2017年01月29日

木炭画。逍雲堂美術館で。

今、逍雲堂美術館で開催されている展示のなかに
木炭画がありました。

山本 博子さんの作品

木炭画1.jpg


木炭画2.jpg


木炭画3.jpg



「木炭てずいぶん味があるなあ、
へぇ、柳とか桑を使うのか、
やってみようかなあ」

と言ったら側にいた友人が、
誰がやってもこの味がでるんじゃあなくて
描く人によるのではないかなあと言いました。

それもあるけれど、
木炭の素材のよさもあるのではないかなあとも思いました。



写真の写りが悪くて申し訳ありません。
ぜひ実物で鑑賞下さい。

逍雲堂美術館は、宇部市新天町商店街の中ほど、
井筒屋から商店街に入ってすぐの角、
2軒隣には、「繁光」という魚屋さんがあります。
尾崎眞吾さんが描いた魚の絵の大きな看板があります。

木曜〜日曜 オープン。(月曜〜水曜日は休館)です。
2月26日まで。午前10時〜午後4時。
電話:0836−21−2203
posted by 村のトイレ屋 at 07:21| 山口 | Comment(1) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介感謝です ありがとうございます 椿の灰の話たのしく聴かせていただき

椿の木炭で 椿描くとどうなるかなあと 思いをはせております

陶芸してる方のお友達に椿の灰の話し してみます
Posted by hiroko yamamoto at 2017年01月29日 11:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。