2015年06月10日

スラッブ裁判。6月26日(金) 原康司さんの話を聞きましょう。

KC4B1662.jpgKC4B1655.jpgKC4B1660.jpg


6月10日 山口地裁でスラップ訴訟の公判がありました。
いつもは、10分もかからない法廷ですが、結審をこの秋〜冬にもにも迎えそうで、山場になりました。
この日は、清水敏保さんと原康司さんの尋問で、お二人が堂々と意見を述べたそうです。
私は、抽選に外れて傍聴できませんでした。
傍聴希望者がいっぱいで、私は196番目。他にもいましたから200人を超えたと思います。

公判に先立って、山口県庁広場でアピール。
ちょうど、朝鮮学校への補助金打ち切りに抗議していたみなさんと一緒になりました。

6月26日(金)午後7時から山口市男女共同参画センターで、市民学習会を開き原康司さんの話を聞きます。スラップ裁判は、市民が意見を述べたり表現したりすることを押さえつける裁判です。
民主主義の根本に関わるものです。原さんの話をぜひ、みなさん聞いて下さい。

20150626原さん市民学習会7.JPG



プリントアウトしてご利用下さい。(pdfファイルです)
20150626市民学習会広場7.pdf

posted by 村のトイレ屋 at 22:42| 山口 ☁| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。