2013年02月02日

白松さん、出馬の記事。はぎ時事。車椅子の町長が当たり前になりますように。

昨日、2月1日の萩の地元紙に記事が載りました。

迷った末の決断だったことがわかります。

車椅子で務まるかどうか、
車椅子の人が首長であることが、特別なことでなくなってほしい、ニュースにならないくらいの当たり前のことに早くなってほしいと思います。
阿武町の人たちなら、そういう判断をされるのではないかと思います。
当然、白松さんが人柄と能力、チャレンジ精神で町長にふさわしいということもあるでしょう。
「やること探し、できること探しのチャレンジ」の数々を知っているだけに、そう思います。

いずれにせよ、町民のみなさんの判断できまること。町外から阿武町に通う友人としては、白松さんの決断が生かされることを祈るのみです。

はぎ時事をアップします。
クリックして拡大してお読みください。

20130201はぎ時事.jpg





posted by 村のトイレ屋 at 09:39| 山口 ☁| Comment(0) | あったか村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。