2015年05月08日

【防災とトイレ】「水がポイント」宮内きんじさんのお話

昨日、萩市で宮内欣二さん(萩市議会議員)と会って、山口北部集中豪雨のときの避難所とトイレのことをお聞きした。

「大事なのは水の確保だと身を持って感じた」

「トイレを使ってくれるのなといってもみんな使う。結果、詰まって、バキュームカーでマンホールから吸い出して配管の詰まりを直した」

他にも、貴重な体験、見聞があるようだった。
集中豪雨の災害で水に困る・水の確保がポイントというのは、皮肉なことだが、さもありなんとも思う。
川は大量の水。
避難所は、電気、水道、運搬手段が途絶という状況。

もっと時間をとって宮内さんや関係者のみなさんからお話を聞きたいものだと思った。

なお、あったか村の嶺井さんが、ブログで「防災とトイレ」の連載をはじめました。
5月23日〜24日には、あったか村で山口県立大学の地域共生演習があります。
今年のテーマは、「防災とトイレ」です。
参照ください。

あったか村水環境
http://attakamura.jimdo.com/

posted by 村のトイレ屋 at 08:14| 山口 ☀| Comment(1) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近安藤さんの影響でwバイオマストイレ等に非常に興味持って、勉強中です
Posted by YOU at 2015年05月08日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。