2014年07月27日

命令者の本音)鍬野さんのコメント

戦後70年に向けて:いま靖国から/40 生き永らえた命令者
毎日新聞 2014年07月26日 東京朝刊
http://mainichi.jp/shimen/news/20140726ddm002010189000c.html

鍬野さんのコメントをフェースブックから転載します。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004668780551&fref=ts



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自爆テロ元祖の如き、陸軍特攻隊の数多くの犠牲者達。
彼らの尊い犠牲が今も語り継がれているが、それを命じた第6航空軍司令官が天寿を全うし、特攻生還者達を収容した寮で「なぜ死なない」と責め続けた寮の責任者も天寿を全うしたという。
寮の責任者は戦後、報復を恐れ80歳まで実弾入り拳銃を持ち歩いていたという。
その人物が送り出した側の本音を林えいだいに語った。
少年達を洗脳し、国のために死なすのは簡単だったと。

今もまた教育制度を改悪し、過去の侵略への反省を「自虐史観」と否定する歴史認識を持つソーリが暴走する。
戦争出来る国をつくり、それを命じても責任を取らなくても済んだ人々の列に並ぶつもりだろうか?
フクシマ過酷事故も原発を推進した人物の誰一人として責任を取らないこの国では再稼働だ、輸出だと軽々しく無責任な言葉がソーリから発せられる。

国民を洗脳するのは簡単だとでも言う如く。
国民は馬鹿でないことを示したい。

~~~~~~~~~~~~
201407鍬野靖国.jpg


posted by 村のトイレ屋 at 22:24| 山口 ☀| Comment(0) | 反戦・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。