2013年10月30日

不思議なこと、ふたつ。山口新聞コラム四季風、山本知事の入院をめぐってのおしゃべり

一昨日、こんなコラムが山口新聞に書かれているよ、とある人が教えてくれた。

以下に引用。
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/shikifu/2013/shikifu1028.html
四季風
知事の健康問題についてこのごろ聞くことが多い。「過労で体力を失って」、静養を取った春以来のことだ
▼昨夏の選挙期間中に呼吸機能に障害を感じて選挙後、検査を受けて養生。就任の8月22日と重要案件で登庁したものの9月初めまで入院加療したから、健康問題は山本県政の負の「通奏低音」ともいうべきもの
▼今回、しきりにうわさされるのは、7日にあった「山口の道づくり意見交換会」でのあいさつ。取材した同僚や出席した首長らによると、5分の予定が30分ほどかかった
▼自分の言葉で道路整備の必要性を訴えたかったようだが途中4、5回、1〜2分の沈黙があった。着席後退席するまでに「まとまりがないあいさつになってしまって」とわびていたという
▼関係者らによると、日ごろは、足元はふらついても上半身(頭脳)はすっきりしている、という。この日はいけなかった。きのうの自民党県連政経セミナーのあいさつでも足元や途中から舌の回りがよくなかった
▼「完全に治った」(昨年9月の会見)はずの体。見ていると好不調の波が大きい。思い当たるなら、そろそろ療養するのが県民の負託を受けた人の責任だろう。どんなにか、歯がゆくてもだ。(宇)
2013年10月28日(月)掲載


引用終わり。

以下は、昨日の知人との会話。

「ぼんやりしているね」
「深く考えこんでいるんだよ」
「へぇ、君の場合は、考え込んでいるときは、ぼ〜としているときなんだ」
「まあ、なんとでも言い給え、ふたつわからないことがあるんだよ、ほらこの記事」
「ああ、これね、ネットのフェースブックにも拡散されていたよ、で、なにを考えこんでいるの?」

「あのね、ひとつは、この日の夕方、知事が入院したんだよ。このコラムが書かれたのは少なくとも前の日だろう。27日か、ギリギリでも印刷に間に合う28日早朝だろう。知事が入院したのは、28日午後なんだよ、言ってみれば予告記事みたいではないか」
「ああ、そんなことか、簡単なことではないの。いつ倒れてもおかしくない人が無理をして職務をこなしていた。そして、危機を感じて診察を受け入院した。たまたまコラムが発表された日がその前の午前中だった。それだけではないの。偶然とはいえない本質的な素地があって、たまたまコラムが書かれた。それが重なっただけと思うけれどね」
「ぼくも、そう考えたんだけれども、でもなにか結びつける線があるのではないかと考えたら妄想が止まらなくなってね。たとえば、この記者が、誰かに書いてくれと頼まれて書いたとか」
「それはないと思うね、だって、記者にそれは失礼だろう。この新聞は時々、安倍総理にも辛辣なことを書く気概があるからね、新聞は新聞、政治の世界は政治の世界だろう」
「そうなのかねぇ、山本知事が、このこのコラムを読んで、頭にきてぐらっと来たのではないかと想像しているんだけど・・・中国新聞だったと思うけれど、佐賀から山口に帰る判断をしたのは、秘書が『左に傾いています』と言ったことだいうあまり意味のわからないことばあるんだよね。それもどうもわからないよ」
「へぇ、やはり、そんな暇のことを考えているんだ。人は、倒れるときは倒れるさ、人間だもの、年取ればいつかはそうなるのだから、人のことを気にしてもしょうがないよ。それよりも自分もヘロヘロ人間なんだからそっちを気にしなよ」

「そうだろうねえ、・・・でね、もう一つ気になっているのは、挨拶に30分かかったというところなのよ。道路の集まり、道作り意見交交換会のところ、ほら、沈黙もあって云々。つらいねえ。不思議なのは、こういうとき、周りの人が止められないのだろうか、だれか判断できる人がいて、上手にその場をおさめる工夫は、側近や役所の人にないのかあと思って、気の毒でもあり辛くもあり、どうにもならないのかなあと考えこんでいたのよ」
「君は、案外暇なんだね。それは、立場の問題があるのではないの、君やぼくのような、へなちょこでとくに突っ張る必要のない人間なら、『御免しんどい、今日は寝てるわ』ですむけれど、そうはいかないだろうよ」
「山口の政治文化なのかなあ、」
「そんな難しいことかなあ」
「どこでも、そうなんかなあ、堅苦しい世界だね」
「まあ、そんな一般論で言っても仕方ないんじゃあないの、それよりも、そんなことでぼ〜としていないで、ちょっとは人に役にたつ情報をブログに書いたら。そうでなくても、少ない読者がますます減っていくよ」
「おお、そうだね、でも、やっっぱり気になるなあ・・・・」



posted by 村のトイレ屋 at 09:07| 山口 ☁| Comment(0) | おしゃべり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。