2014年09月16日

富士山も大事だけれど、もっと大きな問題で管理能力が問われているのではないですか。

こんな放送が、あったそうだ。

富士山のトイレ問題。汚物放置。

NHKのニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140916/k10014616331000.html
国は再来年2月までに保全計画をユネスコに提出するよう求められていて、ユネスコの諮問機関の委員を務める東京大学の西村幸夫教授は「日本に世界遺産を守る管理能力があるのか問題視されるおそれがある」と指摘しています。静岡県自然保護課の平野潤課長は「環境省に報告するとともに、今後対策を考えたい」と話しています。


アンダー・コントロールという言葉を思い出す。
福島の汚染水問題は、一体どうなっているのだ。
子どもを含む健康管理は、どうなっているのか。
世界に恥を晒すというメンツの問題よりも、実質、福島はなにも解決も管理もできていない。
それが証拠に、福島知事選には自民党・政権党からは出せず、相乗りという回避。
福島県民の怒りが形になって吹き出すことが恐いのだ。

富士山のトイレ問題は、専門家が何とかするだろう。
福島は、安倍政権の退陣、東電、福島県執行部の総入れ替えでないとなんの解決も見いだせないばかりか、悪化の一途をたどってしまう。

川内原発の再稼働を阻止して、安倍政権の退陣を迫ろう。
posted by 村のトイレ屋 at 17:58| 山口 ☀| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。