2018年01月16日

福祉と原発は、両立しない!

岡本正彰さんは、元旦以来、毎金曜日の夕方と月曜日の朝に、宇部新川駅でアピールを行っている。
障がい者と高齢者にとって、原発事故からの最善の避難計画は原発が稼働しないこと、原発がないことと訴えている。避難計画が最初から屋内退避というのは、事故のとき、避難させずに置き去りにするということだ。

側で聞きながら、いつも思うのだが、原発と福祉は、両立しない。
福祉関係者から、もっともっと原発反対の声があがってほしい。

posted by 村のトイレ屋 at 22:38| 山口 ☔| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。