2013年10月17日

【注目ニュース】久留米市:新ごみ処理施設 建設反対の決起集会 

馬奈木昭雄弁護士の発言に注目!
廃炉ゴミ=放射能性物質の全国拡散を環境省は進めようとしている。

==========
市民団体弁護団の馬奈木昭雄弁護士が、同省は20年を超える古い施設の建て替えを進め、全国の災害ごみを受け入れる態勢を整えようとしていると説明した。その上で「国は(福島第1原発の)廃炉ごみを全国の焼却施設で分散受け入れをしようとしている」と指摘。「優良農地をつぶす廃炉ごみを持ってくれば大変なことになる」などと訴えた。

===========

毎日新聞 福岡版
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20131011ddlk40040411000c.html



posted by 村のトイレ屋 at 20:02| 山口 ☀| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。