2017年01月07日

宇宙服とトイレ

な〜んだ、まだ解決していなかったのか。

とっくに誰かが作っていたと思いこんでいた。

中村浩さんのクロレラもスタンダードにならなかったのかと残念。
いや、問題は人体から離れて収集するその段階だからクロレラの一歩手前の技術になるのだろう。
密着した尿瓶の機能だ。
今、尿瓶のことを考えているので発表されたら参考にさせておらおう。

それにしても、トイレの問題は身近なところで奥が深いから面白い。


NASAが 公募。
トイレ機能付き宇宙服、NASAが3、4年後めど開発 6日着たままOKで地上の生活も変える?
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/170107/lif17010712410005-n1.html

リアルな問題が解説されていて参考になる。
〜〜一部引用〜〜〜
「宇宙のうんち問題に挑め!」という感じだろうか。6日、すなわち144時間の間、宇宙飛行士が排泄したものを隔離できることを求めている。上位3位までの賞金総額は3万ドル(約330万円)だ。

〜〜〜引用終わり〜〜〜〜


〜〜〜〜

暮らしの中から脱原発  
  講演を引き受けます。
安藤 公門
○ 暮らしの中のトイレ、里山生活と肥溜めと畑の循環
○ 暮らしの中の脱原発 「トイレなきマンションをトイレから見ると・・・」
○ タイの農山村のトイレつくりからみた未来型社会〜糞は資源だ〜
プロフィルは、このブログを読んで下さいね。

岡本 正彰
○ 障がい者と原発事故の避難計画 〜最善の避難計画は再稼働中止・原発ゼロ〜
○ 障がい者の保養 宇部の経験を障がい者として振り返る
○ 戦争と障がい者 〜ナチス思想の台頭は許せない〜
プロフィルは、フェースブックで「岡本正彰」を検索してくださいね。

二人がコンビでうかがいます。
テーマと時間は、ご相談によって設定します。
5人程度のミニ集会からお受けします。
交通費と遠方の場合は宿泊費のご負担をお願いします。
講演謝金は、ご相談に応じます。

連絡 私宛にメールをください。
ando-maipenrai★nifty.com   ★を@(半角)に変換してください。
posted by 村のトイレ屋 at 21:11| 山口 ☁| Comment(0) | 便所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。