2016年04月02日

フユウソウ

4月9日 選挙に勝つための勉強会。
午後6時〜8時半 宇部市シルバーふれあいセンター第3講座室。
講師は、獣医の山縣純次先生です。
獣医なのに、なぜ選挙の勝ち方を?とお思いかもしれませんが、先生は戦後の農民運動に参加するため獣医になったのです。山陽小野田、宇部地域でも著名な故・細迫兼光代議士の秘書を10年あまり務められ、その後、下関市において、市民運動が選挙にどう取り組むかを研究・実践された方です。

今の段階で、4月9日にこうけつ(纐纈)厚さんが、来られるかどうかは、確定していません。
でも、戦争も、原発も、格差もない社会を望む私たちは、まずは選挙のイロハを学んでおくことが必要だと考えるのです。
ぜひ、ご参加下さい。

拡散歓迎
以下のPDFファイルをクリックしてください。
0409山縣先生講演会1.pdf


ある山羊との会話。

山羊 フユウソウとは、どんな草か教えてよ?
   食べても大丈夫か。

私  草ではないんだよ。

山羊 じゃあ、なんだ?草でなければソウなんて言うな。

私  人間の集まり集団のことなんだよ、まあ金持ちのことだな。最近表にでることが多くなったからかよく聞くよね。漢字では、富裕層と書くの。

山羊 じゃあ、人間はみんな金持ちになったのか、フユウソウという草になったのか?

私  いっや、そうではないよ。一部に富が集まって、ごく一部の人口の1%にも満たないと言われているよ。今度は反対に中間層が分解して、ヒンコンソウが増えてきたんだよ。

山羊 なんだ、そのヒンコンソウっていうのは、食えるのか。なんか不味そうな草だな。

私  いっや、これも草でないの。人間の集団なの。ようは、経済的に貧困、貧乏な人ってこと。漢字では、貧困層と書くの。

山羊 なんだ、あんたらのことじゃあないか、それは食えないわ。

私  まあ、そうだね。でも数は多いんだよ。はるかに・・どんどん増えているのよ。

山羊 ふ〜ん、ところで、噂のこうけつ厚さんは、どっちなんだよ。なんか参議院選挙の山口に県民統一候補として出るらしいんじゃあないか。

私  へえ、山の中に住んでいてもニュースは読むんだ。ふ〜ん。大学の副学長をやっていたから生粋の経済的貧困者でなくて、まあ生活はそこそこ安定していたと思うよ。でもね、戦争に反対することを研究し、訴えているからフユウソウではないんだよ。戦争を必要とするのは、金持ちがもっと金持ちになるために戦争をしたがるからだからね。ヒンコンソウを騙して戦場に駆り出し、自分はぬくぬくとしているの。

山羊  そうか、それならこうけつさんはそっちではないんだね。あ〜、あよかった。若者に仕事があって、普通に働いて子どもを安心して育てられる世の中。山羊を飼って平和に暮らせる世の中。それがあれば十分だからね。まあ、それならフユウソウもヒンコンソウも食べないで、まあおとなしくしているよ。じゃあ、またね。


 
posted by 村のトイレ屋 at 20:37| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。