2008年02月24日

除草はまかせて>羊も名乗り、山口県田布施農高

除草には、羊が一番と名乗り出ています。
 急斜面では、牛やヤギより良い調査結果がでたとか。

今、弥富にいる羊の連は、田布施農高の羊の雄(名前不祥)とマリさん
との間にできた息子です。

日本農業新聞
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin5/article.php?storyid=466
除草助っ人は羊 地域に貸し出します/山口の農高
======== 一部引用します======

制度は来年度から本格的に始める。3月までは農高が集落会議に出席し、羊の除草効果や放牧のメリットについて説明して制度のPRを行う。現在、同校は羊を10頭飼育しているが、申し込み状況によって頭数を増やしていく。
 レンタル料金など詳細は集落と協議しながら決めるが、同校の山本邦夫教諭は「羊の採食能力は驚くほど高く、好き嫌いなく雑草も食べる。制度が普及できれば、農家の除草の労力や危険性を大きく軽減できる」と自信をみせる。

=================

「動物のいる農村風景」・・・安心安全で住みやすい山口県とは、
牛はもちろんヤギと羊が、ゆったりゆっくり遊んでいる里がある
ということです。

山口で田舎暮らしをしたい人は、「団塊の世代」も若い世代も、
あったか村へ連絡してみてください。
あったか村福賀をはじめ、田舎暮らしの練習の場・瀬踏みの場所を
ご紹介しますよ。



クリックで応援してください。
banner-s_02.gif

posted by 村のトイレ屋 at 06:00| 山口 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 山羊・羊とチーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
阿武町のリンクページに羊飼いブログを掲載させていただき、いつも記事についてはいつも興味深く拝見しております。
2/24の羊による除草の話。「動物のいる農村風景」、とてもすてきだと思います。
さて田布施農高の山本邦夫先生は以前奈古高校におられ、精力的に活動をしておられました。これがご縁でまた何かが始まること期待しています。
Posted by 阿武町役場総務課 藤村憲司 at 2008年02月25日 09:10
藤村さん、こんにちは。
いつもお世話になります。
山本先生のこと、お知らせていただいて
ありがとうございます。
3月に田布施にいく用事があるので
うかがってきます。
「ヤギ羊鶏の遊ぶ農村風景」
「子供達の遊び声が絶えず響き渡る谷間」
そんな光景を夢見ております。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by へちまや at 2008年02月26日 07:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック