2007年02月07日

今年は、ユゴー「レ・ミゼラブル」をゆっくりと

寝る前に、ちょっと読む本、朝起きて少し読む本の話だ。
昨年は、ある先輩にすすめられて山岡荘八「徳川家康」全26巻を読んだ。後半はだれたけれど、まあ、読み終えた。
一昨年は、「赤毛のアン」にすっかり夢中になって、シリーズ全部を読み終えた。原文にも手を出してしまった。
毎年、集中して読むのが、癖だ。
だいぶまえに、池波正太郎「鬼平犯科帳」も、シリーズ全部読んでしまった。この作者は、もう一度読んでみたい。蕎麦と日本酒の場面がどうしても何度となく読みたくなる。中毒に近い。
ディック・フランシスの競馬シリーズも同様もう一度全部読み通したい。

だいたい、ボチボチ読むから、1年くらいかかる。
その間、他のものは読む気がしなくなるので、選択をあやまると1年を棒にふることになる。だから、慎重に選考委員会を開いて、その年の本を決める・・・というようなことは、もちろんしない。
気まぐれになんとなく決まってくるのである。
それで問題ないのである。なりゆきほど正直で的確なものはない。

「レ・ミゼラブル」は、下水道の場面が水処理関係者必読の場面である。下水道にタッチしているひとは目を通すべきであろう。私も、だいぶ前に水処理通信に感想を書いた。最近、岡並木著「舗装と下水道の文化」(論創社)を読んでいたら、ユゴーの下水道に触れた箇所の指摘があった。ひとつは、ジャンバルジャンが、もぐりこんで逃げ込んだマンホールは、どこにあるのか、そこからどう抜けて、外へ出たのはどの地点かという調査だった。執念深く探し当てて、地図に落とし込んでいるのには感心した。その出口は、今は、廃止されているそうだ。
もうひとつは、ユゴーの下水道批判が実はあたらないということ、ユゴーの批判以前に下水道の担当者によって、糞尿の畑への利用が行われていたというのだ。「東洋の百姓を見習え」とユゴーが日本や中国の農民の糞尿再利用・農地還元をほめ、パリを批判したのがあたらなくなるのだ。やろうとしなかったのでなくて、うまくいかなかったというのが真相のようだ。糞尿再利用・農地還元とリサイクルの思想が、まったくないのではないということがわかった。
私の文章も、江戸時代の糞尿循環をヨーロッパと対比しながらユゴーに援護されて書いているので、ここは見直し・書き直しが必要なところだ。それで「レ・ミゼラブル」を読みはじめたのだけれど、下水道へのコメントの箇所だけではもったいなくなって、最初から丁寧に読むことにした。下水道の参考文献としてだけでなくて、小説としても楽しむということにした。

年末年始からボチボチ読みはじめて、ワーテルローのたたかいへの長い論評も終り、修道院についての歴史的哲学的現世的な考察も終って、ジャンバルジャンとコゼットは、ようやく修道院の一隅に安全な居場所をみつけた。ここまでの波乱万丈とユゴーの長い演説というか論文の変形というか、おしゃべりが大変なんだ。ここを越すと読むのにもごつごつしたところがなくなって、ついつい長い時間をかけて読みたくなる。自動車に積んでおこうか、という誘惑が起ってくる。そうなると他のことに手がつかなくなるから要注意だ。あくまでも睡眠誘発剤であり寝起きのめざましかわりだ。もう2月、まあまあいいペースか。ユゴーの長演説にもゆっくりつきあってみよう。


人気ブログランキングに参加中(環境部門)
応援のクリックをお願いします。






posted by 村のトイレ屋 at 23:52| 山口 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 本の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日ブログの更新、頭の下がる思いです。おじさんは、最近サボりぎみで、いやはやなんとも情けないやら恥ずかしいやらであります。
ショーロホフの「静かなドン」を読んでみて下さい。
トーマス・マンの「魔の山」も読んでください。ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」もトルストイの「戦争と平和」も読みましょう。

おじさんは、このような名作は読んでから死のうと思っています。
Posted by 魚屋のおじさん at 2007年02月08日 23:13
友達にすすめられた「ロビンソン・クルーソー」には、ヤギが出てきました。
漂着した無人島に、ヤギがいるんです。
でも、一人でサバイバルしてるところは面白いんだけど、あとで人がいっぱい出てくるので、下巻、まだ読みおわってません。
章立てないし、改行もなかなかないし^^;
Posted by はたかおり at 2007年02月09日 19:28
> 魚屋のおじさん
世の中に本は多いですね。
でも最近わかったのは、どれほどゆっくり読めるかですね。それと暇が出来たら読んだ本の感想を語りあいましょう。

>はたかおりさん
山羊の本、山羊の出てくる本は別枠です。
「ロビンソン・クルーソー」のヤギの紹介ありがとうございます。

Posted by へちまや at 2007年02月10日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック