2015年09月16日

周防大島の田んぼからも安倍やめろの声

今日は、周防大島町へ行ってきた。
県議会議員選挙で、田中豊文さんをおした チーム有志が田んぼに集まった。実際は、雨も降って作業よりも食事会になった。
長門市油谷で開かれた小林節さんの講演会が話題になった。

憲法を守らなければならないのは権力者だ。
憲法9条を権力者に守らせること。
ここが大切。長門まで行ったかいがあったと感想が語られた。

そして、早速田んぼでアピールを行った。
「憲法9条を守らない安倍はいらない!」
「子どもや孫を戦場に行かせるな!」




IMG_20150916_151446.jpg



20150916大島.JPG
posted by 村のトイレ屋 at 20:39| 山口 ☔| Comment(2) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自ら陥ってアンダーコントロールされてしまったのは、安倍首相と自民党だと思います。国際情勢の変化は人間が作り出したもの。うまい具合に国民を煽り[強い日本]を描き出そうとしたのかもしれません。しかし、多くの国民が[力対力]では物事の解決には至らないことを知っています。強力な軍隊を従えていなければ、外交力を発揮することは不可能でしょうか?……そんなことはない。悲惨な歴史を繰り返さないためには、困難でも、時間がかかっても、対話による外交努力と交流の積み重ねが重要だと考えます。自国での議論がまともにできない安部政権だからこそ、信用できない国民が多いのだと思うのです。来年の選挙では、政治家が淘汰されると思います。安部政権は政策論、憲法論共に立法府として汚点を残した責任を取らなければならないし、野党は、教訓を得て国際政治を学び、多くの意見を吸収することで日本のあり方を見定めていただきたい。……田んぼからも、学校からも、おうちからも、感じて考えて発言したいですね。
Posted by 赤池みや子 at 2015年09月27日 11:46
自ら陥ってアンダーコントロールされてしまったのは、安倍首相と自民党だと思います。国際情勢の変化は人間が作り出したもの。うまい具合に国民を煽り[強い日本]を描き出そうとしたのかもしれません。しかし、多くの国民が[力対力]では物事の解決には至らないことを知っています。強力な軍隊を従えていなければ、外交力を発揮することは不可能でしょうか?……そんなことはない。悲惨な歴史を繰り返さないためには、困難でも、時間がかかっても、対話による外交努力と交流の積み重ねが重要だと考えます。自国での議論がまともにできない安倍政権だからこそ、信用できない国民が多いのだと思うのです。来年の選挙では、政治家が淘汰されると思います。安倍政権は政策論、憲法論共に立法府として汚点を残した責任を取らなければならないし、野党は、教訓を得て国際政治を学び、多くの意見を吸収することで日本のあり方を見定めていただきたい。……田んぼからも、学校からも、おうちからも、感じて考えて発言したいですね。
Posted by 赤池みや子 at 2015年09月27日 14:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。