2013年07月05日

アマゾンの物流センターで山羊による除草)岐阜県多治見市

出典は47ニュース
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070201001988.html


アマゾン岐阜.JPG


聞こえてきた山羊たちのうわさ話

岐阜までが限度だ。
東日本へ行くことは山羊たちが断るそうだ。

全国の山羊と羊が国会を包囲しようと話しあったが、関東の草は放射能汚染で危ないので計画は否決されたそうだ。

それよりも人間の代表が国会へ乗り込んで放射能汚染の責任を東電と政府に取らせるべきだという意見が多数であったという。

伝言追加。
西日本はまだ山羊も羊も生活できるので、福島の子どもや高濃度の放射能汚染地の子どもは、西日本に逃げてくればいつでも相手になって遊ぶそうだ。

逃げろ!逃がせ!



posted by 村のトイレ屋 at 12:14| 山口 ☔| Comment(0) | 山羊・羊とチーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。