2014年04月17日

ニュースから)平和憲法号が消える。高知で。憲法を守るのは、もっとも中立的な立場ではないのか。

昼の雑談から。

友人「今日のニュースで読んだか?」
私「上関の公有水面でなにか動きがあったのかい?」
友人「それもある。上関のことは、山口新聞に田川弁護士が、もし、またもや引き延ばすようなことがあれば村岡県知事を提訴するという記事が載っているよ」
私「へぇ〜、それは当然だろうね」
友人「そうだよ、裁判が増えるのは大変だけど、やることはやらないとね。でも、ぼくのいうニュースはちがうの、高知市で平和憲法号という電車が意見広告だからと外されるらしいのよ」
私「へぇ、そんなすばらしい電車広告があるなんて知らんかった。車内の壁なの?つり革?」
友人「うんにゃ、車体の胴体、ほら写真だけコピーしてきた」
私「あっらら、すばらしい。高知市がやっているの?」
友人「そんなに甘くないよ、本来は国が憲法順守の立場からやってもおかしくないんだけれど、市民グループがカンパを集めて表示しているようだ。意見広告でないかという抗議がでて会社がぐらついたらしい」

私「あのねえ、前からそんな話が出る度に思うんだけれど、憲法は今の日本の柱だろう。公務員は全員忠誠を近い、裁判所は基準にし、政府は憲法に縛られ、国民は憲法に守られている。だったら、憲法が真ん中の中立的な普遍的な位置にいて、変えようとする内容によって、右だったり左だったりするのではないか。守る立場は、左とか革新とか言われていて、政治的な意見表明とされるけれど、これ、おかしいよね。
友人「そうだよ、憲法9条を守る集会を市役所や市の教育委員会が後援とか協賛するのは行政の中立性を損なうというのが、そもそもおかしいよね」

私「おや、今日は珍しく意見があったね」
友人「そうだね、それにしても、電車広告を外せなんてひどいよね、応援してるから外さないでと手紙でも書きたいね」
私「宇部でもバスなんかでやってみる?」
友人「面白かもしれないね、考えよう」
私「そうだね」

みなさんは、どう考えますか?

参考1 山口新聞
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2014/0417/4.html

参考2 毎日新聞
土佐電気鉄道:消える路面電車「平和憲法号」 抗議受けて
http://mainichi.jp/feature/news/20140416k0000m040182000c.html
毎日新聞 2014年04月16日 02時30分(最終更新 04月16日 05時49分)

戦争放棄や生存権の堅持を訴える「平和憲法号」。今年から運行が中止される=高知市桟橋通4の土佐電鉄本社前で2012年4月28日、最上和喜撮影
戦争放棄や生存権の堅持を訴える「平和憲法号」。今年から運行が中止される=高知市桟橋通4の土佐電鉄本社前で2012年4月28日、最上和喜撮影
拡大写真
 ◇市民団体の負担で車体に「守ろう9条・25条を!!」など

 土佐電気鉄道(高知市)は、5月3日の憲法記念日に合わせて毎年走らせてきた路面電車「平和憲法号」「憲法9条号」の運行を今年から中止することを決めた。市民団体の負担で車体に「守ろう9条・25条を!!」などのメッセージが描かれ、護憲を訴えてきたが、乗客から抗議を受けて中止を決めたという。市民団体側は文言の見直しを検討するとともに運行を求めている。【最上和喜、吉田卓矢】

 平和憲法号は市民団体「平和憲法ネットワーク高知」などが2006年から、憲法9条号は高知憲法会議などが昨年から企画。9条に加えて国民の生存権を規定した25条の堅持も盛り込み、それぞれ約70万?80万円の費用を全て街頭募金やカンパなどで賄った。同社が運行する約70両の車両に交じり、高知市など3市町で5月3日前後から約4カ月間運行してきた。

 土佐電鉄によると、昨年5月に乗客らから「『憲法を守ろう』という広告は意見広告ではないか」との抗議が電話やメールで数件ずつ寄せられた。この電車を批判するブログが見つかったこともあり、対応を協議。今年3月、平和憲法ネットなどに「意見広告は内規で禁じている。『平和憲法号』なども世論が変われば意見広告ととられることもあり、政治的な問題になってしまったので運行は中止する」と通告した。

 土佐電鉄の入交聡経営企画室次長は「公共交通機関である以上、内容が意見広告であると誤解を招くような広告は好ましくなく、運行は中止せざるを得ない」と説明する。

 運行に携わってきた市民団体「県平和運動センター」の山崎秀一議長(57)は「世の中の右傾化の動きに民間企業が屈したとも言え、この流れは危険だと感じる。何とか電車を運行できるよう、文言を変えるなど手立てを考えたい」と話している。
posted by 村のトイレ屋 at 16:46| 山口 | Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。