2017年01月27日

里山ブックカフェ

月末の日曜日は、あったか村で
  里山ブックフェ

がオープンします。



1月のテーマは、里山の素材 木の灰について。とくにヤブツバキの灰についてです。
本は、『江戸時代にみる環境保全の源流』(農文協、2002) を
みんなで、つつきます。

とくに、その中の
小泉武夫さんの「世界に類なし、灰買い・灰利用」の箇所を話し合います。

もちろん、そこから派生して他に話題が飛んでいくことは十分ありえます。

あなたも、一冊本を携えて月末の1日をあったか村で過ごしませんか。

とき:1月29日 午前11時〜午後2時 
ところ:あったか村
どなたでも参加できます。

長靴、軍手を用意ください。

お茶、ケーキなどは持ち寄りです。
灰をつくるので火を炊きます。
お湯もたっぷりできます。

自慢のお茶などをもってきていただければありがたいです。

今回は、第一回目。
毎月 月末の日曜日にこれから開きます。
12月だけ12月24日です。

参加費は、ワンコイン 500円です。
 あったか村の維持管理への協力と思ってください。


では、お待ちしています。
道に迷ったら、早めに電話下さいね。080-6331-0960(安藤)

posted by 村のトイレ屋 at 15:03| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。