2016年04月03日

【いいよ、山口県】きらめき財団。関門保養プロジェクトの紹介。

ずいぶん前に、ある集まりで山口を紹介するコピーの競作を行うことがあって、私は

山羊を飼うのなら山口県。

というコピーをつくって、結構良い票数をとったことがありました。(たしか次点)

私の大学院の指導教官であった安渓遊地さんは、『やまぐちは日本一』という本を2冊編著で出しています。

今、山口県知事が、何でもかんでも「日本一」を乱発しているので、元祖が迷惑しているきらいもないではないですが、安渓さんの「やまぐちは日本一」の趣旨は、「山口は暮らしやすいところだよ。みんな自分の住んでいるところが快適であることがうれしいじゃあないですか。暮らしやすいようにしましょうよ。そのために活動している、こんな人がいますよ」という著書であって、肩肘張って誇示するものとはちょっと違う。・・・と不肖の弟子は思うのです。

さて、それはともかく

山口のいいところを紹介することは、たいせつなことだ思っていたら、
こんなサイトがあったので、ぜひみてください。

きらめき財団 関門保養プロジェクトの活動報告
http://urx2.nu/t3u8
まこさんけんさんのお話の報告です。
私もこの場にいて、ゲラゲラ笑い転げたことを覚えています。

今度、祝島にも来るそうですよ。








posted by 村のトイレ屋 at 08:52| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。