2013年05月02日

長谷川羽衣子勝手連に賛同します。

参議院山口補欠選挙で負けましたが、応援して多くのことを学びました。
そのひとつは、勝手連です。
勝手連は、当初、サポーターズと称したらどうかという意見もあったのですが、やはり勝手連でないと正確に気持ちが伝わらないとわかりました。
その人の全部について一致しているわけではないが、特定の主張については徹底的に応援し一緒にその考えを広げたい、人の輪を作りたい、行動に移し実現したい、そんな希望を込めるもっとも良い方法と思うのです。

平岡秀夫さんを応援する勝手連 下関/宇部 は、上関原発を止めたい・白紙撤回にしたい、山口に原発はいらない、というキャンペーンを平岡さん応援として展開してきました。
それに、呼応して脱原発を第一の課題に設定して争点化のために奮闘した平岡秀夫さんに私たちはこころから感謝しています。

政党絡みだと諸事情諸関係があって、複雑に交錯するのでしょうが、今は、原発を1日も早く廃炉に追い込むこと、福島・東日本の子どもたちを被曝から守り防ぐこと、そしてそのためにも山口に原発をつくらせないこと、西日本を安全な地域として確保することなどが大切とおもいます。

そのためになる動きを大きくし、賛同したいと考えます。
土と水と子どもを守ることは、とても大切なことだと思います。

長谷川羽衣子勝手連のサイトには、次ように書かれています。

===========
「原発事故は終わっていない」「福島を忘れないで」−私たちの怒りは政治に届かず、行き場を失い、歯噛みし、ときに絶望を感じます。

けれど。この状況を打ち破ろうと、勇気ある決断をした女性がいます。緑の党の長谷川羽衣子さんです。
京都のママパパ&若者たちが「羽衣子ちゃん」「羽衣ちゃん」と親しく呼んできた女性が、仲間たちの絶大な信任を得て、いよいよ国政の場に打って出ます。
あらゆる困難を引き受けて、この息苦しい状況を打ち破りたいと立ち上がった羽衣子さんの心意気に、私たちは感動しました。
一緒に何かをしないではいられない気持ちになりました。

私たちは「羽衣子ちゃん」に大きな希望を見ます。
「金より命」「子どもの笑顔を守りたい」「将来子どもを持ちたい」−これが私たちの願いです。
その願いに共感し、この国のあり方を根本的に変えなければ、と立ち上がった長谷川羽衣子さんを、私たちは応援し、一緒に奮闘します。
今日ここに、「長谷川羽衣子勝手連」の立ち上げを宣言します。

=============

詳しくは、ここをごらんください。
http://uiko.info/startup/



posted by 村のトイレ屋 at 08:29| 山口 ☀| Comment(0) | 上関原発白紙撤回。避難移住者支援。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。