2016年07月09日

希望・うべ市民の会ニュース6号

ニュース6号を転載します。



纐纈さん、ありがとうございます。

私たちは、絶望のどん底に沈んでいました。

でも、纐纈さんの立候補宣言によって、希望の火をともし、それを日に日に大きくすることができました。

宇部の私たちは、それで、ミナセンやまぐち 宇部を 希望・うべ市民の会としました。

纐纈さんが、希望の火に点火してくれました。

今後のたたかいは、どうでも、持続的な、一過性でない、やまぐちを塗り替えるたたかいが必要です。

私たちは、それをやり抜きます。

今日、フジグラン宇部での演説、
ファシズム対民主主義。
安倍首相は、ファシスト。
徹底的にたたかう。

負けるわけにはいきません。

山口から、纐纈さんによって、たたかいが始まりました。
山口から日本を変える。
本気で実現しましょう。
こうけつさん、ありがとうございます。

さあ、明日、みんなで時代を根本的に塗り替えましょう。
山口を変えましょう。日本そ変えましょう。

無党派層、政党支持なし、しかし政治的無関心層ではありません。
政治に、原発に、憲法に、さらに年金に強い関心をもち、しかし、今までは「無投票層」であっただけ。

その投票行動が、日本と山口を動かします。
絶望の中に希望を育てる!

さあ、その大切は一歩をこうけつ(纐纈)厚さんと一緒に踏み出しましょう。

06ミナセン宇部希望・うべ市民の会news 062017.doc


posted by 村のトイレ屋 at 21:56| 山口 ☁| Comment(0) | 反戦・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。