2017年06月28日

安倍政権の罪状のカウント

昨日、ある人と話していて、
都議選の結果次第で安倍政権は崩壊するだろう、
そのあと、地域で受け皿をしっかり作っておかないと
元の黙阿弥、自民党などの旧態依然たる政治が残ることになる、
早めの長期戦略が必要だね、
という話になった。

それはさておき、安倍政権はきちんと清算されないといけないと思う。
数多くの負の荷物がある。ありすぎる。
戦争法制、近くは共謀罪、
罪状を列挙したら数え切れないくらいある。

なんといっても、福島の原発事故の隠蔽、アンダーコントロールのインチキともとに事故の実態を隠蔽して、福島と東日本の放射能被曝の実態を誤魔化し続けていることだ。
これが、最大の犯罪だ。東電、福島県もひどいが、安倍政権そのものの責任は多大だと思う。

政権が倒れても、官僚機構が残り政策は維持されるということがある。
その意味で、一番怖いのは、原発の新設増設に踏み込んで、それをヒックリかえせないようにされることだ。

その意味で、経産省の進めているエネルギー基本計画に原発の新設増設を絶対に入れさせてはいけない。

上関、祝島、山口県の運命だけでなく、日本列島、地球の問題だ。

安倍政権の数多い犯罪の中でも、原発政策を置き土産にさせてはならない。

今日は、山口県議会へ傍聴へ行く。
posted by 村のトイレ屋 at 08:35| 山口 ☔| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。