2007年07月12日

羊事異動、ダル福賀へ戻る

(mixiとほぼ同文です)
雄山羊、ダルことダルタニアンがあったか村福賀に帰ってきました。7月8日(日)の朝のことです。
これは、山羊の里・弥富の人事異動、もとい羊事異動で玉突き異動のようなかたちです。岩本さんちの子山羊・雌が、田別当(地名)に移った。その子山羊とダルは、親子の関係と推定される。同居はよくない。それで、ダルは福賀へ異動したのでした。

3年ほど前、3頭しかいなかったのに、
あれこれの事情で山羊たちが集まって、気がついたら
12頭だったというときがありました。そんな予感のするダルのカムバックであります。

帰ったダルは、体は一回り大きくなり、
角も、太くなり、全体に気迫がみなぎっている。
で、早速、その角で山羊小屋の運動場のドアを壊しました。
今日来たら、小屋の外周りで遊んでいました。
「まあ、県道まで出ないからいいか」と私。
モモタロウと一緒のときは、県道まで出て、交通事故にあいそうになり、あげく「基地遊び」で山のくぼみに隠れていたのでした。

人間にも異動があって、あったか村福賀にも山羊飼が、やってこないかなあ。山羊が好き。1年は自活できる。その間に自分で生活していく道を作れる。それだけの条件なんだけれど・・・
そんなことをぼんやりとダルを見ながら思っているのでした。

posted by 村のトイレ屋 at 21:19| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山羊・羊とチーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック