2012年02月23日

萩市のチケット売り場。小出さん講演会

お待たせいたしました。
萩市に小出裕章さん講演会のチケット取扱場所ができました。

萩市のみなさん、ぜひお早めにお買い求め下さい。

喫茶 蔵    チケット チラシ ポスター

http://www.hagi.machi-navi.jp/html/gourmet_115.html
山口県萩市南片河町56
TEL : 0838-21-1007
11:00〜18:00
(休)火・水曜日(祝日の場合営業)
駐車場 : 普通車 5台


La Ceiba 萩・商店街の自然派カフェ&バー  チケット チラシ ポスター

http://laceiba.cocolog-nifty.com/
[営業時間] 
月・火・水 11:30 - 14:30(LO) 木・金・土 11:30 - 14:30 (LO) 18:30 - 22:30 (LO)
日曜日と第3月曜日 定休
萩市東田町92
TEL 0838-21-4331 FAX 0838-21-4332 



ポスターとチラシ
萩市民活動センター「結」
http://www.haginet.ne.jp/users/sikatu-center/
TEL (0838)24−0161
FAX (0838)24−0162
萩市大字西田町5番地






posted by 村のトイレ屋 at 23:15| 山口 ☁| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

東京新聞の小出さんの記事 1月9日

東京新聞は、なかなかいい新聞だと聞いてはいたのですが、入手できなくてどうしたものかと思っていたら知合いがこんな記事を送ってくれました。


小出さん東京新聞2-20120109.pdf



posted by 村のトイレ屋 at 20:15| 山口 ☁| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「じわ〜と効く薬」

2月16日(木)環境サロンで行われた安渓遊地さんの報告。

ある人の感想。
「文化人類学者ときいたのでなにか難しい話があるかとおもったら、身近なことからゆったりと話をはじめて、感覚と感性を大切にした話で、わかりやすかった。じわ〜と後で効いてくる薬のようだ」

な〜るほど。
うまいこと表現しますね。
安渓さんのお母さんが「非国民」と言われていたこと
津野幸夫さんの祖父が、百姓としてアメリカの刃物(剪定バサミ)をみて「こんな農具に立派な鋼を使う国に戦争で勝てるはずがない」と思ったこと。
祝島の人たちは、孤立した自己完結の世界にいるわけでなく、「世間師」として広く世界をみて判断していること。
その中には、原発労働者として原発の現場で危なさを体で知っている人がいたこと・・・

多くの事例が、具体的な現場でのするどい判断のもとになっているのでした。

話は、変わりますが、昨日、小出さんの講演会のチケット売りなどを手伝いたいという人が銀天エコプラザに見えました。
お話をきいてみると、昨年3月の小出さんの講演会を柳井市で聴いて感動し、ぜひ宇部でも開きたということでした。
すでにチケットを20枚近くさばいていて、さらに本格的に取り組みたいので、とおっしゃっていました。

よく考えてみるとこんどの小出さんの講演会を開こうといったのも、それなら私も一緒にやるといったのも、3月の柳井市や5月の周防大島町の講演会を聴いた人たちが多くいたのでした。

後でそれぞれ話してみると、私がなにやら小出さんに講演前に熱心に話し込んでいたことを目撃されたいたり、えらくしつこく質問して小出さんを放さないなあと思って見ていた女性が、今スタッフブログを書いていたり、
本のサインをもらってうれしいそうにしていた人が、チラシを配りポスター貼りを依頼して動いています。

安渓さんだけでなく、そうだ、小出さんのお話も、後でじわ〜と効いてくる薬で、ほぼ一年たった今、私たちは、もっと多くの人に小出さんの話を聴いてもらいたいと走りまわっているのでした。

面白いものですね。まあ、そんな個人的な感想はともかく、昨年3月11日の事故が、終わりに向かって解決するどころか、ますますひどくなっていってることが、やはり根っこにあります。
事故がおこった。
人間のコントロールできないことを人間がやってしまった。
おごりが明らかになった。
では、どうするのか?
この問題を40年も考え訴え続けてきた小出さんに話を聴く以外にほかに誰もどうすることもできない、方向をさぐれないのが現実です。

本当は、なにか放射能対策の即効薬がほしいですが、じっくり世論を変えていくには、あるいは原発をめぐって怒り渦巻く世論に形を与えるには、小出さんの話を腰をすえて聴いてもらう以外にないのかもしれません。

そんなことを考えながら、今日もポスターを貼り、チラシを配って歩きます。
ゆっくり効く薬、500円は安いですよ、しかも身近な宇部で。


posted by 村のトイレ屋 at 11:56| 山口 ☁| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

新聞記事、朝日山口2月11日付

3月18日小出裕章さん講演会の新聞記事
朝日新聞山口版2月11日付け です。

クリックすると拡大されます。

朝日20120211.jpg





posted by 村のトイレ屋 at 10:49| 山口 ☁| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

休日の一日、チェンカムの事務所で。仲間のブログ

昨日までセンサーイ村のメタンタンクのペンキを塗り替え作業を行なった。
6年前に工事したとき、私が素人職人で塗ったものとの対面だった。
内側の奥はほとんど劣化していなかった。


今日は、休日。
現地スタッフは、お休みでそれぞれ家庭サービス。

佐伯さんと私は、事務所で書類整理など。

私は、3・18小出裕章さん講演会のことがやはり気になるのでネット検索などをしていたら、こんな仲間のブログを見つけた。遠く異国の地で感涙にむせんでいます。

人のつながり、
小出裕章さん講演会で知人が増える、
というのもおもしろいですね。

「私の係わりや行動範囲の狭さも解った(笑)。そして狭くて足りている事も解った(笑)。」

「広い世間を狭く渡るが」信条の私にも納得できる展開ですね。




Nocochanの日記
http://d.hatena.ne.jp/nocochan/20120203

以下引用しておきます
====================

ポスターを貼らせて下さった周防大橋から近いセブンイレブンの店長さんはすんごく頭低くて可愛いかったり、車に置いてきてしまったポスターを、取りに行きましょうと雪の降る中わざわざ駐車場までポスターを受取りに来て下さった方があったり(佐山地域交流センターの若いお兄さん、名前解らないけど、ありがとうございました!)、講演会のお手伝いを少しさせて貰うことで、原発そのものに関してのみならず、繋がりや繋がり方、人情、地域性、自分の嗅覚、心が自然に向かう方向、そういったことも知らぬ間に学んでいる。直接的な関わりの中でのほんの一寸したこと〜和顔施、無畏施というものも思いのほか嬉しかったし、程度のいい人情の働く場というのはいいなぁというのも感じた。チラシやポスター持参は自分の住んでる地域の図書館ばっかりで、他には道の駅、コンビニ…で、私の係わりや行動範囲の狭さも解った(笑)。そして狭くて足りている事も解った(笑)。


posted by 村のトイレ屋 at 15:46| 山口 ☀| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

3・18小出裕章さん講演会、事務的なお知らせ

小出裕章さん講演会 3月18日 宇部市渡辺翁記念会館(1300人)の成功に向かってご協力をいただきありがとうございます。

以下は、事務的な連絡です。
関係各方面で口コミ、ツイッター、フェースブック、ブログなどで拡散していただけると助かります。

1,(連絡先一時一部休止)

  チラシに記入している連絡先電話番号をここ10日間ほど、080‐5029‐5599(小畑太作)のみご利用下さい。
  080-6331-0960 (安藤公門)は、安藤がタイ北部の農村へNPO法人シャンティ山口の一員としてトイレつくりと点検調査に出かけるため一時休止します。
  ご不便をおかけしますがよろしくお願いします。2月15日に帰国する予定です。


2,(スタッフ・講師派遣など)

3・18小出さん講演会の趣旨説明、小出さんとはどんな人なのか、開催へ至った経過の報告、小出裕章さんのお話を聴く会のスタッフの思いなど小集会、ミニ学習会、動画観賞会などに講師を派遣します。また、集会や学習会での短いアピールなどをさせていただければ、喜んで出向きます。
ご希望がありましたらご連絡ください。チラシ、ポスター、チケットを持参します。

3、(協力者・協力団体の連絡のお願い)

講演会の成功にむけて、当会(小出裕章さんのお話を聴く会)の知らないところで、ブログやツイッター、フェースブック、またイベントの書き込み等のインターネット上で多くの人がPRしていただいています。
また、実際のチケット販売やポスター貼りなども、人から人へと口から口へ、手から手へと広がりはじめています。
ありがたいことで感謝の気持ちでいっぱいです。
そこでお願いです。
ネットと言わず実際においても、何らかの形でご協力いただいている団体や個人のみなさんにおかれましては、当会事務局への連絡をお願い致します。取り組みを広く紹介させてもらいます。集約されることでさらに広がる相乗効果が望めます。
こちらから、最新の取り組み状況をお知らせしたいということもございます。


連絡先は、公式ブログ
http://www4.atword.jp/nomore311/ からお願い致します。

以上、よろしくお願い致します。(文責 安藤)




      

 
posted by 村のトイレ屋 at 22:28| 山口 ☁| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口のチケット売り場

小出裕章さんの講演会のことで、電話で問合せをいただきました。

「山口市の吉敷なんですが、近くにチケットを売っているところはありませんか、宇部で売り切れってことはないでしょうねえ」



「宇部でまだ売り切れていません。
山口市内では、YCAM 山口情報センターで取り扱っています。
そちらでおもとめください」


山口市文化振興財団チケットインフォメーション
http://www.ycfcp.or.jp/index.php
チケット取扱時間
窓口・電話

〒753-0075 山口市中園町7-7(山口情報芸術センター内)
TEL.083-920-6111
10:00〜19:00(火曜休館・火曜が祝日の場合はその翌日)




なお、ほかにも

「わっか屋」(日赤病院近く)

山口県立大学厚生棟 売店 食堂入口の横

でも取り扱っています。



  
posted by 村のトイレ屋 at 09:29| 山口 ☀| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

小出裕章さん講演会は、自転車に乗って行こう!

「放射能汚染と子どもたち」「3・11以後の新しい世界」について語ってもらう小出裕章さんが、自転車好きなことは、よく知られています。
毎日放送『なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・"異端"の研究者たち〜』の冒頭にも自転車で職場に
乗り付けるシーンが写っていました。(YOUTUBE で検索)

化石燃料と電力に依存しない新しいライフスタイルは、自転車をどう乗りこなすかでしょう。

宇部市渡辺翁記念会館は、国の重要文化財に指定されているすばらしい建物です。
でも、市街地にあるため駐車場が狭いことで有名。入るのも、出るのも一苦労です。
そこで考えました。近くの人は、自転車で会場に行く。
さあ、乗って行けるその範囲、距離、同心円をどこまで広げられるでしょうか。

宇部市民の自転車力は、さあ、どんなものか。問われていますね。

小出裕章さん講演会は、自転車に乗って聴きに行きましょう!
これで駐車場の狭さを心配しなくてすみますよ。
3月18日、午後1時から宇部市渡辺翁記念会館です。

その頃は、ポスターの絵のように春風になっていますように!




posted by 村のトイレ屋 at 08:54| 山口 ☁| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

3.18小出講演会、ポスター入稿しました

3・18小出裕章さん講演会のポスターを入稿しました。

金子みすずの絵本で著名な尾崎眞吾さんが全面協力してくれました。

また、多くの人々の心を込めた尽力によって出来上がりました。



最終A.jpg




あなたは、余白になにを書きますか?

「福島の子どもたちは、校庭で遊べなくなった。」

「福島の子どもたちは、公園でも遊べない。」

「福島の子どもたちは、屋外を走れない。」

「・・・もう野原でねころべないのか」

詳しくは、↓ こちら スタッフのブログ

http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/2c23b6cd45d92cd9e60f7c8056fd0d1a






posted by 村のトイレ屋 at 23:47| 山口 ☁| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

会場下見は、まずトイレから、渡辺翁記念会館。

3・18小出裕章さん講演会、渡辺翁記念会館。

トイレの様子。
女性のスタッフが、確認して写真をアップしています。
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/5182adc398bc78a079df864e93dcc878

休憩時間には、込みますが昨日のイベント(「宇部の先人に学ぶ」)では、そんなに長い行列ではありませんでした。
休憩は、10分がいいか、15分がいいか、それが問題ですね。


昨日入口でチラシを配布させてもらいました。
チケット希望者が4名いました。インターネットで小出さんを知ったと言っていました。







posted by 村のトイレ屋 at 08:45| 山口 | Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

小出さん講演会、宇部日報で紹介

昨日、1月20日宇部日報に小出裕章さん講演会の記事が掲載されました。

多くの市民に講演会のあることが知れ渡るきっかけになってありがたいです。


さらに詳しい内容は、チラシが各校区ふれあいセンターにありますのでご覧ください。

       クリックしてください。拡大されます。
                                                             
宇部日報20120120.jpg


posted by 村のトイレ屋 at 09:42| 山口 ☀| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

「まだ日本にいるのか!」という話を聞いた

宇部市に住んでいる人なのだが、久しぶりにお会いした。
車で走っていて、偶然、すれ違い呼び止められた。

「最近、福島のことで飛び回っているそうやあね、たまには遊びに来てよ」
「はい、ご無沙汰していてすみません、実は、このチラシの講演会を今、準備しているんですよ」
「それえーいね、そのことで相談というか質問があって、連絡しようと思ったんだけれどね」
「はい、なんでしょうか?」

「旧友に、東大の物理をでたのがおるんよ、頭のいいやつでねえ、でもほら、原子力ムラとかには入るほどばかででないというか、ずるくないというか、今、オーストラリアにおるんよ」
「・・・」
「そいつがねえ、3月20日ころに電話してきたんよ、国際電話でねえ、それで、おいお前、いつまで日本におるんや、相当危ないレベルやど、はやく日本を出ろ、すぐには出られん?バカタレ死ぬぞ、子どもはどこにいるんや、関東か、早く山口に呼び戻せ、うちにだったらいつでも居候させてやるから早くパスポートを準備しておけ、
そう叫ぶんや、どう思う」

国外脱出のススメだ。
かなりの人が海外に出ていったという。
身近では、初めて聞いた。ススメられた人がいたのだ。
「う〜ん、なんとも私には答えられません」と曖昧に答えておいた。
「小出さんの話を聴いて自分で考えるのが一番でしょう」と別れ際に言っておいた。


小出さん講演会のスタッフの紹介しているセシューム降下量をみて、考えた。
この図を知れば、それこそ、国外脱出を進めるだろう。
東日本(とくに福島)は、とても人の住めるレベルではない。
次に、西日本で何かが起これば、日本列島は、汚染列島になり全滅だ。
今は、かろうじて西日本に住めているだけではないか。

先日の知人にもう一度会って、この図を示そうと思う。

参考:3・18講演会スタッフのブログ
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/f4d9daf43daec397441d616ad2865182










posted by 村のトイレ屋 at 10:47| 山口 ☀| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

チケットの店頭販売は、1月20日から。

小出裕章さん講演会、チケットの販売は、1月20日からです。

1月20日より下記の県内各所で前売り券の販売をします。

宇部井筒屋 宇部市常盤町 0836-35-8100
フジグラン宇部 宇部市明神町 0836-37-0111
おのだサンパーク 山陽小野田市中川 0836-83-1389
サンパークあじす 山口市阿知須 0836-65-0001
幸太郎本舗宇部本店 宇部市島 0836-34-5060

医療生活協同組合健文会
 宇部市、山陽小野田市内の各事業所 組織部0836-34-2350 / 総務部0836-33-6644
宇部市民活動センター「青空」 宇部市新天町 0836-36-9555
喫茶 凡 宇部市中央町 0836-21-0064
わっか屋 山口市金古曽町 083-932-7880
アジアンカフェ マナマナ 美東町真名 08396-5-0896
ヒュッテ桂谷ランプの宿 山口市小郡上郷 083-972-8848
宇部市職員労働組合 宇部市役所内にて 0836-33-2890
松岡整形外科 山陽小野田市北竜王町 0836-81-3818
NPO みらい広場 宇部市末広町 こぐま保育園にて 0836-33-1146
ナチュラル グリーン パーク ホテル 山陽小野田市千崎 0836-84-2323
日本基督教団宇部緑橋教会 宇部市常盤町 0836-21-8003



後援団体でも取り扱っているところがあります。
お知りあいの団体にお問合せください。









posted by 村のトイレ屋 at 08:56| 山口 ☀| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

スタッフブログができましたよ、小出さん講演会

小出裕章さんの講演会を準備するスタッフのブログがスタートしました。
お母さんによるお母さんに向けた発行です。
http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012

紹介されている山陽小野田市の中央図書館は、すばらしいですね。
入口左、震災・原発特集の展示は、内容が豊かです。
山口県内では、ここで唯一、福島県の地元紙が読めます。



スタッフブログ、
どんな人がつくっているのか、知りたい人は
一度、実行委員会に参加してください。

今、昼間の集まりを準備中です。
そこでも会えるかもしれません。
どの子も幸せになれるように・・・
3.18小出さん講演会の成功で、その一歩としたいですね。



posted by 村のトイレ屋 at 02:47| 山口 | Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

バスで行こう!小出さん講演会 柳井ー周南から。定員40名。 

柳井〜周南方面のみなさんへ

柳井市〜周南市方面からは、バスの便ができました。
定員は、40名です。
連絡先など、以下に要項です。
近くの停車場所をご確認ください。

当日は、駐車場が狭いので、混雑が予想されます。
電車バスをご利用いただくと、ありがたいです。
電車の場合は、JR宇部線 宇部新川駅です。

なお、萩市、山口市でも、バス運行が計画されています。
事前リサーチで見込みが立たないと出せないので、希望される方は、
スタッフまで連絡ください。   080-6331-0960(安藤)
   

=======================================================

バスで行こう!3・18小出裕章さん講演会 柳井〜周南方面  

柳井〜周南方面  定員40名 
◎参加費 3000円 入場料込 弁当持参

集合場所
 柳井市総合庁舎 横     9時00分
 M・バリュウ平尾店      9時07分 
 田布施図書館横       9時15分
 光・松原屋 横       9時40分
 下松ザ・モール バス停   10時00分
 周南総合庁舎裏 入口    10時15分

◎申込・連絡先 0820-22-0071(武重) 
        090-8996-8378(小中)







posted by 村のトイレ屋 at 15:06| 山口 ☁| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

小出さん講演会の演題は?

3月18日(日)小出裕章さん講演会、宇部市渡辺翁記念会館の演題は、何ですか?
という質問をいただきました。

はい、決まっています。
当日のプログラムでもいいのかなあと思っていたら、
それは素人のやることで、「もっと早く出すべきだよ」と言われてしまいました。

というわけで、次に出すチラシに載せることにしました。


 大切な人に伝えてください・・・
小出裕章さん講演会          
 どの子も幸せになるように―― 今、知ってほしいこと


です。

このタイトルの中には、宮沢賢治の有名な
『世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない』(農民芸術概論綱要)
が、はらまれています。

また、福島の子どもたちにつながる宇部の会の被災地・自閉症の子どもたちとその家族の避難・疎開支援の取り組みへの気持ちが入っています。
先日の会議で、共催がきまりました。

また、小出裕章さんの子どもたちへの思いも込められています。

さらに、ここまで、講演会の準備を積み上げてきた「小出裕章さんのお話を聴く会」のスタッフの、次世代にのろわれたツケを残したくない、子どもの未来を守りたいという願いも込められています。

私のことも言わせてもらえれば、NPO法人シャンティ山口の技術担当として、タイの北部農山村、モン族の衛生環境事業を行なっている私の気持ちもあります。ホイプム村や山岳少数民族の子どもたちの笑顔は、大きな動機です。トイレが子ども命を救うのです。でも、子どもの笑顔によって助けられ教えられたのは、私でした。

子どもを大切にしない社会には、未来がないと思います。

参考に、以下を掲載しておきます。

「福島の子どもたちにつながる宇部の会」 会報 創刊号

会報001号(A4).pdf

小出さんの文章

小出さんー子ども1.jpg




小出さんー子ども2.gif



シャンティ山口については、ここをご覧ください。
http://www.shanti-yamaguchi.com/



みなさんは、どんなことを考えますか?
いずれにせよ、今は、正しい知識と納得のいく判断材料が必要だと思います。

その指針を得るための講演会になればと思います。











posted by 村のトイレ屋 at 12:56| 山口 ☁| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「どんな団体が後援していますか?」

3月18日小出裕章さん講演会、渡辺翁記念会館

「後援している団体は、どんな団体ですか?」という質問をいただきました。

以下に、公式ブログnomore311 からコピーしておきます。
http://www4.atword.jp/nomore311/related015/

1月4日で、いったん締めきりましたが、なおご協力をしていただく団体は、
協賛パンフレット(当日、会場で配布)作成にお力を貸していただければありがたいです。

詳しいことは、お近くのスタッフに連絡ください。
または、私宛に連絡をください。
 電話 080-6331-0960
メール ando-maipenrai※nifty.com  ※を@に変換してください。


共催
福島の子どもたちにつながる宇部の会 

後援団体
 自治体、PTA連合会、マスコミ以外は、いただいた順番です。

宇部市
宇部市教育委員会
山口市教育委員会
美祢市教育委員会

宇部市PTA連合会
山口市PTA連合会

FMきらら
宇部日報
中国新聞防長本社

NPO法人環境市民
医療生活協同組合健文会
宇部市民活動センター「青空」
NANA
えにし

ゆるゆる新聞
NPO法人うべ環境コミュニティ
宇部自然保護協会
小野湖の水を守る会
アムネスティ宇部グループ有志

憲法9条の会うべ
UFOの会
わっか屋
宇部山岳会
山口県自治体労働組合連合

山口県地方自治研究所
山口県民主医療機関連合会
小野田民主商工会
すろーふーどらいふ和
アジアンカフェ まなまな

ヒュッテ桂谷ランプの宿
宇部市職員労働組合
宇部民主商工会
松岡整形外科
地球役立隊

生活協同組合コープやまぐち
NPO みらい広場(こぐま保育園)
宇部地域労働組合総連合
ナチュラルグリーンパークホテル
うべ人権・平和ネット

グリーンコープやまぐち生活協同組合
日本基督教団宇部緑橋教会
宇部ネイチャーゲームの会
バイクハウス中屋
平和フォーラム宇部

宇部市消費者の会
ボイス オブ アニマルズ
連帯労組・やまぐち
阿東文庫
あーすガイド・山口

(有)あったか村
逍雲堂美術館

    以上


ラベル:小出裕章
posted by 村のトイレ屋 at 10:26| 山口 ☁| Comment(0) | 3・18小出裕章さん講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする