2014年01月26日

DVD「浜岡原発の今とこれから」を見て。沈黙は、暴政の承認。

すばらしい動画をみた。

こんな動画を上関原発問題でつくって配布できたらすばらしいだろう、と思った。

これをつくったのは、静岡県の自民党の県議さんだ。

浜岡原発DVD.JPG



浜岡原発DVD2.JPG







ほんとうに原発事故を心配している。

お茶が台無しになって、どうして原発を認められよう。

生存の基盤がまるごとなくなるというのに、どうして進められるのか。

原発ゼロを今すぐ実現したいという思いが、伝わってくる。




山口県知事選がもうすぐ行われる。
東京から静岡や、日本全国、3年後、4年後の国政選挙を待たずに原発ゼロへの切換をはっきり選択できる流れをつくれないものか。

上関町祝島の人々に、これ以上の負担をかけたくない。
山口県民は、祝島の人々にいつまでも、任せっきり・丸投げでいいはずがない。
県知事選という機会を活かさなくてどうする。

地震大国日本では、どこに原発を建てることも許されるものではない。
このあと数年、原発事故がもう起きないと思っていていい根拠はあるのか。


問題は、わりと単純なことだ。

「山口県知事が、公有水面埋立の許可の印鑑を押さない」

これだけだ。
この行為に文句を言える保守系議員がいるか!
正面から反対できる議員は、いるか!

これだけのことなのだ。それだけで、上関原発計画は白紙撤回になる。
新規・増設はなくなる。
日本の流れも、山口から変わる。

それなのに、「原発は国のエネルギー政策に従う」といって憚らない自民党推薦の知事候補が現れている。原発にひとことも言及せず、隠すだけ隠して、実質、推進するという狡い(ずるい)方法だ。
二枚舌三枚舌を使うだけ使って、県民をだまくらかした、山本繁太郎・前知事のコピーを見るようだ。


東京に、ぜひとも、続きたいものだ。
私は、諦めたくない。諦めない。沈黙は、暴政の承認だ。






 











posted by 村のトイレ屋 at 16:00| 山口 ☁| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。