2014年06月26日

福島〜山口いのちの会)この夏の保養プロジェクトについて

「今年は、やらないのですか」
「決まっていたら、どんな手伝いができるか、教えてほしい」
という問い合わせをいただいています。

会では、現在、次のように概要をを決めて取組みを始めています。
みなさんのご協力をよろしくお願いします。

詳しくは、下記をご覧ください。
http://ameblo.jp/fukushima-yamaguchi/entry-11850042004.html
また、福島〜山口いのちの会の公式ブログでお知らせしますのでチェックをお願いします。

=================

 2011年3月11日、あの福島第一原発の事故から3年を越え4年目に入りました。
 福島や東日本の放射能汚染地域の子どもたちにとって、避難と保養の必要性は、増すことはあっても減ることはありません。むしろ、健康被害が子どもたちに襲いかかる前に、出来るだけの手を尽くして未然に防ぐことが、急がれています。現実の進行に比べて遅すぎるのではないかという焦りが、私たちにはあります。
 さらに、保養プロジェクトをきっかけにして、大人を含めた避難・移住が急務だと考えています。
 私たちは、この保養プロジェクトの過程で、山口県避難移住者の会の皆さんをはじめ、多くの団体と協力・連携して、放射能汚染からは安全な西日本ー山口県に多くの人々が移るお手伝いを少しでも行いたいと考えています。小さな市民団体の取組みですが、ボランティアのサポートをはじめ、物心両面にわたる皆さまのご協力を心からお願い致します。


    記

1,プロジェクト実施期間
    2014年8月7日〜11日

2,主な宿泊場所
    山口市宮野 紅花舎 (元、山口ユースホステル)

3,受け入れ児童  10名 (飯館村、福島市の避難者) 付き添い3名程度

4,連携団体 福島〜祝島子ども保養プロジェクト
         代表:那須圭子さん(写真家) 
         副代表:安斎徹 さん(飯館村の避難者)
    ★ 福島からの子どもたちは、8月1日から7日まで上関町祝島で過ごす計画です。

 山口市内をはじめ県内の多くの個人・団体のみなさんにご協力をお願いしています。
 順次、日程の詳細内容とともに、発表させていただきます。


問合せ・連絡先

事務局 
〒753-0047
山口市道場門前1-2-19
山口市市民活動支援センター・サポランテ内
   福島〜山口いのちの会

【お断り】サポランテには、当会のスタッフは常駐していません。
 お急ぎの連絡や直接の連絡を希望される場合は、下記へお願いします。

 080-6331-0960(安藤) 090-2290-8919(三輪)

会の郵便振込口座

郵便局振込口座
口座記号番号01350-8-89562
口座名義「福島〜山口いのちの会」


posted by 村のトイレ屋 at 20:18| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。