2017年03月08日

角島の地元のパン屋さん


角島1.jpg


角島2.jpg


角島3.jpg



仲間とふたりで、3.25県民集会のチラシを配布に豊北町に行き角島に渡りました。
市役所の支所の側にパン屋さんがありました。
美味しいそうなパンとコーヒーの香りに引き寄せられ、ここで昼食にすることにしました。

島の出身ではなくて、交番の勤務で角島が好きになり、退職後準備して、今か今かと待たれながら昨年11月にオープンしたそうです。これは、お客として喫茶室に座っていた地元のおばさんが話してくれました。
うなずきながらマスターが、「観光客用というより地元の人向けの店」と語っていました。
原発のことが話題になって、島のおばさんが豊北原発を止めた話をしてくれました。
約40年前のことだそうです。

工房ではマスターの奥さんがパンを焼いていました。
自分でつくったという本棚に本がいっぱい並んでいました。
窓の外にツリーハウスが見えました。
海がとっても澄んで見えました。

豆から淹れてくれるコーヒーが250円、パンもとても安く、しかも美味しかったです。
オープンは、水木金。「10時から〜なくなるまで」と看板に書いてありました。
ハイジのパンを土産に買って帰りました。


posted by 村のトイレ屋 at 21:32| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。