2014年02月20日

そうだったのか!大手メディア幹部と首相との会食。

以前、毎日新聞の社長と安倍首相が高級料亭でふくを会食している話題を書いた。
http://atta-an.seesaa.net/article/387243111.html

今日、こんな画像をフェースブックで知った。
図解の説得力と作者の才能に脱帽し、敬意を払いたい。
見ていない人は、是非どうぞ。

3段目の「会食一覧表」を見ると年中行事と化しているようですね。
昨年の1月から3月頃までのものだろうか。

1年間全部とか、更に詳しく料理の内容、その時々の政治的トピックとの符号、さらに新聞・テレビの論調の変化など、一覧表か、ちょっとした新書ができるかもしれない。

欧米のジャーナリズムなら一大スキャンダルだね、と友人が言っていたことばがまだ消えない。
なんとも思わず、「仲良くしているね」ぐらいにみていた私たちの感覚が慣れ過ぎで牙を抜かれているのだろう。
こういうことが当然としてやり過ごす日本のメディアと世論。
むのたけじさんが、「戦争前夜」と危機意識をもって「吠えている」のは、マスコミの戦争翼賛体制への移行を身をもって知っているからだろうか。翼賛体制の堀を埋めて戦争は始まる。

連日走り回っている今の現場の記者のみなさんは、どう見ているだろうか。
私たちも、もう少し声を増やさないといけない。

参考
をきなつ さん
https://twitter.com/okinatsu/status/435363298368704512







posted by 村のトイレ屋 at 09:15| 山口 ☀| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。