2007年06月22日

羊による緑地管理、クリチバ市

(メモ)
服部圭郎著「人間都市クリチバ」学芸出版社 2004年 

 公園緑地の芝生を羊に食べさせて管理。
 一石4鳥の効果という。
  人の場合に比べて80%のコスト削減。(羊飼いは市の職員)
  羊の糞が肥料かわり
  子供達がとても喜ぶ
  環境都市クリチバのイメージにぴったりマッチ
 以上、76ページ。公園で芝生を食べる羊の写真が掲載されている。
 「芝管理という事例は、実際不足しているのは、予算ではなく智恵であることを我々に知らしめている」(写真説明の文章) 
posted by 村のトイレ屋 at 23:49| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山羊・羊とチーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック