2017年06月10日

上関原発の現状、急展開

上関原発について従来の認識の延長上にはとどまらない動きがはじまっています。

1,現地で道路・トンネル工事があくまでも、原発建設のために行われていること。

2,公有水面埋め立てとボーリング調査は、軌を一にして行われていること。

3,経産省が準備しているエネルギー基本計画への原発新設は、上関をターゲットにして行われていること。

上関原発を建てさせない県民大集会2017(3・25集会)で、基調講演を行った河合弁護士が
「上関原発を止めることは、日本の原発の新設と全部の原発を止めることにつながります」という言葉が、いよいよ現実のものとなってきました。

必読拡散希望。
小中進さんのブログ
http://blog.konaka.sunnyday.jp/?eid=422#sequel

posted by 村のトイレ屋 at 21:06| 山口 ☁| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。