2007年06月13日

農山村の汚水処理、合併浄化槽が万能ではないが、

こんな記事がありました。
岡山日日新聞
岡山市議会総務委 農排施設整備に田畑氏が「対案」
http://www.okanichi.co.jp/20070612122525.html

1、市町村合併に伴って全国各地に起っている問題と思われます。
2、農村人口の減少と当初計画の問題。
3、これから、ポンプや配管のメンテナンスをどうやっていくのか。
4、合併浄化槽に切り換えれば問題は解決するわけではないが、
再検討・見直しをしないのは、最悪の事態をずるずると招きます。
5、ローテク、メンテナンスの費用を考慮した仕様の検討をすすめたいですね。根本の考え方は、発生源の処理です。


posted by 村のトイレ屋 at 22:48| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然浄化法-タイと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック