2016年11月24日

議員の役割。11月30日、県内巡回、県議報告会@宇部市。

上関原発を止める上で議員の役割がとても大きいことがわかる。

県知事と山口県の暴走を監視する役割がある。
県民に事実を知らせる役割がある。

11月30日、県知事の責任を問う報告会。
権限のうえで法律的にどうなのか、政治的な判断はどうなのか。

県民の安心安全に責任をおう知事に、原発容認、推進で責任がないはずがない。
未来永劫、汚名を残すことになろう。
原発は、まだできていない。
田ノ浦の海岸は、まだ埋め立てられていない。
止めることは、十分できる。

県議団の報告を受けて、止めるためになにが必要か、できるか。
話し合いましょう。
11月30日(水)午後6時半〜8時半 宇部市シルバーふれあいセンター。
詳しくは、添付ファイルをご覧ください。

なお、一部11月30日の曜日を(土)にしている案内を配布しました。
11月30日は水曜日です。
訂正・確認をよろしくお願いします。 


【拡散歓迎】
11月30日県議会宇部報告会チラシ.pdf 
posted by 村のトイレ屋 at 10:45| 山口 ☁| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。