2016年08月23日

カネがキンに国策五輪 メダル最多

毎日新聞

リオ、日本最多メダル 五輪「国策」で躍進 予算最高324億円/「ゴールドプラン」
http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160822/ddm/003/050/067000c

メダル報奨金制度って?=回答・芳賀竜也
http://mainichi.jp/articles/20160822/ddm/003/070/070000c



今日の会話

「オリンピック 金メダルを喜ぶけれど、結局、カネをキンに変えただけのことではないのかなあ。
 訓練センターも、コーチ監督の留学や招聘も結局カネ次第だろう」

「でも、スポーツにカネかけるのは、戦争にカネをかけて武器を買うよりはいいと思うけれどなあ〜」

「そういう比べ方をすればね。
スポーツが国単位で争われると国威発揚の道具となって、結局戦争の道につながるっていうのは歴史にあるからねえ、ナチスと五輪みたいに。
NHKの解説者が、国威発揚の効果があった今度のオリンピック、といったらしいよ」

「ふ〜ん、そうなの。それとは関係ないけれど、東京オリンピックはやめたほうが言いように思うなあ」

「どうして?」

「福島は終わってないんだよ、いま東日本に来ている台風だって放射能を拡散させて怖いのに、汚染水はアンダーコントロールなんて大嘘だし、
いつ地震が起こるかわからない日本列島で原発を54基も抱えたまま、スポーツの祭典なんて誤魔化しが度がすぎるよ。来てくれる人に悪いよ」

「でも国際公約っていうか、世界に約束したんだからね」

「しかし、事故が起こって破局的なことになって謝るよりは、今ごめんなさい、できません、と正直に言ったほうがいいと思うよ」

「まあ、それも一理あるよね。なんといってもカネがなければ金メダルが取れないというような、オリンピックの精神から遠い今のやりかたはどっちにしても、おかしいよね」







posted by 村のトイレ屋 at 00:00| 山口 ☀| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。