2014年09月11日

鹿児島は、ほんとうにそんなに遠いのか?

国民を「安全だ」と騙すのが、経済産業省の仕事です。
政治家は、嘘をつくのが仕事。
女性閣僚は、そのための「看板」「トカゲのしっぽきり」として使い捨てされようとしています。

20140904小渕原発母親として不安、でも.JPG

3・11のあとに私たち国民は、安全神話を軽蔑しながらも、結局人任せで原発を止めませんでした。
そして、騙されたと嘆き後悔しました。
小出裕章さんが言うように、騙されるには騙されるだけの弱さがあったのです。

また、騙されますか?!

もう一度、同じことを繰り返すのか、
鹿児島が遠いと言っているようでは、原発ゼロの道を自ら遠ざけているようなものです。
また後悔することは歴然です。
今度は、小さく見積もっても西日本壊滅です。
福島・東日本の事故後の姿、逃げ惑う自分たちの逃避行を想像するなら、
積極的な行動に出て、原発のない社会を自ら近づけたぐり寄せましょう。

いのち・未来うべ の公式ブログに
宇部、山陽小野田から鹿児島天文館公園への直行バス案内が掲載されています。

ぜひ、ご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/nonukes2013/e/da3ec0cec45164e9a2236460edcc7d3b

チラシPDFファイルは、下記です。
2,0140928原発再稼働させない 鹿児島.pdf


posted by 村のトイレ屋 at 11:49| 山口 ☀| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。