2016年04月20日

ミナセンやまぐちの案内と申込書

ミナセンやまぐち とは、
政党に属しているか、いないか
どの政党との関係が強いか、弱いか、
それらは問いません。

纐纈厚さん(こうけつ厚)さんを応援することを目的にしています。

長いこと、私たちたちは市民主体の選挙と政治を求めてきましたが、その逆の根強さも知ってきました。
政治とはろくなものではないという認識は相当に深い、と。
「選挙に出る人は、悪い人」「党利党略に縛られている人」「利権と私利私欲にまみれている人」というイメージに深く深くとらわれている、と。

上関原発を止める取り組み、
原発や憲法9条や公害や産廃、
福島の子どもたちを支援する活動、
障がい者の人権を守り福祉を充実させること、

それらの様々な市民運動と政治(選挙)に市民の側から防衛の壁をつくってきました。

でも、井原勝介さんが、あちこちで言っているように、
結局、政治で多くのことが決まってしまうのです。
政治や選挙は、私たちが一部の人にお任せ・私たちはお客様、そして、
悪い方向に流れても見ているだけ、嘆くだけ。

こうけつ厚さんの立候補の決意は、この流れを変えるものでした。
1,こうけつ厚さんは、政治と歴史の学者である。ナチスの研究から始めて時代の推移を見定めている。
その人が、我が身をなげうって政治の場に出た。

2,多くの市民が、こうけつ厚さんならと、即座に納得した。

3,市民県民の動向をみて、みっつの野党が統一予定候補として、推し立てることを決めた。

この過程が、こうけつ厚さんだからできたことです。
時代は人をつくり、人が時代を動かす・・・といったのは誰だったでしょう。
その時代にふさわしい人を舞台に押し上げ、選ぶのだと思います。
時代の転換点を私たちの側から促進することが可能だということでしょう。

政治家には、まっとうな人がなるものだ。
利権、私欲、スキャンダルまみれ・・・それが政治家。必要悪。汚れ役。
もうそんな政治観を投げ捨てましょう。

ミナセン(みんなで選挙)やまぐちは、
そんな選挙・政治を国民主権、私たちが主権者として政治を動かす、
そのために参議院選挙をこうけつ厚さんを推して取り組みます。

重ねていいますが、政党に入っていようがいまいが、
参加は自由です。
どの政党を選ぶことも、選ばないことも自由です。
今の憲法の精神を尊重する人、
平和を求める人
本当の福祉の充実を求める人

大歓迎です。

参加を希望される方は、各地域の連絡先に電話してください。
お待ちしています。

ミナセンやまぐち チラシ


ミナセン案内申込.jpg

posted by 村のトイレ屋 at 19:04| 山口 | Comment(1) | 反戦・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
纐纈さんの講演会の件でお電話した中村です。
思ったより気さくな人であっというまに時間が過ぎました。
山口県の選挙を面白くしてください!!
Posted by nakamura at 2016年04月27日 19:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。