2008年03月09日

山羊を役場が貸し出す>岐阜・関ヶ原町

こんな新聞記事があるそうです。

岐阜新聞
農地の除草にヤギ貸します 関ケ原町
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20080305/200803050841_4212.shtml
======一部引用=====
 町が今年6月ごろ、ヤギを2匹購入し、同町松尾の町有地にヤギ舎を設けて飼育する。町によると、飼料代は冬場は必要だが、冬場以外は雑草を食べさせるため、ほとんどかからないという。ヤギのレンタルは有料にする予定だが、金額は未定。
========

予算は、120万円を組んでいるそうです。
前に、島根県六日市町(現、吉賀町)でも同じような試みが
行われていた記憶があります。
役場は、長野の牧場から「血統書付き」の日本ザーネンを購入して
希望者に配布したそうです。
だから、六日市には、いい山羊が多いのだそうです。
でも、これには異説があって、昔から丁寧に飼っている人がいて
役場の取組みには関係なしに、山羊は元気のいいところなのだという人も
います。
六日市から益田市に向かって川を下ると日原町に出ます。現、津和野町。
日原の道の駅の対岸に山羊を飼っている農業法人があります。
大きな楠の近くに牧場があるからわかりやすいです。

島根県西部は、このように山羊を飼う伝統がまだ残っています。
あったか村福賀と山羊の里を構想している萩市弥富は、県はちが
うけれど、ほとんど隣町の感覚なので情報を教えてもらいながら、
山羊の里を構想しています。
山羊を飼うなら山口県。
と言ってきましたけれど、
山羊を飼うなら西中国山地。
と言い換えた方がいいかもしれません。

岐阜・関ヶ原町の記事を読んで、六日市のことを思い出したので
書いておきました。旅行して、山羊巡りをする際の参考にしてください。
山羊の飼い主を訪ねて、全国を泊まり歩けるほど情報が揃うといいのですが
それは、今後の課題ということにしておきましょう。



クリックで応援してください。
banner-s_02.gif

posted by 村のトイレ屋 at 06:00| 山口 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 山羊・羊とチーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へちまやさん。
「山羊を飼うなら日光市」ですよ^^

つい最近日光市も耕作放棄地の草刈り隊員として数頭の山羊を雇うことを決めたようですが、確かに山羊の普及と役場の取り組みは関係ないのかもしれません。
要は山羊好きがいるかどうか、の問題^^
でも、役所でそういう姿勢を見せてくれると、先日の日光市のように、新聞にも載るし、普通のひとたちにも「山羊って、いいんだってね」という噂が広まってくれます。
反面、役所は悪い噂を嫌いますから、山羊のマイナスイメージが広がらないように、注意していく必要がありますよね。
山羊好きにはプラスもマイナスも関係ないけど^^
マイナスなのは、山羊の瞳孔だけ^^
Posted by はたかおり at 2008年03月09日 09:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック