2008年03月14日

無事帰ってきました

今日、タイ・パヤオ県センサイ村から帰ってきました。
道中、大きなドジをしてまわりに迷惑をかけましたが
なんとか行って、帰ってきました。
そのドジの中身については、書きたくないのでかきません(笑い)
本人にとっては、笑い事ではなかったとだけ書いておきます。

NPOシャンティや口の佐伯さんは、まだ残って微調整と
次の準備をしています。
私は、3月16日(日)に、あったか村・のんたの会の総会が
あるので、一足先に帰ってきました。

今回は、
1、メタン発酵装置が順調で、ガスに火をつけることができました。
それほど、発酵し集まっていました。トイレを実質使っているのは
1月はじめからですから発酵の良さがうかがえます。

2、村の人が、村長さんの提案で、3月10日にトイレ完成の
お祝いの集会と宴会を催してくれました。
村の人と一緒に、村のトイレをつくるという方針できましたから
とてもうれかったです。郡の行政関係者、保健所の人の参加、
隣りの保育園の子供達のダンス、牛一頭を屠り、およそ約150人が
集う楽しい集まりとなりました。

3、土壌処理部には、老人会がモン族の文化を継承したいと薬草を植えて
くれました。私の大きな目的は、水質チェックでした。ほぼみたすものの
まだ元の土壌の成分分解が続いているようでした。

様子は、ビデオに撮りました。
近日、編集してお見せ出来るようにしたいと思います。
昨日のブログにも書いていますように、水環境研究会を立ち上げて
情報の共有、問題の整理、新しい取組みの開始など積極的に進めて
行きたいと思います。
関心ある人は、是非参加して下さい。



クリックで応援してください。
banner-s_02.gif

posted by 村のトイレ屋 at 23:38| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然浄化法-タイと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック