2017年03月04日

【宿題】伊方原発事故で瀬戸内海のコンビナートは、どうなる?

昨日、伊方原発の再稼働停止を求める仮処分申請の記者会見と学習会に参加した。

県境の壁が、放射能汚染の乱舞以前に、脱原発を求める人々によって破られたことは、すばらしいことだ。

河合弁護士をはじめ多くの人が瀬戸内の危機について語った。

河合弁護士は、経済面からみても、瀬戸内海のコンビナートの放射能汚染による壊滅は、その被害は甚大のもので経営者は、当然考えているはず。再稼働や原発回帰には当然反対するはずで流れは急速に変わるだろうという趣旨のことを語っていた。

宇部に帰って、定例学習会で、この話をすると、
今まで漁業被害のことは、私たちも問題にしてきたが、コンビナート壊滅は想定していなかった、誰か詳しい人はいないだろうか、と話題になった。
2011年3・11直後の県内各地の原発に関する意見書で触れられているのではないかという指摘があった。
3・11直後の関東・東北の工業地帯はどうだったのか?

これも宿題だ。

河合弁護士は経営者の判断を理性的なものになるよう期待しているようだ。
そうなってほしい。
私たちとしては、コンビナートで働く労働者や社宅などで暮らす家族のことが心配だ。
事故となれば収束作業に駆り出されるのだ。

瀬戸内海に面した工場が抱える問題。
県境を越えて、放射能が降り落ち、海が死の海となる前にぜひとも想定と解決策を講じたいものだ。

今、一番の解決策は、何はともあれ、再稼働を止めること、これに尽きるのは言うまでもない。

posted by 村のトイレ屋 at 08:59| 山口 ☀| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。