2019年09月01日

樋口英明さん講演会 第1回実行委員会のご案内 

ぜひご参加ください。

呼びかけ文です。


 2019年8月30日

    各   位

      樋口英明さん講演会 実行委員会のご案内

日頃の活動に敬意を表します。
さて、11月9日、10日、元・福井地裁裁判長、樋口英明さんを山口にお招きし講演会を開くことになりました。 

この地震大国日本において基準値振動を超える地震が大飯原発に到来しないというのは根拠のない楽観的見通しにしか過ぎない上、(中略) そこでの危険は、万が一の危険という領域をはるかに超える現実的で切迫した危険と評価できる
 元裁判官として、自分の書いた判決についての異例な講演を全国で行っている樋口さんは、判決文のこの部分をもっとも大事なところと指摘しています。
 訴訟指揮でも、原告にも「もっと急ぎませんか、」と言って(再稼働して、事故が起これば間に合いませんよ)という危険性への切迫感をにじませています。(『原発に挑んだ裁判官』朝日文庫2019 p44)

 私たちは、今度の講演会で第1に、この樋口さんの危機意識を共有したいと考えます。第2に、瀬戸内の豊かな自然をかかえ、にもかかわらず上関原発計画を止めきれていない山口県の私たち。「まさか新設の原発は建たないのではないか」というあいまいな世論。それにつけこんだ県知事の予定地の海の埋め立ての再延長の許可。この流れを変えて、来年3月21日の県民集会を成功させ、上関原発を止めましょう。 第3に、原発は、どんな人にも命の危険、生存の問題として襲いかかります。知らなかったと後悔するのか、今、学んで声をあげるのか、とくに若い人たちに訴えましょう。
 ご多忙とは思いますが、万障繰り合わせてご参加くださいますようご案内致します。

            記

    樋口英明さん宇部講演会 第1回実行委員会


      とき:2019年9月14日午後6時〜8時 
      ところ:宇部市銀天エコプラザ(宇部市環境学習館)3階
      呼びかけ:上関原発を建てさせない宇部実行委員会
       (宮本輝男 時田洋輔 浜野勝 事務局 安藤公門)
       協賛:上関原発を建てさせない山口県民連絡会
           問合せ連絡:080-6331-0960(安藤) 



拡散していただければ幸いです。

画像  

樋口講演会実行委員会1回案内.JPG

PDFファイル

第1回実行委員会 2019年8月29日.pdf




 
posted by 村のトイレ屋 at 23:33| 山口 ☁| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。