2015年07月22日

川内原発の再稼働を止めるためにできること。7月26日の集会 8月9日ゲート前行動。絶対に諦めない。

この夏は、大変な夏になった。

まあ、次から次へと押し寄せてくること!
安保戦争法案反対の行動、そのための来年夏の参議院議員選挙の準備、そして何より私たちの活動の大切な柱である「福島・飯館の子どもたちのための保養プロジェクト」・・・そして自分の糞尿資源の取り組み。

アップ、アップでござりまする!
体がいくつあっても足りないよ、頭のなかは諸問題ギュウギュウでもう受け付けないよぅ〜と言っている。
時間がないから睡眠時間を削れば、翌日は確実に寝不足でミスをして余計に時間がかかる。
もう若くないなあと思い知るだけ。

・・・というような泣き言は、このへんにして
今、大変なのは実は、俯瞰すれば川内原発だ。

再稼働されたら、一番危ないことになる。
安保戦争法案反対のデモを台風に運ばれた放射能雲が襲うということもありうるのだ。

川内原発は日本を全滅させる.jpg



(広瀬隆さんのインタビュー記事から画像をいただきました。)

川内原発の真の恐怖とは?白抜き黒枠データを公表する
信じがたい九州電力と原子力規制庁の正体
http://diamond.jp/articles/-/74973


しかも、再稼働にはずみをつけ、伊方原発がつづき(7月15日、安保戦争法案のドサクサにまぎれて審査合格などと言っている)さらに原発回帰、新設増設に道を開くものだ。

一番の問題は、事故を想定した住民の避難訓練が一度も行われていないことだ。
立地・周辺住民には死ねと言っているに等しい。
とくに、高齢者や障がい者にはなんの対策もない。
あらかじめ見捨てているのだ。
最初から切り捨てているのだ。

原発推進の側のたつある学者が言ったそうだ。
「原発は優れたエネルギー源だが、それを使いこなすにはそれ相応の社会の力量がいる。今の日本にはその器量が全然ない」、と。

この場合、この学者は事故対応のハード的なことをさして言っているのか、定かではないが、言えることは、
およそ民意を問わず、住民説明会も形式的でお座なり、
障がい者の避難計画も訓練もなし・・・実質、避難できないことがわかっているから行わない・・・

民主主義のレベル
人権感覚のレベル
まるで低レベル。
人を不幸に叩き込む愚劣な政治があるだけだ。




たしかに、ここにはどんな優れたものであっても科学技術を扱う「力量」は、まるでない。

ここまでわかっていて、川内原発の再稼働を止めないでいいのか。
何も思わなかった人も、知っていたけれど黙認した人も、力の範囲で反対の意志を表明した人も、全力で反対した人も、すべて再稼働されてしまえば、同罪。そして、破滅の運命を受け取ることになる。

これでいいはずがない。
絶対に諦めずに、再稼働をなんとしても止めよう!

以下、鹿児島の向原さんからの要請文を掲載します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
川内原発再稼働の日程が、いよいよ確定してきました。
8月10日起動と九電は発言しています。

鹿児島に暮らす人々の人権を蹂躙するのみならず、
西日本、日本全体を崩壊せしめる重大な犯罪行為を、
私たちは、断じて許すことはできません。
私たちは、全国の再稼働に反対する人々に、
川内原発ゲート前大行動への結集を強く呼び掛けます。


★要請文

川内原発再稼働阻止!ゲート前大行動へ、結集を強く呼び掛ける

九州電力川内原発は、日本中の原発が全て停止している中で再稼働一番手に指名され、着々とその準備が進められている。そして遂に、核分裂を開始する起動日が来る8月10日と明らかになった。私たちは心から糾弾し、川内原発ゲート前大行動への結集を強く呼び掛ける。

2011年3月11日、福島第一原発事故を私たちは経験した。福島の住民に対する非道はいまなお続いている。そんな中での川内原発再稼働は、新たな核災害の第一歩にほかならない。再稼働は鹿児島の大地、森、川、そして海を破壊し、鹿児島に暮らす人々の人権を蹂躙するのみならず、西日本、いや日本全体を崩壊せしめる重大な犯罪行為であり、断じて許すことはできない。

川内原発の安全性の論拠は完全に破綻している。予知できない破局的噴火、置き去りにされた地震問題はもとより、構造的、工学的欠陥も多々指摘されている。要援護者をはじめとする避難計画は完全に放棄されている。川内原発に保管されたままの使用済み核燃料888dをどうするのか、先は全く見えない。

さらに許しがたいことに、九州電力は「説明と同意」という最低限の義務さえ放棄したままだ。国民の意思と世界の脱原発の流れに反して原子力に固執する安倍総理、九州電力をはじめとする「ニッポン原子力ムラ」の無法が、浮き彫りになった。

私たちを育んだこの鹿児島の大地は、聖なる大地である。私たちは、聖なる大地への蛮行を黙って見過ごすことはない。九州電力が川内原発を起動するその日、ゲート前に結集し、魂の闘いを繰り広げようではないか。私たちは、全国の再稼働に反対する人々に、ともにゲート前で最大の抗議と抵抗を示し、再稼働断念に追い込むことを呼び掛ける。

2015年7月15日
ストップ再稼働! 3.11鹿児島集会実行委員会

よろしくお願いします。

【起動日前集会】
8月9日(日)13:00―17:00
久見崎海岸(川内原発そば)

【起動日集会】
8月10日(月)7:00―
川内原発ゲート前

■川内ゲート前基金(目標1000万円)にご協力をお願いします。
貸切バス等の移動手段の確保、食糧等の生活用品、仮設トイレなどの資材費に有効に活用します。http://goodbyenukes-kagoshima.jimdo.com/川内ゲート前基金/

(郵便振替口座)加入者名:川内原発再稼働をさせない基金
口座記号番号:01740-7-128775
(ゆうちょ銀行) 名義:川内原発再稼働をさせない基金
口座番号:(普通)32031161

■連続行動
8/7(金)8:00―10:00、
8/8(土)13:00―15:00、いずれも原発ゲート前
* 起動日延期の場合は、8/10(月)の起動日集会は延期。8/9(日)の起動日前集会は実施します。
* 原発に隣接する久見崎海岸にテントを持参の上、自由にお泊まりください。
* 8/8(土)12:00〜8/9(日)12:00 川内ウェル亀ロックフェスinぐみざきビーチ を開催。


??????????-
ストップ再稼働! 3.11鹿児島集会実行委員会
事務局 向原祥隆
〒892-0873鹿児島市下田町292-1
TEL099-248-5455
FAX099-248-5457
info@nanpou.com
???????????

7月26日の集会の案内

==========

7/26 原子力防災を問う全国の集い in かごしま
川内原発の 避難計画と老朽化問題

〜本当に これで 再稼働?〜

http://www.foejapan.org/energy/evt/150726.htmlから。


日 時
2015 年 7 月 26 日 (日) 13 :30 〜 17 :30
会 場
かごしま県民交流センター (東棟 3 階大研修室 1 )
市電 / バス - 水族館口 徒歩5分  JR 鹿児島駅 徒歩10 分

内容
(予定)
・原発事故とヨウ素剤〜チェルノブイリと福島の経験から
・どうなっているの? 川内原発の避難計画
・ 32 年目の老朽原発 〜安全性は大丈夫?
<発言>
崎山 比早子 さん(元 国会事故調査委員会委員・医学博士)
青山 浩一 さん(医師、かごしまの未来を語る会)
鹿児島各地、関西・佐賀・首都圏からの報告 ほか
参加費
500円
 (遠方の方々の方々の交通費をまかなうためのカンパ歓迎!)
申込み
不要
主 催
問い合わせ
川内原発30キロ圏住民ネットワーク/反原発・かごしまネット/避難計画を考 える緊急署名の会/かごしまの未来を語る会/ママトコかごしま/ 天文館アト ムズ/川内原発建設反対連絡協議会/さよなら原発 @ ひおきの会/原発いらな い鹿児島の女たち/原発避難計画を考える水俣の会/玄海原発プルサーマルと全 基をみんなで止める裁判の会/避難計画を案ずる関西連 絡会/グリー ン・アク ション/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/福島老朽原発を考える会/ 原子力規制を監視する市民の会/ FoE Japan

==========






posted by 村のトイレ屋 at 12:40| 山口 🌁| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。