2018年05月23日

ことば「うちに、来てみろ、ガラスが一枚もないぞ」


昨日聞いた、ある工事現場での話。

「おれが、頭にきて全部、割っているからなあ。
お前もガラスみたいに粉々になりたいんか」

気が短くって喧嘩ぱっやい男がこういって、
相手を脅した。

作業の段取りをめぐって、それまで仲良くやっていた2人が
急に険悪になった。

周りのものは、囲むようにして、しかし、遠ざかりながら見守っていた。

言われた方は、すぐに言い返した。

「なに言うてんのや、俺の家にきてみろ、
茶碗も皿も、全部投げて割って一枚も残ってないぞ。
お前も茶碗や皿になりたいんか」と怒鳴り返した。


そこへ老婆が現われた。

「ああ〜、また兄弟喧嘩か、いい加減せい。
2人とも、それで嫁さんに実家に帰られたのをまだ懲りてないのか。
そんな暇があるのなら、イージスのひとつも止めてからにせい。
安倍首相の嘘八百に石のひとつも投げてからにせい。
出るところへ出てものを言えんのは、人間のクズや」

萩市の旧郡部。
昔から、農民運動の歴史もあり、共産党の強いところで高齢者には、堂々と論じる人が多い。
共産党と一線を画す人も、それぞれ地域興しについて持論を主張する人も多い。

ちなみに、この話を教えてくれた人によると
2人の家は、ひとりは、ガラスは一枚だけ割れており、もう一人の家でも、茶碗や皿は、2〜3枚割れていただけだったそうだ。
しかも、それはそれぞれの妻が、喧嘩の末、実家に帰る前に割ったものだそうな。

私としても、夫婦円満を願いつつ、
2人の喧嘩早い性格を、イージスや安倍首相に向けてほしいと願う。

日本中から、ガラスや茶碗・皿は、もったいないが、
杓文字(しゃもじ)や鍋釜の音を響かせた大きなデモが起こらぬものか。

未だに総理の座に座っていることが本当に腹立たしい。









posted by 村のトイレ屋 at 22:28| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。