2014年07月03日

山口県知事の職責は、「国の専管事項だからコメントできない」とロボットになって繰り返すこと

どうやら、私は勘違いをしていたようだ。
山口県知事の職責についてだ。県民の命と安全を第一に考えることが仕事だと思っていた。
昨日、今日と県議会を傍聴した。昨日の木佐木大助さん、佐々木明美さん、それに今日の井原寿賀子さんの各氏の質問は、「安倍政権の集団的自衛権の行使の閣議決定に知事としてどう思っているのか」ということだった。一番の関心事だから当然だ。

答弁は、「外交防衛問題は、国の専管事項であり知事としてコメントする立場にない」というこの一点だけだった。「安倍首相も記者会見で今後国民に向かってそれぞれの場で説明すると言っている」と、か細く追加するくらいだった。この答弁を何回繰り返しただろう。ずっと記者席に詰めている記者諸君は数えてみたらどうだろう。

今日の井原さんの質問は「国の専管事項云々とおっしゃるでしょうが、それはもういいので、私は知事の生の声を聞きたいのです」とわざわざ答えを予測して、先回りして質問したにもかかわらず、全く同じ答弁だった。判で押したような話し方というのは、こういうときの言葉だ。上関原発計画でも「エネルギー問題は国の専管事項であり」と同様な答弁を繰り返してきている。

何度も聞いているとなんだか気持ち悪くなってくる。
まるでロボットが繰り返しているようだ。この場を乗り切れば、あとはどうなってもいい、という態度が明白なのだ。
「エリートって人を冷たく見下すのよね、だから優等生は嫌い」と傍聴席から囁きが聞こえてきた。
「いや、わかっていないのだよ、ほら副知事に相談して・・目でこれでいいですねといいているだろう」という小声も聞こえる。

紋切り型の冷たさを感じたのは同感だが、わかっていないとはとうてい思えない。国が今、憲法をぶっ壊して、安保防衛政策を大転換していることは、誰だって知っている。立場や見解はそれぞれにあろう。知事という政治家として、この動きに態度表明しないことが問題なのだ。また表明しないまま、岩国基地や上関原発をめぐって国の意のままに動こうとしていることが問題なのだ。

7月6日に菊地洋一講演会を実行委員長として呼びかけている木下愛さんは、若い世代の危機感を代弁して、次のように書いている。
『子どもにわかる言葉で、子どもが納得できるように説明できんことは真実じゃない』
真実はいつも、どこまでも深くて、どこまでもシンプルだと思います。
今日という日、時の権力の暴走を国民が止めるための憲法が、
私たちひとりひとりのための憲法が、平和と自由の国をつくるんだと誓った憲法が閣議決定で葬られた。
こんなことが現実になっていくなんて信じられない。
こんなに悲しいことはない。
(いのち・未来うべ のブログから)

この声に知事は、どう向きあうのだろう。
戦前、官選知事はみな戦争協力者だった。「国が言うことなら、おクニを信じて自分が銃を持ち、県民に銃を握らせます」と思っているなら、そのように言うべきだろう。だが、いくら保守王国山口県とはいえ、そんな国策戦争推進知事は、直ちにお払い箱にするだろう。(2014/07/03)


参考 いのち・未来うべ 公式ブログhttp://blog.goo.ne.jp/nonukes2013/e/6b59d0be03399ee6058ee6f03ec46931
posted by 村のトイレ屋 at 16:44| 山口 ☔| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。