽強付会になってしまうことはわかっています。

今回、少し紹介する安藤昌益は、キリスト教を知っていただろうか?という疑問も湧いてきます。
仏教、神道、儒教に対して猛烈な批判を行っています。

でも、「一粒の麦」の表現は、なにか安藤昌益に近いものを感じるのですが、
今の段階では、よくわからないのでなにも触れないほうがいいだろうとも思います。
しかし、せっかくの機会なのでなにか調べてみたい誘惑にかられて時間がどんどんたっています。

糞尿に対して、親近さを感じる文化と忌避するする文化とをあえて分けて考えれば、韓国(朝鮮)、中国、日本は同じ文化圏に入ります。キリスト教文化圏とその影響を受けたアフリカやキューバ などは、忌避する文化圏とされているようです。(嘉田嘉子さん、坂本太郎さん)
でも、イギリスでも、糞尿活用の事例は報告されているし、一概にきめつけられません。

自然の中で自然とともに生きていくのが人間だから、そんなに違いはないのではないか、という大雑把な論も魅力的です。自然に対抗対決し生まれてきたのが、ヨーロッパ近代文明で、東洋は自然に順応し調和的だという論も整合性はありますが、実際にはどうなんかなあ、という気はします。実証的な研究が少ないからあれこれ言ってるような感じもあります。どちらにせよ、火の使用から蒸気機関の発明を経て、核兵器や破滅的な核発電・原発まで行きついた現代文明は、反省の道をたどり直すこと以外に再生はないというのは確認できることです。とくに、福島原発事故を経験し今なお未解決のまま抱え込んでいる日本は、とくにそうでしょう。

たどり直す場合、この地球で自然の中で人が生きていくとはなにか?自然と人間、人間と人間を考えるのが糞尿論を構成すると思うのです。「糞は資源だ」という場合、人間にとって資源として役に立つということも含意していますが、地球上の生物、地球そのもの(土壌)にとっての意味もあります。跳ね返って人と人の関係、社会のあり方も対象になります。とくに都市の浪費ですね。
ここまで考えて説明をすると、「一粒の麦」も少しは自然と生命の循環的な意味合いを帯びてこないでしょうか?

「全然。聖書にはそんな解釈はない!」と言われれば、「はあ〜、やはりそうですか。」と言う以外にないのですが、キリスト教の説教をされる人にも、こんな人がいるからもう少し諦めずに考えてみることにします。
それは、こんな説教です。
http://www.ne.jp/asahi/church/sasebo/youshi04'04_18.htm

「狭き門」「糞門」「命に通じる門」がキ−ワードです。
今度、時間をとって、この辺りのことは教えてください。
 ではまた。

参考 以前のブログ(メモ)
http://atta-an.seesaa.net/article/185430534.html

               















posted by 村のトイレ屋 at 20:38| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

静かに語る

ある人からのアドバイス。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
沈黙は、無視される。

絶叫は、嫌われる。

あなたは、もともとの素地はお笑い系だが、
軽くミられるだけで終わっている。

あきらめず、投げ出さず、静かに語り続けるのがいいと思うよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜

まあ、どっちにせよ内容が問題なのだと思いますけどね、と答えておいた。

やはり、しっかり勉強して考えることがすべてだ。
5月21日の紀藤正樹さんの講演を聞いて、そう思った。
日本国憲法の歴史的な流れ、論理的な整理。
目からウロコが落ちることがいっぱいだった。

そういえば、紀藤さんの語り方も静かな落ち着いたものだった。

posted by 村のトイレ屋 at 10:52| 山口 ☀| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

山は動くのか、動かすのか。

先週の日曜日に宇部市小野の上宇内でお世話になっている人の納屋の片付け作業を仲間とした。
そのとき、大きな石があって、どうしても動かさないといけないことがわかった。
二人で蹴ったり抱えようとしたりするけれど、びくともするようなものではない。
でも、私たちは、ピラミッド以来の知恵、テコの原理を幸いにも知っていたので、頑丈な棒を探し、レンガと硬い石をすえ重い石の下に差し込み、何回か繰り返して、その石をひっくり返して移動させたのであった。

そのとき、ふと、石を動かすのがこんなに大変ならば、山はもっと困難なことだなあと思って、一瞬、土井たか子さんの名言、「山が動いた」が頭をよぎった。そして、あれは、「山を動かした」でなくて、「山が動いた」でよかったのかなあという疑問がわき調べてみた。
この言葉は、土井たか子さんが社民党の党首に就任して3年後の1989年参議院選挙のときに発せられた。「マドンナ旋風」が吹いたと言われた選挙だ。もう30年近くがたっている。
当たるとやはり「山が動いた」でよかった。

さて、昨日のことだが、齋藤孝著『声に出して読みたい日本語』をチラチラ読んでいたら、与謝野晶子の「山の動く日来る」が紹介されていた。(p36)
解説には、『青鞜』の創刊号の巻頭に掲載されていたと書かれている。ネットの青空文庫では、題は「山の動く日」となっている。与謝野晶子の詩を土井たか子さんは知っていて、十分意識して使っていたことが、詩の内容から推察される。もちろん、土井さんの文章かなにかがあれば実証できるのだろうが、今は調べる時間がない。当時から、ついこの間まで、私はそんな背景も全然知らずに、いい言葉だなあと思っていただけだった。もちろん今度の夏の参議院選挙で山が動くことを強く期待している。

それにしても、「山は動くもの」で「人の力で動かす」ことはできないのだろうか。動かせるとすれば、そのテコはどこにあるのだろうか。

参考:青空文庫 与謝野晶子 
http://www.aozora.gr.jp/cards/000885/files/2557_15784.html





posted by 村のトイレ屋 at 11:06| 山口 ☀| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

林神父語録、追加

今日は、1日山羊に会えなかった。
羊にも会えなかった。
残念なことだ。

ふと、林神父のことを思い出した。
先日の講演会で、こう言っていた。

若者の反乱のないところには、死相が広がる。
老人の反乱のないところには、絶望の砂漠が広がる。
そして、女性に反乱のないところでは、生命が枯れる。


とくに高齢者の沈黙は、笑止だ。
何を失うというのだろう。
悔しさと沈黙を墓場まで運んでなんになろう。

言いたいことは、今、言っておくことだ。

posted by 村のトイレ屋 at 23:32| 山口 ☀| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

調べたらこんな人がいた。纐纈(こうけつ)という名前。

こうけつ厚さんは、名前が覚えにくいが、一度覚えると忘れない。

私の友人はたいてい口が悪いが、そのひとりは

こうけつあつ 高血圧 と覚えてしまったほうが忘れがたいよ、という。

で、纐纈さんの出身地の岐阜やその他、纐纈姓のみなさんはどうしているのかと思って調べたら
こんな人がいた。

纐纈歩美さん
検索するといっぱい出てくるサックスの実力者だ。
美人ナントカという売り出しが不要ということだ。

名前について、こう答えている。
〜〜〜〜〜〜〜
『纐纈歩美』。姓が難しい? 「本名です。最初はひらがなとか、“AYUMI”なんて案もあったんですが。堂々とやっちゃおうって。インパクトもあるし、逆に覚えたら忘れないし、ね」。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私たちのこうけつ厚さんも一度憶えてしまえば、忘れるものではない。

参考
【纐纈歩美】“美人サックスプレーヤー”というレッテル
http://www.zakzak.co.jp/people/news/20110421/peo1104211615000-n1.htm

posted by 村のトイレ屋 at 13:07| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする