2014年01月18日

「たとえ遠回りでも風格が内部からしみでてくるまち」 名護市 稲嶺ススムさん 意見広告。

こういう新聞広告を出したいものだ。

国の言いなりになること、臣民・奴隷になることをきっぱりと拒否。


201401018名護選稲嶺意見広告.jpg-large



画像は、稲嶺ススム勝手連@1.19名護市長選のツイッターから転載させてもらいました。



屈しない。


市民の誇り。

その間に冷静なデータ。




この広告は、プロに頼んだものでなく、スタッフの話合いの中から作り上げたそうだ。
(ひっくり返す100万人無料メルマガ 【ひ】コラム(2)『本間龍が見る名護市長選挙 沖縄メディアはどう報じているか』による)



 
posted by 村のトイレ屋 at 21:05| 山口 ☔| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。