2015年09月19日

小出裕章さん講演会

20150919183543.jpg
原発と戦争を推し進める愚かな国、日本

東京・毎日新聞ホール、9月19日。

来年の1月、山口市で講演が決まっています。
原発も戦争もない世の中を。
昨日の暴挙をはね返すうねりをつくりましょう。
posted by 村のトイレ屋 at 18:47| 山口 ☁| Comment(3) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安倍首相は[安全は万全]という言葉が大好きです。原発について、2006年、共産党の吉井議員が何度も提言していました。[地震と引き波の影響による冷却装置の電源喪失を想定した対策はなされているのか?]と。安倍首相は[安全は万全]を繰り返しました。吉井議員は[津波による被害]と直接的に言ってはいませんが、当時もっと危機意識を持って対処していれば大惨事を回避出来ただろうと思うと、悔しいです。責任の所在がうやむやなのも悔しい。安倍首相は、軽々しくおっしゃる[安全は万全]の先に何を見ているのでしょうか?
Posted by 赤池みや子 at 2015年09月19日 19:49
原発開発は嘘から始まりましたが、今、その安全性も経済性も破綻していることは明らかです。なのにやめようとしない愚かさ。安倍首相の[安全は万全]に信頼性は皆無です。小出先生には頑張っていただきたいです。原発再稼働を推進する政治家に[耳]はありませんが……。
Posted by 赤池みや子 at 2015年09月20日 15:47
久々におじゃまします。あかいけみやこです。[何故?]が多い存立危機事態の安倍政治に躓きを感じる人達の心をよそに、相変わらず何処吹く風の安倍晋三さん。何故、史上最悪の大惨事を起こした原発をやめられないのか。何故、子供達の健康被害を見ないふりできるのか。何故、原発を輸出しなければならないのか。原発がもたらす最大最悪の未来に危機感を感じずにはいられないはず。廃炉も核廃棄物処理も、見通しが立たないまま続けることは到底できないはずです。いろいろなことが人の想いを置き去りにして進んでしまうことに、息苦しさ[生き苦しさ]を感じてしまいます。違和感、危機感、不信感です。問題点が明らかになった原発推進は時代錯誤に他ならないのに、自動運転の自動車を夢見る安倍晋三さんは、どう見ても[勘違い]なさっていると思うのです。今後の政治、誰がやっても同じでしょうか?そんなことにはしない有権者として、できることをやるしかないですね。
Posted by 赤池みや子 at 2015年11月08日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。