2018年04月08日

若竹煮 海藻感謝祭

先日、平生町から山羊を運んだ時にタケノコをいっぱいいただいた。
米ぬかで茹でておいといたのだが、料理の本に若竹煮とあるので初めてやってみることにした。

若竹という言葉のニュアンスから竹の若い部分、あるいは先端の生長点だけを使うのかと思っていたら、
これが勝手な勘違い、
ワカメとタケノコを使うので、ワカ タケ 若 竹。よくある語呂合わせ。
それを普通に和風に煮る料理だ。
こつは、じっくりと煮込むこと。おいしくできた。

それにしても、旬の料理、海の幸のワカメと山の幸のタケノコをうまく組み合わせたものだ。
そんなところへ祝島のこだまさんから案内がきた。
海藻感謝祭りというのがあるそうだ。
祝島にも竹林はたくさんある。

今月4月18日に祝島で海藻感謝祭
https://eart-harmony.blogspot.jp/2018/03/2018418.html
22日には、上関室津でジャズコンサート。

行けるかなあ〜。
行きたいが何か便はないか。


posted by 村のトイレ屋 at 09:01| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。