2014年09月15日

脱原発の希望は、民衆レベルで手をつなぐこと。韓国代表、廬・泰敏(ノ・テミン) さんのアピールを読んで。 

韓国の古里原発の事故は、とても心配です。
豪雨くらいで手動で停止しているのです。
設計寿命30年 10年延長してさらにもう10年の延長を画策しているそうです。

釜山近郷には600万人の人が住んでいます。
福岡・博多、山口へは200キロ、洋上何も遮るものはありません。
私たち、民衆レベルで手をつないで原発を止める以外にどんな方法があるのでしょうか。

このアピールには、大賛成です。
現場で聞いた時にも身震いするほど感動を覚えましたが、
文字で読んでもすばらしいです。
ぜひ、読んでください。
いのち・未来うべ 公式ブログです。
廬・泰敏(ノ・テミン) さんのアピール
http://blog.goo.ne.jp/nonukes2013/e/6849b0e7f10eeeb5af3542440af0351a



posted by 村のトイレ屋 at 11:10| 山口 ☁| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。